CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 6月からこれまでの天空写真館 | main | 青蓑祭り! >>
Silver Coin
   

ビーチコーマーの心を奮い立たせる3種類の青いクラゲ。そのうちの1種、ギンカクラゲの漂着に遭遇しました。まあ、それ時代は特に珍しいことではないのですが、この手のクラゲは大抵、強い南風が吹いて、海が荒れた時、または荒れた後に漂着するのが常。ところが今回、特に強い風が吹いてもいないのに、ギンカクラゲが漂着しました。





風も吹いていない、海も荒れていないので、海岸に漂着した姿ではなく、海に浮いているギンカクラゲの姿を写してみました。波が静かとは言え、波に乗って寄せたり引いたりするクラゲを追いかけ、ピントを合わせるのはなかなか難しいもの。数回、挑戦して、なんとか見られる程度のものが撮れました(笑)





カツオノエボシやカツオノカンムリもおもしろいですが、美しさではギンカクラゲが少し上かな? 大きなカツオノエボシの触手が広がる様子も、なかなか見事ですけどね。ただ、強い毒の印象があるので、美しいと言うよりは妖艶って感じかも。その点、ギンカクラゲは円というシンプルな本体とそれを囲む触手で構成されていて、簡略の美という感じかもしれません。さて、今回拾ったものについては、姉妹ブログのhiroimonoの方で紹介していきます。


| 海の生きもの | 19:20 | comments(2) | - | - | - |
材木座の白っぽい砂にギンカクラゲの青い触手が映えますね。2枚目と3枚目の波に揺られる姿がとてもいいです!
| hiyoco | 2019/10/05 1:11 AM |
hiyocoさん。

ありがとうございます。
漂着ものを海の上、波間で撮影したいなといつも思ってました。
まさに漂着して来る瞬間…みたいな。
でも、漂着物が来るときは海も荒れてますからね。
今回はとても良いチャンスでしたよ!
| 尚 nao. | 2019/10/05 6:21 PM |