CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 目立ちたがりと欲張り | main | 2月最初の大潮・後編 >>
2月最初の夜磯・前編


あっと言う間に2月。今月は月頭の日曜日から新月まわりの大潮でしたが、その日曜日から月曜日にかけて天気が崩れて海は大荒れ。と言うわけで、夜磯出撃は火曜日の夜となりました。しか〜し、なんと干潮時間を間違えて出遅れ、1時間近くロスする羽目に…(泣) 荒れた後ですし、そろそろ水温も一番下がる時期、ブログネタ的に新しい出物はあるでしょうか…などと心配していたら、出ました! これはベッコウヒカリウミウシですね。なかなか変わった姿。名前の通り、強い刺激を与えるとピンク色の丸いコブが光るらしいです。→ベッコウヒカリウミウシと思いましたが、近似種のプロカモペルス・セイロニクスの可能性も?




海が荒れた後ですが、相変わらず幼魚は多いです。写真はカゴカキダイの幼魚で、前回よりさらに増えたような気がしました。ところが、前回の大潮時に確認した、小さなタイドプールにいたダンゴウオ2個体が見当たりません。潮間帯は少し岩も動いたような気もしますし、さすがにどこかに行ってしまったのかも。





小さなタイドプールを丁寧に見ていきます。そこにいたのは、写真ではよくわかりませんが、体長15センチに達するような大きなムカデメリべです。身体中に突起が密にあり、しかもオレンジ色っぽい色が混じる、なかなかに異様な姿をしていました。実はこの個体、別のもう1個体を追いかけていたのですが、フラッシュを浴びたら怯んで、縮こまってしまいました。恋路を邪魔しちゃったかな。





今季は行けば必ず出会うマメダコ。今回も出ました。良い具合に色彩変化をしてくれたので、並べてみましょう。上が発見直後で、こちらに気がついてムラサキウニの陰に隠れようとしたところ。下がそれから少し時間が経ったところです。左右第三腕の付け根に蛍光水色の斑紋があります。興奮すると、全体に白っぽい斑紋が浮かび上がるようですね。




今回は海が荒れた影響なのか、潮時表の数値よりも水位が高い感じでした。なので、あまり潮間帯下部〜潮下帯の方には近づきませんでしたが、潮間帯中部のタイドプールにもシラヒゲウニがいました。今季は多いようですね。このまま越冬して、繁殖しもっと数が増えるでしょうか。南方系の生きものが見られる一方で、やはりちょっと生きものが減った印象の今回。それが荒れた影響なのか、水温の影響なのかはわかりませんが、後編ではどうなるでしょう?


| 海の生きもの | 20:30 | comments(2) | - | - | - |
ムカデメリベは15cmもあるのですか!大きいですね。ところでメリベウミウシとムカデメリベは別物ですか?それともメリベウミウシはムカデメリベを含む総称なのでしょうか?
タコの蛍光水色が縁取りのようできれいですね。
| hiyoco | 2019/02/08 10:57 PM |
hiyocoさん。

メリべウミウシは分類がころころ変わっています。
昔はヒメメリベ、ムカデメリべ、ヤマトメリべに分けられていましたが
一時期、ヒメメリベとムカデメリべは同一種とされて、
それが近年、また分けられるようになっています。
見分けのポイントはパッと見ただけではわかりませんけど、
ムカデメリべの方が大型になり、体の突起などが多いようですね。
| 尚 nao. | 2019/02/09 12:55 AM |