CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 今年の咲き具合は? | main | ご無沙汰トリュフ >>
耐え凌いだ花たち
   

海岸台地から下に降りて、磯を歩いて別のポイントへ移動します。今回、特に気になっていたのは、9月、10月に到来した2つの台風の影響です。海岸を歩いてみると東南の風を正面から受けた海岸を中心に、もっとも海に近い部分は植生が壊滅的な被害を受けていました。ツワブキは、どちらかと言えば海岸側よりも陸側に多く、特に岩の陰になったような北向きの場所に多いので、けっこう健在でした。





イソギクはちょうど7分咲きくらいの感じでしたが、残っているのは崖の上など高い場所がほとんど。写真のものは植生の最前線あたりに位置していましたが、健在だったのは風避け波避けの離れ小島と岩場で守られたおかげです。


   


再び海岸台地に上がります。先の記事で書いた通り、目指した場所のセンブリは全滅していました。でも、リンドウは健在でした。写真は2枚とも同じ株ですが、他にも何株か開花しているものが見られたので一安心。海からの強い風を避けるように、藪の中に隠れるように咲いていましたよ。黄色い花の目立つ中で、この濃い青紫色は貴重です。


   

前回は蕾しか見られなかったタマムラサキも、あちこちで開花しています。海を背景に写真を撮りたかったのですが、そのような場所では開花株がほとんど見られませんでした。これも台風の影響でしょうかね。風の強さはもちろんですし、風に巻き上げられて飛んでくる海水飛沫も相当な量でしょう。いくら海岸の植物でも、過剰な塩分に耐えられなくなる種類もあると思います。こういうのは来年以降に影響が出たりするのでしょうか。気になります。


   

最後はキヅタ。これは海岸の植物と言うよりも、海岸からの帰りがけに撮ったものです。日当たりの良い場所で、ちょうど花の盛りでした。地味な花ですが、造形がおもしろいので、ついつい撮ってしまいます。花にはアシナガバチやハナアブ、ハエのような昆虫が盛んに集まっていましたよ。花も虫たちも、冬を迎える前の最後の大仕事をしている…という感じでした。



| 海辺の花・植物 | 21:10 | comments(2) | - | - | - |
こういう岩場のイソギクいいですね!元気な黄色い花に白い縁取りが効いた緑の葉がよいです
キヅタも渋くていいです。こういう開けっぴろげ(?)な花ってアブやハエが大好きですね。
| hiyoco | 2019/11/23 2:30 PM |
hiyocoさん。

イソギク、台風の高波でやられてしまった場所が多かったですが、
なんとか撮ることができました。
でも、いつももうちょっと上手く撮れないものかと…どこか満足できないんですよね。
キヅタとかヤツデとか、この時期に咲く花は、
冬を前にして昆虫たちが殺到してますね。
ここもとっても賑やかでした。
| 尚 nao. | 2019/11/23 11:08 PM |