CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 寄りもの来たれり | main | 波打ち際の熱き迸り >>
流れ藻の住人たち


前回の続きです。流れ藻やエボシもんの打ち上げとなれば、この子たちもやってきます。そう、オキナガレガニ。まあ定番といえば定番で、寄りものがあれば1匹くらいは必ず見られ、それほど珍しいものでもないのですが、やっぱり見られると嬉しい生きものです。


   



今回は大小合わせて14個体を確認しました。おそらくもう少し多くいたのではと思います。これだけ一度に見たのは数年ぶりかな。背甲のバリエーションも豊富でしたが、大きな白斑タイプはいませんでした。白色系の個体は1個体で、全般に色が濃いめのものが多かったです。




そして、海鳥に食べられて残骸になったものも…。過酷な運命です。





波打ち際近くを歩いていると、ちょこちょこ動くものがいます。オキナガレガニの小さいの?と思ったのですが、よく見るとシルエットが違います。これはカニ類のメガロパ幼生ですね。大きさは全長で1センチないくらい。メガロパとしてはかなり巨大です。大型のメガロパになることが知られているのは、磯でよく見かけるショウジンガニです。しかし、ショウジンガニのメガロパは海底とかにいたような…。調べてみると、オキナガレガニと同様に漂流生活を送ることが多いイボショウジンガニのメガロパが、ショウジンガニ同様に大型になるようです。




このメガロパ、半透明の黄土色のものが多かったのですが、中には青い斑点があるもの、黒っぽいもの、そしてメタリックな光沢のあるものなど、さまざまでした。大きさに大差はないし、(他に大型メガロパになる種類がいないので)種類が違うとも考えにくいです。これは、居着いていた環境で退職変化していたのでしょう。漂着していた流れ藻も、黄土色っぽいものが多かったです(ホンダワラ類の種類は未確認です)。



   

そしてそして、今回一番の当たりがこれ。流れ藻が漂着すれば見られるチャンスがあるとは思っていましたが、打ち上げでは初めてのハナオコゼ。流れ藻で生活するカエルアンコウの仲間です。まだ、生活史が解明されていない、謎の魚でもあります。しかもこれ、打ち上がってから間もない生きた個体でした。保護する手立てがなかったので、とりあえず波が直接当たらない場所へ移動。ただ、打ち上がってから藻搔いたせいか、浮き袋に空気が入ってしまったため、お腹が浮き上がって姿勢が保てません。運が強ければ海に帰れたかもしれませんが、果たしてどうなったでしょうね。それにしても、全長12〜13センチほどの立派な成魚でした。今回は、時期的にまだ青物は少ない寄りものでしたが、かなり楽しめました。次の大風も期待しちゃいますね。



拾ったものはこちら
| 海の生きもの | 21:10 | comments(2) | - | - | - |
2枚目の写真なんて3匹一緒に写っていますね!こんな大量には見たことないかな〜。
こんな感じの青メタリックのメガロパ見たことあります。きれいですよね!
ハナオコゼ、面白い顔ですね。顔だけじゃなく全体も。12〜13cmもあるこんな魚が打ち上っていたらびっくりです。
| hiyoco | 2019/05/31 10:13 AM |
hiyocoさん。

さすが、お目が高い!
絞りが開き気味で、奥までピントが来ていませんが、3匹います。
ホントすぐ近く、足元に3匹いたので寄せました(笑)
ハナオコゼ、カエルアンコウと同じで疑似餌のような皮弁を使って獲物を誘い
大きな口で一気に丸呑みするような魚です。
エラも脇の下というか胸ビレの後ろに穴状になって、おもしろいです。
魚の打ち上げはフグ類かボラか…というのが多いですから、違う魚は嬉しいですね。
| 尚 nao. | 2019/05/31 11:36 PM |