CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 港の朝 | main | 新年最初の夜磯は… >>
飛んでアクアマリン


外房方面に出かけていた年明けの1週間。昨年末から引き続いてまったく仕事にならず、出先なのでできることも限られ、時間潰しに苦労する始末。ついに週半ばの天候不順の時、東関道から常磐道をすっ飛ばして、こんなところに行ってしまいました。環境水族館アクアマリンふくしま。もちろん、来たのはこれが初めて。


   


屋外エリアを通って館内に入ると、最初は「海・生命の進化」コーナーです。どーんと天井からぶら下がっているのは、原寸大?の板皮類ダンクルオステウスかな。ここでは、ほかにもナメクジウオなどの珍しい生きものも見られます。そして、アクアマリンふくしまと言えば、やっぱりシーラカンスですね。水族館として調査・研究に取り組んでいて、インドネシアで撮影にも成功しています。











   


館内は、淡水域や汽水・マングローブ域、熱帯アジア・サンゴ礁域の展示もありますが、やはり特徴となっているのが福島の海、そして親潮系の魚や生きものたちでしょう。いろいろ撮りましたが全部の名前を覚えていないので、とりあえず写真だけ貼っておきます(笑)


   



そしてメインとも言えるのが、二つの大きな水槽、親潮水槽と黒潮水槽で構成される「潮目の海」です。親潮水槽にはマボヤ玉がぶら下がり、ニシンやチカ、マトウダイなどが泳いでいます。一方の黒潮水槽にはキハダマグロやカツオ、スマ、マイワシ、カラスエイなどが泳いでいます。しかも、この大水槽を眺めながらお寿司が食べられるという! 確かに水族館に行くと魚が食べたくなりますけどね(笑) 2011年の東日本震災では、この水族館も大きな被害に遭い、現在も入館者数は震災前の水準に届いていないそうです。なかなかおもしろい水族館なので、多くの人に訪れてほしいです。



| 博物館・水族館・動物園 | 17:00 | comments(2) | - | - | - |
アクアマリンふくしまに行ったのですね!前にも言ったかもしれませんが、小学校の同級生がシーラカンスの撮影しました。今副館長ですが、いっぱい副館長いるから偉くないって言ってました(笑)。
タコの吸盤のどアップ、いいですね!突っ立っているようなクラゲも見ているとなんだかじわじわ笑えてくる。お寿司も食べられるのですね。確かに青魚は泳いでいても食べる目線で見てしまいます。関東エリアならハワイアンズ宿泊者用に無料バスがでているから、いつかそれで行ってみたいです。
改めてタイトル見て笑っちゃいました。埼玉じゃなくて、ですね。
| hiyoco | 2020/01/24 12:02 PM |
hiyocoさん。

そう言えば、お知り合いがいたんですね。
今度何か仕事がらみがあったら、ご紹介してもらおうかしら(笑)
吸盤の持ち主は、大きなミズダコでした。迫力ありましたよ。
屋外エリアもいろいろ工夫されていて、野山の水辺や海辺が再現されてます。
暖かい季節に行った方が、それらを含めて楽しめそうですよ。
そう言えば、別の人にも「ハワイアンには行かなかったの?」と聞かれました(笑)
| 尚 nao. | 2020/01/25 7:12 PM |