CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 海のツバメ | main | 令和最初の天空写真館 >>
GW花便り
   

新しい天皇陛下の御即位に関係した異例の10連休。ゴールデンウィークも終わりましたね。とは言っても、こちらはまったく通常運転なので別に何と言うこともなかったのですけど。出かけたのは、1日半ほど実家の様子を見に行ったくらいです。それで地元のフィールドに繰り出してみた訳ですが、今年は寒の戻りの影響が強かったのと、最近、雑木林の一部が伐採されたり、刈り払いがおこなわた影響か、ずいぶんと寂しい結果でした。トップバッターはコゴメウツギ。毎年、GW連休ごろに咲いてくれます。


   


そして、この時期のお目当と言えば、これ。キンランです。大きな株はありませんでしたが、それでも何株か花を咲かせてくれていました。昨年は暖かすぎて、連休後半では花が終わっていたのですが、今年はまだ咲き始めの感じ。ホントここ最近の天候は、これまでの経験則からズレていて惑わされます。雑木林の木が少し伐採されて林床が明るくなったためか、キンランは増えています。その一方で、ギンランは激減。なので写真はなしです。


   

こちらはコバノタツナミ。別名ビロードタツナミと言い、小さくて厚みがあり、ビロードのような手触りの葉が特徴です。この場所では見かけませんが、最近、住宅地では園芸種の逸出が見受けられますが、繁殖力旺盛で一気に増えるので注意が必要です。


   

こちらはマルバウツギ。とは言っても地元フィールドでは、株が切られていたり、花がまだほとんど咲いていなかったりで、この写真は逗子に戻ってから撮ったものです。前は近くにたくさんあったのですが、その場所も土手がコンクリートで固められて減ってしまいました(泣)


   

最後はこのブログ初登場の花で、クチナシグサです。ハマウツボ科の半寄生植物で、果実の形がクチナシに似ているので名前がつきました。花の大きさが約1センチで、あまり目立たない野草なのですが、神奈川県では自生地が1ヶ所だけの絶滅危惧種。その自生地というのが実は My Home Town なんです。これって嬉しいことなのか悲しいことなのか、複雑ですね…。



| 野の花・植物 | 10:50 | comments(2) | - | - | - | 昨年の記事
私も昨日マルバウツギ見てきました。垂れさがるように咲いてきれいですよね〜。
タツナミソウはいろいろ種類があるのですね。
クチナシグサは見る機会がなさそうですが、あったとしても気が付かないかも。控えめですね。群生するのですか?
| hiyoco | 2019/05/09 4:27 PM |
hiyocoさん。

マルバウツギ、場所によっては林縁に競うように生えていますね。
神奈川南部だとヒメウツギやウツギは少なめなので、ウツギといえばこれです。
タツナミソウ、三浦半島周辺の平地だとほとんどこれですね。
丘陵地になると違う種類もありますが、そんなに多くない印象です。
クチナシグサ、そこそこ広がるようですけど、この場所はちょっとだけ…(泣)
| 尚 nao. | 2019/05/09 6:37 PM |