CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
アメンボ祭り


昨日の夕方は、びーちことしては何ヶ月ぶり?というくらい久しぶりに海岸へ。台風の余波でこちらでも強い風が吹いて、海は大時化。潮も夕方満潮で、申し分ない条件でした。とは言え、現実はそんなに甘くはなく、打ち上がっているのは基本的に身近な陸もの。種子系はオニグルミとヒメグルミばかり(それでも、モモタマナだけは2個、見つかりましたけどね)。小さなカツオノエボシがポツポツと、そしてごくわずかのギンカクラゲ(こちらも極小)が来ていたものの、青い貝も、青いミノウミウシもなしでした。ただし…


   

青いアメンボ、ウミアメンボが大量に打ち上がっていましたよ。それも、おそらく万の単位で! もちろんウミアメンボの漂着は何度も見ていますが、これだけの数が打ち上がっているのは初めて見ました。昨日は細かいプラスチック系のゴミが多かったのですが、その隙間、隙間にウミアメンボがモゾモゾ、モゾモゾ…。彼らにとってもとんだ災難だったでしょうけれど、なかなか興味深い体験でした。さて、次はいつ海に行けるかな〜。








| 海の生きもの | 11:00 | comments(10) | - | - | - |
シロナガスクジラ!!


ご無沙汰してます。先月はついに一度も更新せず、失礼しました。もう、どうにもならないくらい忙しく、フィールドにも行けず、写真も撮れず…という状態でした。今もそう変わりはないのですが、やっとネタが仕入れられたので…(笑) 今月の5日、鎌倉の由比ヶ浜で、確かな記録では日本初となるシロナガスクジラの漂着がありました。さすがにこれは見に行かなくては絶対に後悔すると思い、6日の午前中に出かけてきました〜。



   

クジラの漂着は何度も機会を逃し、相当に久しぶりです。しかもヒゲクジラは初めて。今回のシロナガスクジラはまだ赤ちゃんということですが、体長は10メートルもあるのでデカく感じます。漂流している期間が少しあったようで、それほど新鮮な状態ではありませんでした。お腹はガスが溜まってきているのか膨らんいましたが、それに対して体の後半部の細さが印象的でしたね。




これは鯨髭のアップです。餌となるオキアミ類などを海水ごと口に入れ、この鯨髭で濾し取って食べるのです。写真とか標本では見ていますが、実物を見るのはやはり嬉しいですね。まあ、完全に出遅れていたので、調査や移動のため規制がかかっていて、側まで寄れなかったのが残念でしたが、良い体験でした。



| 海の生きもの | 02:10 | comments(4) | - | - | - |
生存報告
   


すっかり更新をご無沙汰してしまっています。梅雨時でもあり、忙しいこともあって、フィールドにまったく出ることが叶いません。その分(?)仕事の打ち合わせで都内に出ることが増えていますが…、とにかく写真すらまともに撮っていないのでネタがありません。まだ当分この状態が続くと思いますが、それではさすがに自分の精神衛生上も良くないので、なんとか隙を見つけて外に出たいとは思っています。写真は先週、例によって夕方、日没前に少しだけ海岸に立ち寄った時のもの。なんか今年は特にフジノハナガイが多いような気がします。
| 海の生きもの・貝ウミウシ | 13:30 | comments(4) | - | - | - |
5月の天空写真館


前記事の4月に続いて5月です。相変わらずほとんど出かけられなかったので、家の近所とかで空を撮ることが多かったかも。最初は5月3日。今期初の青物が当たった日の夕焼けです。


   


5月10日。この日はイマイチの天気でしたが、夕陽が作り出す明暗差が雲の質感を際立たせて、なかなかおもしろい写真になりました。




5月17日。この日の夕焼けはすごかったのですけど、タイミングが悪く車で移動中。駐車場に着いた頃にはピークを過ぎてしまった上に、ロケーションも悪くて残念な結果に…。





5月20日は用事があって実家へ。夕方、庭に出てみると西の空に久々の環天頂アーク! 雲がちょっと多めでしたが、ほんの一時、鮮やかな虹色を見ることができましたよ。


   



同じ日、環天頂アークが消えてからの雲も、なかなか雰囲気がありました。薄いベールのような雲と、その上にさらに雲があって、飛行機雲も消えずに太く発達して、複雑な絵をおおぞらに描いてくれました。





5月21日、この数日は上空に寒気が入ったのか、いくつかの現象(大気光象と言います)が見られました。まずは久しぶりにくっきり明るいハロ(日の内暈)。ハロの出やすい春先でも、今年はあまり良いものが見られませんでしたが、この日のハロは素晴らしかったです。ただ期待した環水平アークは、一瞬ごく薄いものが見られただけでした。






同じ日の夕方です。再び、環天頂アークが見られないかと、見晴らしの良い場所に行ってみましたが、結局は片側のみの幻日が見られただけでした。でも雲の表情は良かったですよ。もう季節は6月、夏に入ります。梅雨になると空もあまり期待できませんが、虹とか見られるといいですよね!




| 空・雲・気象 | 19:00 | comments(4) | - | - | - |
4月の天空写真館
   

先月の空と雲の写真です。今も大概忙しいですが、この頃は夕方前に買い出しに出て、そのついでに少しだけ海岸に寄るのが精一杯でした。それでも素敵な空を見ることができましたよ。




   

4月7日(TOPの写真も)。まだ富士山のすぐ横に太陽が沈んでいました。高く薄い雲に、低く厚めの雲が重なりあう様子や、薄赤く染まった波状の雲が素敵でした。





4月9日。窓からふと外を見たら、幻日。しかも、太陽とその幻日を繋ぐ幻日環がはっきり見えていました。まあ「環」と言っても、見えていたのはこの部分だけでしたけどね。でも、これだけはっきりしたのを見たのは初めてでした。




4月12日。あまり良い夕焼けにはなりませんでしたが、外国人のカップルがちょうど良く画面に入ってくれました。


   
   

4月15日。青空に筋雲のような鱗雲のような、複雑でおもしろい雲。




   

4月24日。今にも雨が降り出しそうな曇天。ただ、風があって雲の表情はおもしろくなってくれました。こんな日は外に出ることが少ないですが、なかなかに捨てがたいです。ちなみに、この日は青磁片がたくさん拾えましたよ(笑)




| 空・雲・気象 | 21:10 | comments(4) | - | - | - |