CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 1−3月の天空写真館 | main | 自粛解禁? >>
すべての人の心に花を


新型コロナの影響で、世の中なんだか暗いニュースが多くて、自粛のストレスからか何だかギスギスした空気も出ていますね。泣きなさい、笑いなさい、いつの日か、いつの日か、花を咲かそうよ…喜納昌吉の名曲『花』の1フレーズですがほんと今はそんな気持ちが大切な気がします。さて、少し前に海岸の花を見てきました。こんな状況でも、花は変わらず咲いてくれるのです。今年も、また来年も。と言うわけで、最初はおなじみ、真っ盛りのハマダイコンです。


   

鮮やかな黄色が眩しいミヤコグサ。この時、訪れた海岸では小さな群落しかありませんでしたが、大きな群落は黄色いカーペットみたいで見事なんですよ。花が黄色から紅色に変わる品種ニシキミヤコグサもあります。




同じマメ科のハマエンドウもちょうど良い感じで咲いていました。


   

こちらは、このブログでは滅多に取り上げない帰化植物です。最初はウシオツメクサと思ったのですが、茎や葉に腺毛があるのでウシオハナツメクサでしょう。ヨーロッパ原産の植物です。海岸の湿った草地でよく見かけるので「潮」の名前がありますが、なんでこんなところに…と言う感じですね。何か特殊な種子散布の方法があったのでしょうか。


   

トベラの花も満開です。木全体がクリーム色に包まれている感じでした。でも、写真に撮ってみると、ところどころ萎れた花が混じっているのが玉に瑕。撮ってる時は気がつかないんですよね(苦笑)


   

アキグミの海岸型、マルバアキグミも満開。本当にちょうど良いタイミングだったようです。まあ、狙ったんですけどね。


   

すぐに花が傷んでしまうシャリンバイも、この通りピカピカ。一雨きたりすると、すぐに花弁の縁が茶色くなってしまうので、真っ白な花を撮るのは意外と難しいです。今回はドンピシャでした。


   


海岸台地の草地で、地面に張り付くように咲いているのは、ヒメハギです。ともて変わった形の花で、大きさも1センチほどと、とても可愛らしい花。毎年のように写真を載せてますが、飽きません。茎が地を這うように伸びるため、花がごちゃごちゃといろいろな方向を向いて咲きます。そのため絞り込まないと、ピンボケを連発してしまうことが多いです。まあ、自分が下手くそなだけですが(笑)


   
   


最後はこの日の一番の目的、コケリンドウです。こちらも、ちょうど良いタイミングで訪れることができたようです。こちらも花の直径が1センチ程度の可愛らしさ。こちらも地面に張り付くように、健気に咲いています。今年は暖冬でしたが、春になってから少し気温が低い日もあったので、いろいろな花がタイミングを合わせて咲いてくれて気がします。そんな素敵な海岸の花たちを、せめてここで楽しんでもらえればと思います。今はいろいろと難しい状況で、これからのことも不安がありますが、心に花を咲かせながら頑張っていきましょう!


| 海辺の花・植物 | 19:20 | comments(2) | - | - | - | 昨年の記事
春の花、真っ盛り!海岸の花は逞しくていいですね。ヒメハギとコケリンドウの地を這う姿がよいです。
江の島近辺は毎日ヘリコプターが耳障りですが、今朝は早起きして無人の海へ行って来ました!夫と息子は在宅生活を200%満喫していて、我が家はのんびりしています(笑)。
| hiyoco | 2020/04/26 1:52 PM |
hiyocoさん。

人が少なくて、自然の方は余計なストレスもなく元気いっぱいでしょうね(笑)
こちらは海なし生活です。歩いていくには、ちょっとしんどいし。
自粛生活と言うか、引きこもり生活は普段とまったく変わらないので、
なにひとつ不住がないと言うか、変化はないんですけどね(笑)
| 尚 nao. | 2020/04/28 1:15 AM |