CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 新年最初の夜磯は… | main | 昨年師走の天空写真館 >>
新年最初の夜磯は…


新年最初の夜磯、その続きです。今回はお魚から。今回訪れている場所は、干潮時に広い岩場が出るのは良いのですが、岩場が平坦で深いタイドプールが少ないので、潮間帯の魚種は限られている感じですね。ハオコゼも少ないです。でも、浅くて狭い場所でも平気なものもいます。最初の写真はギンポですね。潮間帯でも何種類かのギンポ類がいますが、正真正銘のギンポだと思います。





そして、やっぱりこの子。昨年末の夜観では確認できませんでしたが、今回はちゃんといましたよ、ダンゴウオ。写真をよく見るとお腹がぽっこり膨らんでますね。産卵前のメスでしょうか。あんまり刺激するのも悪いので、あまり深追いせずにおきました。




真冬とは言え、今季も水温が高めなので、もう幼魚も出始めています。こちらはお馴染み、カゴカキダイの幼魚。1センチくらいです。





タカノハダイの幼魚も見られるようになってきました。2枚とも同じタカノハダイですが、上がお目覚めモード、下がおやすみモードです。体色、文様の違いに注目してください。魚は、眠るとき(あるいは死んだ時も)は普段と違う体色、文様になることが多いです。逆に繁殖などで興奮すると体色、文様が変わることもあるんですよ。




さて、次は魚以外、と言うか再び無脊椎動物に戻ります。今季もいました、ミドリヒモムシ。写真はちょっと突いて縮めた状態ですが、見つけたときは20センチくらいありました。海底の小石の間に体を伸ばして獲物を探し、見つけた獲物は丸呑みするらしいですよ。ヒモムシの仲間は、他にも黒と灰色のシマシマの種類も見かけました。




こちらは珍しく全身を出していたアカクモヒトデです。岩の下から腕だけ出していることの方が多いです。目立つのでつい撮ってしまいますね。




こちらも特に珍しいわけではない、ミドリイソギンチャク。でも触手がピンクで綺麗だったのでパチリ!




こちらは夜になって活発に動き回っているバフンウニ。トゲは短いですけど、管足はけっこう長いですね。




最後はガンガゼ。と言っても、2016年に新種記載されたばかりのアラサキガンガゼです。それまではアオスジガンガゼと混同されていました。ガンガゼとの見分けは、本体にある「Y」字形の青い筋模様。ガンガゼでは、これが破線になります。またアラサキガンガゼは袋状の肛門も黒っぽいものが多いようです。名前の荒崎は、三浦半島の荒崎海岸にちなんでいますよ。



| 海の生きもの | 18:10 | comments(2) | - | - | - |
お魚もいいけど、やっぱり個性的な無脊椎に惹かれます〜。
ミドリヒモムシ、すごい色ですね!ミドリイソギンチャクの触手のピンクきれいですね!体の蛍光緑のイボイボとの組み合わせ好きです。
荒崎の名をもつガンガゼが登場したのですね!親近感。そうか、目玉のように見えていたのは、外に飛び出した肛門だったんですね。
| hiyoco | 2020/02/01 1:17 AM |
hiyocoさん。

無脊椎はホント個性的ですよね。
ほとんど写真撮っていませんが、エビカニ系は冬でも豊富です。
ミドリイソギンチャクのように色みの綺麗なものも意外といますし。
アラサキガンガゼは、探していると見つからず、
何気に撮るとそれだったりします(笑)
| 尚 nao. | 2020/02/01 10:15 PM |