CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< ラストダンゴ・イン・イソ | main | 騙されないぞ >>
今回も小っさ


1ヶ月ぶりに夜磯に行ってきました。潮位の引き具合が昼夜で逆転し始めたので、今回が今季最後の夜磯観察になると思います。近年の三浦半島は磯焼けが進行していてワカメなどの大型海藻が激減していますが、小さい海藻類はこの時期そこそこ育ってきています。さて、今回のトップバッターはチシオウミウシ。「血潮」なんて刺激的なネーミングですが、シンプルな形で朱色の美しいウミウシです。





こちらは前回も登場、アカエラミノウミウシ。今回も2個体見かけました。最初の血潮ウミウシは3センチ、こちらは2〜2.5センチくらいですが、これくらいのサイズがあれば撮りやすいんですけどね。





そんな中、見つけてしまったのが5ミリ以下のこいつ。なんとか姿のわかるカットが撮れました。種類はサガミコネコウミウシと思われます。成長すれば1センチくらいにはなるようです。





すぐ近くにいたこいつも大きさ5ミリ以下。けっこう活発に動いていました。色も白く、見つけた時にはまた違う種類が出たと思いましたが、調べてみるとどうやらこれもサガミコネコウミウシのようです。




少し離れたところで見つけたこの子もサガミコネコウミウシ、またはその近似種っぽいです。ちなみにこれも5〜6ミリ程度。前の2個体より気持ち大きいかなという感じ。このほかにも写真には撮れませんでしたが、すぐ近くでやはり5ミリ以下の個体を見かけていて、それも同じ種類のようでした。なんかサガミコネコウミウシの大発生?という感じでしたね。





そして、こちらは前回も出たツツイシミノウミウシ。今回はミノの房の色が水色っぽいのとピンク色っぽいのと2個体でました。ホント綺麗なウミウシです。この子たちは1センチくらいです。しかし、なかなか完璧なピントが決まらなくて余計な時間を取ってしまい、気がつけば最干潮時間も過ぎていました。潮間帯下部にいたし、潮位も高めなので、今回はここでお開き。




最後、磯から上がる直前で、定番のクロシタナシウミウシ。普通種だけに、いつもなおざりにシャッターを押すので、意外とまともに写真が撮れていなかったり…(恥)ということで、次回はウミウシ以外の生きものを紹介します。



| 海の生きもの・貝ウミウシ | 12:10 | comments(2) | - | - | - |
チシオウミウシ色鮮やかですね。その対極がクロシタナシウミウシでしょうか。でも他にはないシックな黒がちょっといいかも。
ウツイシミノウミウシのカラーリングはかわいい!
5mm以下でもちゃんとウミウシの形をしていますね〜。
| hiyoco | 2019/03/22 12:42 AM |
hiyocoさん。

チシオウミウシ、実はよく見るホオズキフシエラガイと思って適当に撮りました。
帰ってきてモニターで大きくして見て、違うことに気がつきました(笑)
ツツイシミノウミウシは本当に綺麗ですよね。
ウミウシの中には他にもかなり綺麗な種類が多いのですが、
さすがに潮間帯ではほとんど見ることがないのですよね&#12316;。
贅沢は言いませんが、暖かくなったらもう少し大きく育ったやつを見たいです。
| 尚 nao. | 2019/03/22 9:05 PM |