CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 黒・赤・緑・白 | main | ヤドカリに化ける? >>
相変わらずの顔ぶれ


新年最初の夜磯観察に19日と21日に出かけてきました。先の記事でお伝えした通り、一番の目的ダンゴウオはまあまあの成果。とは言え、写真は二晩目も微妙にピンが甘かったですけどね(苦笑) 今回は主に貝類です。姉妹サイトのhiroimonoでお伝えしているように、昨年末に三浦半島で自身初めて確認したヒメホシダカラ(亜成貝)は、なんとお星様になっていました。ほかのタカラガイ、キイロダカラやハナビラダカラもFDの貝殻が目立つようになってきました。そんな中、ハナマルユキのこの子はまだ頑張っていましたよ。




こちらはヤドカリかな〜と思ったら本来の主さんが健在だったマガキガイ。南の方ではよく食用にされている貝ですね。沖縄で食べたことがあります。沖縄ではよく浜辺に貝殻が落ちてますが、大抵は身を抜いた後に捨てられたものなので、拾ってもちょっとガッカリしちゃうヤツです(笑)




ミスガイは相変わらず多いです。ただ昨年末と違うのは、大きい個体が減って小さい個体が増えたことでしょう。写真のトリオも殻長1.5センチくらい。意外と目立たないので、踏んでしまいそうで怖いです。





こちらもやたらと多かったサキシマミノウミウシ。潮間帯下部のあちこちにいました。好きなウミウシですが、ちょっと食傷気味。2枚目の極小個体はなかなか良かったですけどね。




こちらはマダラウミウシ。クロシタナシウミウシと同種説がありますが、この子は昼間は石の下などにいてほとんど出てきません。一方のクロシタナシウミウシは昼でも夜でもお構いなしで活動しています。別種説の方が納得いきますね。




最後はヒメメリベ。こちらも相変わらず多いです。小さめで色も動きも波に揺れる海藻っぽいので、実は気がついていないだけで、見た数以上にいるように感じました。体長は4センチくらいですが、貪欲に食事をしていましたよ。しかし、相変わらず…のものが多くて、なかなか新顔が出てくれません。まだまだ次の大潮も出撃予定ですが、何か出てくれるでしょうか。



| 海の生きもの・貝ウミウシ | 23:10 | comments(2) | - | - | - |
沖縄の備瀬はマガキガイの殻だらけでした。中身を抜いた後なんですね。あんなに狭いのに身はちゃんと取れるのでしょうか?
ミスガイ、こんな団子になってるんですね!
| hiyoco | 2019/01/28 3:07 PM |
hiyocoさん。

マガキガイの殻、自分も最初に見たときは不思議だったんですけど、その後、真実を知ることに…(笑)
ミスガイは、単独でウロウロ動き回っているのも多いのですけど
たまにこうやってくっついているのがいます。
繁殖(交接行動)とか関係あるのか確かめてはいませんが…。
多くは砂泥がある場所で見かけるのですが、写真のは絵面的に良いところにいてくれました(笑)
| 尚 nao. | 2019/01/29 6:16 PM |