CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 海辺の落鳥 | main | 夜磯二晩目 >>
団子を喰ったのは!?


さあ、冬の夜磯シーズンが始まりました。SNSでは、既に三浦半島の各所でダンゴウオ確認の情報が伝わってましたので、早速、夜磯に繰り出しましたよ。ところが…なんだか昨季に比べると生きものの気配がとっても薄いです。久しぶりの夜磯なので目が慣れていないのかな…と思ったりもしましたが、やっぱり生きものがいない。1枚目は、小さな個体ですが、いわゆるマダコですね。ちなみに、私たちがマダコと呼んでいるタコは、生物学的には複数の種類が含まれています。ただ、水産上、種類がわかれるといろいろ面倒なことになるので、なかなか正式な発表ができないのだとか。




目を凝らして小さな生きものを探します。ウミウシは、定番のサキシマミノウミウシだけはやたらとたくさんいました。踏んづけそうになるくらい(笑) 綺麗だし、好きなウミウシですが、あまりにもたくさんいたら飽きますよね…。




なんとか1匹見つけたイナバミノウミウシ。今回の個体はなかなか蓑が立派です。後ろ向きになってしまったのが、ちょっと残念!




こちらも定番となりつつある美麗なツツイシミノウミウシ。今回は2個体確認。毎回のように登場しますが、個体数が多くないので、まだ希少性は保っているかも(笑) それにしても、昨季あれほどいたミスガイはまったく姿がありません。昨季はベニヤカタガイやベニシボリガイなんかも出たのに…。タカラガイなど、南方系の生きものも少ない気がします。ちょっとがっかり気分でウロウロしていると…。


   

大きなタコが登場。この夜、3個体目のタコでしたが、前2個体のマダコとはなにか違います。腕がとにかく長い! しかも、全身に青白い大きめの斑紋が並んでいます!なんだこれ?





腕が長い…テナガダコ?(単純な発想)サメハダテナガダコってこんなだったけかな…などと思いながら撮影。しかし、サイズがデカすぎて、コンデジ内臓ストロボでは光が当たり切りません。近くに採集をしている人もいたので、見つからないように足元にキープしながら、ひとときを過ごしました。さて、このタコの正体ですが、主にサンゴ礁域に分布するシマダコでした。日本の主な分布域は奄美群島以南。伊豆の大瀬崎では20年前くらいから時々確認されているようですが、相模湾奥ではけっこう珍しいのではないでしょうか。それにしても、すごくカッコいいタコでしたよ。全身が写せなかったのと、写真に撮ってしまうと斑紋の青白さが表現できないのが残念ですが、興奮する出会いでした。




魚の方もちょっと影が薄い感じです。定番のハゼ類やギンポ系などはいますが、目立つものは見かけません。オヤビッチャも少ないかな? 仕方がないので、眠って動かないクサフグを撮ってみたり…。




ちょっと目を引いたのが、このキヌカジカ。まだら模様ですが、地色がピンク色なので、なかなか綺麗です。でも、遠目に見ると、かなり精巧な隠蔽色になっています。それにしても、肝心のダンゴウオが出ません。諦め掛けていた、その時、潮溜まりを動く影が…。






出ました。今季初ダンゴウオ! 赤紫色まだらの地味子ちゃんでしたが、やっぱり可愛いですね。本当だったら、この子が今夜の一番になるはずでしたが、インパクトでは完全にシマダコが持って行ってしまいました。団子、食われちゃったね(笑) それにしても、冷水系のダンゴウオと、暖水系のシマダコが同時に見られてしまう海。今季初の夜磯観察は、相模湾の奥深さを感じる一夜になりました。


| 海の生きもの・貝ウミウシ | 13:00 | comments(2) | - | - | - |
シマダコ、迫力ありますね!ペンかクレヨンで白い模様を描いたみたいで面白いです。吸盤の根元にも丁寧にラインが入ってるし。暖かいところのタコがいるなんて、今年は水温が高いのでしょうか。それてもダンゴちゃんがいてよかったですね!
相変わらずイナバミノウミウシ、風変わりですね。ウミウシに見えない!
| hiyoco | 2019/12/15 4:04 PM |
hiyocoさん。

シマダコにはびっくりでした。
肉眼だと白斑が青白く見えて、マダコより腕がうねうねと長いんです。
水温はここ数年ずっと高めだと思います。
けっこう南方系の魚がいついているという話もあります。
ただ、潮間帯は気温の影響を受けるので、水温も下がりやすいですね。
それによっても、見られる生きものの様子も変わりますね。
| 尚 nao. | 2019/12/15 11:28 PM |