CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 2月最初の夜磯・前編 | main | 久しぶりに里山散歩 >>
2月最初の大潮・後編


2月最初の夜磯、出だしはあまりパッとしませんでしたが、最干潮時間(23時40分ごろ)を過ぎ、日付が変わる頃から盛り上がってきましたよ。最初の1枚はまるでそんな雰囲気がありませんが、それは構成上の問題で仕方なく(笑) この緑色の紐みたいのはミドリヒモムシ(そのまんま)です。ヒモムシは紐型動物門という独立したグループの生きもので、消化管、閉鎖血管系、はしご形神経系を持っています。環形動物や軟体動物に近いグループだと考えられているようですよ。このミドリヒモムシは幅1センチ弱、長さ30センチくらいあり、色が色だけによく目立ちます。





日付が変わった直後、見つけたのがこれ! 地色がかなり白っぽかったので、一瞬「??」と思いましたが、ヤクシマダカラ幼貝です。幼貝と言っても、優に殻長5センチはあります。FDかと思って拾い上げたら、なんとかろうじてまだ生きていました。さすがにもう虫の息という感じでしたけどね。2月ともなるとタイドプールには、キイロダカラやハナビラダカラのFDが目立ってきます。今季はヒメホシダカラをゲットしましたし、ハナマルユキも拾えています。ヤクシマダカラ幼貝の貝殻はたまに見かけるものですが、生貝を見たのは初めてでした。たとえ先の短い命でも、自然に海に還れるようリリースしました。





ウミウシ類は、先に見かけたベッコウヒカリウミウシの他は、クロシタナシウミウシやマダラウミウシ、サキシマミノウミウシなど特に代わり映えせず。写真のミヤコウミウシも以前紹介済みですが、今回は2センチくらいの小型個体をいくつか見かけました。しっかり繁殖して増えている感じです。





潮間帯中部から潮間帯下部に移動しながら、生きものを探していると、ついに発見。ピンク系のダンゴウオです。全長は約2センチ、まるまる太ったメスのようです。今回のダンゴウオはこれ1匹だけでしたが、やっぱり見られると嬉しいですね。可愛いです。






そしてそして、そろそろ潮が満ち始めるから終了かな…と思っていた矢先、素敵な出会いがありました。なんとベニシボリガイ生貝が出ました。石の陰に隠れるように移動していましたが、見逃しませんでしたよ。ベニシボリガイの生貝は、昔ダイビングで見たことはありましたが、潮間帯の磯では初めてです。昨年末のベニヤカタガイに比べれば、こちらは相模湾にも普通に分布している種類ですが、そう滅多に出会うものではないので、嬉しかったですね。




本当に最後、引き上げる直前に撮影したミスガイ。ミスガイは相変わらず多いですが、こちらはなんか老成した感じで、貝殻も年季が入っている感じ。軟体部の大きさも半端ないですが、ちょっと弱っていたのかも。なんかこれを見て、牡丹の花を思い浮かべちゃいました。ということで、今月最初の夜磯報告はお終いです。次の満月の大潮も出撃予定ですが、毎回色々な出会いがあるので楽しみです。


| 海の生きもの | 12:03 | comments(4) | - | - | - |
このヒモムシって30センチもあるのですね!
丸々太ったダンゴウオも可愛いし、ベニシボリガイやミスガイの生貝は幻想的で綺麗ですね〜♪
貝殻も綺麗ですけど、中々同じ生き物と思えません(笑)
| sato | 2019/02/11 8:39 PM |
すごい!ヤクシマダカラの生きた幼貝なんて。それに殻口に近い部分の模様や色がきれいです。
ベニシボリガイもきれいですね!見えているおめめがかわいい。
ミスガイの軟体の縁は確かにボタンの花弁のように細かいですね。写真貸して頂きありがとうございました!
| hiyoco | 2019/02/13 2:08 PM |
satoさん。

ヒモムシ、なにやらすごく小さいのはよく見かけるのですが、
このミドリヒモムシは大きくて、ちょっと驚きます。
今回は生きものはちょっと少なかった感じですが、バリエーション豊富でした。
ベニシボリガイは大当たりでしたね&#12316;。ホント最後の最後に当たりました。
貝殻だけでも、生体でも、どちらでも魅力的なんて、ずるいですね(笑)
| 尚 nao. | 2019/02/13 10:40 PM |
hiyocoさん。

ヤクシマダカラの幼貝、貝殻だけなら何度か見かけていますが、
それでももっと未熟な、細身の貝殻のものがほとんどでした。
それが今回、瀕死状態とは言え、生体が見られたのは嬉しかったですね。
ベニシボリガイもミスガイも、この仲間はとても綺麗で気に入ってます。
ただヤカタガイやヒメヤカタガイには出会えないんですよね。
あいつらは、生息環境がもう少し干潟っぽいところなのかな…。
| 尚 nao. | 2019/02/13 10:45 PM |