CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 今回も小っさ | main | すでに満開! >>
騙されないぞ


3月満月まわりの夜磯、2回目です。今回、ちょっと目立ったのがトップバッター。一見、ウミウシのように見えますが、まったく異なる系統の生きもの、ヒラムシです。種類はミノヒラムシで、背面に多数ある突起が特徴。それが名前の由来でもあります。今回なぜか何個体も見かけました。泳いでいるシーンにも出くわしたのですが、残念ながら写真はピンボケでお見せできません(苦笑)






そして3つ並べたこれらの生きものも、ウミウシっぽい。特に真ん中のカイメンみたいのは最初はウミウシかと騙されそうになりました。しかし、いくら待っても鰓を出さず、触角と思ったものはよく見れば水管。これは貝殻を軟体で覆うタイプの巻貝(腹足類)で、ベッコウタマガイの仲間のようですね。しかしこの仲間、結構見かける割にはあまり調べられていないのか、イマイチ確かな情報がありません。軟体部の特徴がはっきりした種類がいるので、それが種の見分けに役立ちそうなんですが、バリエーションもあるのではっきりしません。キシュウベッコウタマガイやセトベッコウタマガイあたりが怪しいのですが、詳しい方がいましたらぜひ教えてください。




さて、無脊椎を離れてお魚へ。この冬はかなり早い時期からさまざまな幼魚が出現していましたが、今回はこんな子を見かけましたよ。フクロノリの揺りかごに抱かれるようにしていたのは、黄緑色が美しいイダテンカジカの幼魚です。大きさは2センチ弱くらいです。




こちらは帰り際に撮ったイソギンポ。すっかり寝ぼけモードで、フラッシュ焚いて写真を数枚撮っても、まったく動きませんでした。




こちらは岩陰にいたウツボの子供。大きさはどれくらいと言うか…頭の縦幅が大人の指2本分(人差し指と中指)くらいと言えばおわかりになるでしょうか。成魚になったウツボはさすがに怖さもありますが(と言ってもむやみに手を出さなければ大丈夫)、このサイズは可愛いもの。口は大きいですが、漫画みたいな白黒の目で、けっこう愛嬌のある顔をしているんですよ。さて、次の磯観察報告は昼間のレポートになります。春らしくなって野山の花も気になりますね。忙しい季節になってきました(笑)



| 海の生きもの | 14:00 | comments(2) | - | - | - |
前半はウミウシっぽいけどウミウシじゃないシリーズですね!
ベッコウタマガイてこんな感じなんですね。軟体が殻を覆い隠してしまうのはタマガイっぽいです。
イダテンカジカの幼魚は成魚と違ってきれいな色ですね。
| hiyoco | 2019/03/26 11:37 AM |
hiyocoさん。

ベッコウタマガイ、なんかいろんな種類?タイプ?があるんですよね。
ただ、生態写真はバリエーションが豊富過ぎて同定に不安がありますし、
そのほかの情報が貝殻だけだったりして、なかなかわかりません。
イダテンカジカの幼魚は、ちょっと蛍光っぽい黄緑色で可愛いです。
目立つ色に思えますが、海藻の中にいれば保護色なんでしょうね。
| 尚 nao. | 2019/03/27 10:45 AM |