CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 暖かい年明け | main | 飛んでアクアマリン >>
港の朝
x


港の朝は早いです。昨年のクリスマス。場所は外房、時刻は4時過ぎ。船に明かりがつき、出港の準備が始まります。水面に映る明かりが綺麗です。でも、この日は(も?)魚群を探す調査船のみの出港で、網引き船は出港しませんでした。





年が明けて1月6日。この日は少し遅めでしたが、仕事始めなので全ての船団が出港します。朝焼けの中、一艘、また一艘と港を出て行きます。この朝はめちゃくちゃ冷え込んで、あたりの水たまりがカチカチに凍りついていました。でも、この出港の時はワクワクしますね。


   
   


明るくなって帰ってきた船団。でも、どの船も軽そう…。結局3〜4船団あるうち、網を引いたのは1船団のみ。獲物もイナダが少しと、マダイやスズキが数尾程度。新年の初漁なので船は旗をなびかせていましたが、結果はちょっと寂しいものに。もちろん、我々が目的としていた魚も、まったく獲れず。


   

おこぼれを期待して集まってきたコサギも、当てが外れて呆然とするのみ。


   



でも、ハマグリ漁の方はけっこう順調なようです。何艘も船が港に着き、次々とハマグリを水揚げしていきます。合わせてナガラミも獲れているようでした。





滞在していた1週間。天候不良もあったものの、結局、出漁したのは仕事始めの朝だけ。外房はずっと不漁が続いていて、漁業や関連業の人たちは皆、困っているようです。平年に比べて水温は約2度も高いため、海の中で異変が起こっているのかもしれません。期待と不安、困惑など、さまざまな気持ちが入り乱れる港の朝でした。



| 旅行 | 21:00 | comments(2) | - | - | - |
去年のクリスマスイルミネーションは漁港の灯りでしたか(笑)。空が少し白んできた4枚目の写真が素敵です。
コサギってこんなに集うものなのですね(笑)。
船を出しても魚が獲れなければ燃料代だけがかさんで大変ですね。自然相手なのでいい時悪い時あると思いますが、この先いい時がくるのか、漁師さんたちは不安でしょう。
| hiyoco | 2020/01/20 11:28 AM |
hiyocoさん。

4枚目は自分でもお気に入りです。水面が良い感じに写ってくれました。
写真のイナダはキロ単位価格もすごく安くて、燃料代に人件費を入れたら完全に赤字でしたね。
私たちにすればイナダは安くて美味しい魚ですが、量が獲れないと漁師さん的には美味しくないでしょう。
| 尚 nao. | 2020/01/20 2:43 PM |