SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
落ち歯
   

昨日の夕方は、買い出しの前に少しだけ海へ行きました。すごく久しぶり。実は月曜日も目の前にきれいな海がある場所にいたのですが、ほぼ一日室内(一応、仕事でしたので。眺められただけでも良いですけどね)。さて、昨日の場所は鎌倉。これまた久しぶりに馬の歯です。鎌倉名物と言われた馬の歯も、近頃では出会う機会もかなり減ってしまいましたが、やっぱり絵になりますね〜。




昨日の日中は気温が上がりましたが、夕方になるとやはり肌寒いです。そんな中でもコサギはもう冠毛が伸びて、風になびいていましたよ。




ワカメは採れてはいるようですが、打ち上げはほぼなし。磯にも行っていないので状況はわかりませんが、少しは回復してきているのかな?




夕陽はなかなかきれいでしたけど、沈んでしまったら後を引くことなくあっさり暗くなってしまいました。山の端がいつまでも赤く染まる光景が好きなんですけどね。ということで、そそくさと買い出しに行きましたとさ(塩、買い忘れた…)。



| 海歩き | 18:40 | comments(2) | - | - | - |
2月10日の天空写真館
   

この前の土曜日10日は、朝7時半から地元(実家のある方)の友達から電話で「環天頂アークが出ている」と報告があった。ええ、もちろん布団の中でしたよ(笑) しかし、こちらの上空は雲が厚めでそんな様子はありませんでした。しかし次第に雲が薄れていく様子ではあったので、度々外をチェックしながら9時前ぐらいに外に出ると、出てます。久しぶりの環天頂アーク! 8時50分過ぎから9時頃まで、かなり濃いものが見られました。




今回はしかも上部ラテラルアーク、つまり環天頂アークに接する反対向きのアーク(虹色の弧)も一部見えていました。写真で環天頂アークの左側(東側)に見えているのがそれです。まだカメラを十分に使いこなせておらず、見た感じを中実に写真で再現できていないのが残念ですが、なかなか良いものが見られました。




その他には、ハロ(内暈)の一部も見えていて、上部にはタンジェントアークが出かかっていましたが、これ以上にははっきりと出ることはありませんでした。このくらいの太陽高度の時、上部タンジェントアークはハロの上端からV字のような感じで現れ、太陽高度が高い時にはハロの上端に被さるような形に変わります。




結局、環天頂アークが見られたのは30分くらいの間だったでしょうか。日中は彩雲が少しだけ見られましたけど、期待した午後から夕方は何も起きませんでした。



| 空・雲・気象 | 21:20 | comments(2) | - | - | - |
海藻


最近は、慌ただしいというほどではないものの、やることが多くてフィールドに出る時間がまったく取れません。昨日、買い出しのついでにやっと海辺へ。いったい、いつ以来?と思うくらい(自分としては)久しぶりです。打ち上げ物はあまり期待できないので、この日は気になっていた海藻のチェックへ。近年、海藻の生育があまり良くありません。磯焼けが進んでいるという話もありますが、さて今年は?


   

岩場に着いてパッと見たところ、アオサ類とアマノリ類はまあまあの感じ。2シーズン前はアマノリ類が激減した場所もありましたが、昨期、今期と回復しているようです。ちなみに関東南部で普通に見られるのは、オニアマノリ。食用にされるのはスサビノリで、これはどちらかと言えば北方系。関東では銚子以北でないと自然分布はありません。




こちらはタイドプール…というか水溜まりのボウアオノリ。浅い場所に多いアオサ類でも、一番水際に近い場所でよく見られます。太陽をいっぱいに浴びて盛んに光合成しているのか、酸素の泡がたくさんくっついてますね。


   


太陽の光で金色に輝いているのは、お馴染みのヒジキです。生育が遅いかなと思っていたけど、漁の解禁は4月頃だから、それまでには十分育つかな? 一方でワカメはそろそろシーズンなのに、ほとんど見かけない。浜では採ってきたワカメを干す様子が見られたけど、まだかなり量が少ないし、ものが小さいようです。ワカメは昨期も良くなかったと思うので、かなり深刻な感じがしますね。さて、来週末は大潮ですが、ダンゴウオ見に行けるかな…?



| 海藻 | 20:40 | comments(4) | - | - | - |
皆既月食!
   

昨夜は実に約3年ぶりとなる皆既月食でした。当初の天気予報では夕方から曇りで、ほぼ絶望的な感じでしたが、なんと奇跡的に皆既食になるまで晴天が保ってくれたので、見ることができました。前回の2015年も、その前も、月食は“常に”と言えるほど天気には恵まれず、ちゃんと見られたのは何年ぶりか忘れるほどでしたから、嬉しかったです。




とりあえず撮影にも挑戦してみましたが、うちのカメラは所詮コンデジ。特に望遠系は弱い機種です。また最近は何かと忙しく、何かしらの小細工を用意する暇もなかったので、証拠写真だけ。ブログでちょっと載せる程度の小さい画像なら誤魔化しも効くでしょう(笑) 今年は7月にも皆既月食があります(皆既食のまま月が沈む月没帯食です)。それを逃すと、次は4年以上日本では月食が見られません。今回見逃した方は、7月28日の明け方にぜひ月を眺めてみてくださいね。


| 空・雲・気象 | 21:00 | comments(2) | - | - | - |
やっと会えた


今年の年始めの大潮はサボったので、昨夜1か月ぶりに夜観してきました。一番潮が引くのは水曜日だったのですが、低気圧の通過で大荒れ。なので中一日空けての出撃です。大荒れの後、しかも寒波の後で、磯の中もどこか寂しげ。ただ、前回まったくなかったヒジキが、やっと少し生えてきました。またヒジキが遅れたせいか、ハバノリが幅を利かせていましたね。買うと高いのに…(笑) そして、やっと出会うことができましたよ、ダンゴウオに!




いつもいく磯では、実績(ダンゴウオがいたこと)のあるタイドプールがいくつかあるのですが、今回はそことは違う水路的な場所にいました。すごい保護色で、良く見つけたな自分…という感じ。実はとっても浅い場所だったので気がついたのですが、深い場所では見つけられなかったかも。お腹がけっこう膨れています。卵を持ったメスかな?




あまりの保護色で、他の魚も気がつかない!? 撮影していたら、アサヒアナハゼ?の幼魚がダンゴウオにぺったり。それでもまったく動じないダンゴウオ(笑)




実は同じ場所にもう1匹、色違いの個体がいました。上の写真の個体より少し小型の個体で、もしかしたらペアを組んでいるオス個体だったのかも。しかしこの個体、絶えず泳ぎ回っていて写真が撮れず…。色彩的にはこちらの方が見栄えしたんですけどね。今回は全般、どうも納得のいく写真が撮れなかったので、また行かなくちゃ。とは言え、次回もまたいてくれるかな、ダンゴウオ?





最初に書いた通り、磯は生きものの影が少ない感じ。ウミウシは、クモガタウミウシとネズミウミウシばかりたくさんいて、ホオズキフシエラガイも例年に比べると少ない感じですが、よく見かけました。写真はメリベウミウシとユビウミウシ。こちらも定番ですね。そろそろ新顔に登場してもらいたいところです。


| 海の生きもの・魚 | 11:50 | comments(4) | - | - | - |