CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 海岸植物の確認へ | main | 悲しき鴎 >>
10月の天空写真館


10月は外出が多かったこともあって、空に関わる写真を撮る機会がありました。第3週は外房方面から銚子へ。一応、仕事絡みなんですが、経費節約のため車中泊(笑) 16日の夜は犬吠埼で夜明かしです。犬吠埼燈台の灯り、月明かりで光る波、昇るオリオン座…。絶好のシチュエーションですが、三脚を車に積んでいなかったので、フェンスにカメラを押しつけながら5秒。一番、手振れがマシだった一枚です。


   
   


その後、曇ってきたので安心して寝込んでいたら、翌17日の朝はまさかの晴れ間。夜明け前の朝焼けは見逃しましたが、なんとか日の出には間に合いました。水平線近くに雲があったものの、その隙間から太陽が顔を覗かせてくれましたよ。5月にも似たような写真をアップしてますが、言い訳を言わせてもらえれば撮影場所が限定されるという理由もあるんです。でも、やっぱり撮っちゃうんですよね。日の出後も、北東の低い空が焼けてくれました。




日が昇って、写真は朝8時過ぎ。雲の切れ間から日が注ぎ、海面が輝いていました。明瞭ではなかったですが、光芒も見えましたよ。




日付は変わって10月20日。巻積雲に発達しそうな雲が出ています。写真画面中央を横切るのは飛行機雲。飛行機雲がこうして発達するときは、上空に水蒸気がたくさんある証拠。天気が下り坂の時などによく見られます。巻積雲が広がる空、でもその上空には巻雲がありました。


   


こんな時はチャンスなんです。空を気にしていたら…やっぱり出ました。環天頂アークです。写真画面の右側などにある、もわもわっとしたのが巻積雲、画面を縦に流れる薄いベール状の雲が巻雲で、環天頂アークは巻雲に映っています。ベランダに出て気がついて、カメラを取りに戻って、シャッターを数枚押したら消えてしまいました。見られた時間は1〜2分くらいかもしれませんが、明るく鮮やかで、良かったです。



   

10月22日。夕方の海岸です。休日ですが、日没前では人もまばらです。天気が少し回復傾向で、おもしろい空が見られるかなと思ったのですが、日没ごろにはまた雲が優勢で、夕焼けにもならず。わずかに開いた雲の穴から、赤い遠くの雲が見えていました。手前に海から上がるサーファーさんが入るのを待って、パチリ。




10月28日。海岸の植物チェックに出かけたついでに撮った一枚。




10月30日。この日は仕事がらみで、千葉の館山市立博物館などへ。夕方前に、魚の骨か櫛の歯のような雲が出ていました。






同じ日の夕陽(岩井海岸)、夕焼け(金谷港)、残照と二日月(東京湾フェリー)。豪快に焼けたわけではなかったけど、なかなか良い雰囲気でした。さて、10月は何かと写真を撮りましたが、これが続くかはまた微妙なところ。せめて何か素敵な大気光象でも見られると良いんですけどね。



| 空・雲・気象 | 22:20 | comments(2) | - | - | - |
最初の夜の写真、絵みたいですね!オリオン座と灯台と月明りの3つの光がとてもいいです。雲がかっこいいし!
環天頂アークはっきり見えていますね〜。
11枚目の船の写真もいい。その次の雲、面白いですね。確かに魚の骨や櫛の歯みたいだし、鯉のぼりにも見えます。
| hiyoco | 2019/11/07 1:35 PM |
hiyocoさん。

ありがとうございます。
最初のは、もうあと何秒か露出すると、
灯台の明かりがもう少し濃く出てくれるはずですが、
何しろ三脚なしなので…(笑)
11枚目のは自分でもけっこう気に入ってます。
高空と低空に違う種類の雲があって、小舟がいい感じ。
普段は引きこもりなので、10月のように外に出る機会が多くないと
なかなか空の写真は撮れませんね。
| 尚 nao. | 2019/11/08 12:04 AM |