CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< ヤドカリに化ける? | main | 目立ちたがりと欲張り >>
ウニも南方系が…


今回は棘皮動物。まず初めは、ビーチコーマーはみんな大好きタコノマクラ。タイドプールではほとんど見ることはないんですが、今回はラッキーでした。ビーチコーマーのみなさんは、通常、刺し網などの漁労屑として捨てられた、緑色に変色したものの方が馴染みだと思いますが、生きているときはこんな灰褐色をしています。上に乗っている貝殻や海藻は身を隠すために自らつけているものですよ。




アップで見ると、表面に細かい棘と、毛のような菅足が無数に生えていることがわかります。貝殻などは菅足を使って、背負っていると言っても良いでしょう。




こちらはガンガゼはガンガゼですが、アラサキガンガゼです。近年、アオスジガンガゼと分けられた温帯性の種類ですね。過去にはガンガゼのシノニムにされたこともあるようです。特徴は上面に「Y」字状の青い線(実線または破線)があることで、「Y」の又の部分に白い筋が入るものが多いとこのと。ガンガゼはその部分が完全な点々(丸点)になっています。




潮間帯下部のタイドプールを探索していると、おやっ、これは? 一見するとバフンウニに似ていますが…。




バフンウニにはない本体の紫色(歩帯の部分)と鮮やかめの棘。これは南方系のシラヒゲウニです。こちらにもいることは知っていましたが、どちらかと言えばレアな方で、三浦半島で初めて見ました。しかも小さめのから、良いサイズのもの(写真の個体)まで複数個体を確認。やはり今季は水温が高いのでしょうね。本場の沖縄や奄美では資源減少が著しく、近年は禁漁が続いているようですが、このまま温暖化が進んだら本州南岸とかで増えたりして…。




最後はウニを離れてヒトデ。ヒトデ類はイトマキヒトデとヤツデヒトデがほとんどで、たまにトゲモミジガイなどを見かけます。写真はオレンジ色のイトマキヒトデ。この色をしているとかなり目立ちますが、サポニンという毒を持っていることと、浅いタイドプールには天敵のボウシュウボラも滅多に来ないので、安全なのかもしれませんね。



| 海の生きもの | 10:00 | comments(2) | - | - | - |
タコノマクラは陸に転がった緑のものしかみたことありませんが、生きているときは茶系なのですね。貝殻をくっ付けているのは、うちのサンショウウニと同じで興味深いです。
青がないオレンジのイトマキヒトデがいるんですね!
| hiyoco | 2019/01/30 1:32 PM |
hiyocoさん。

タイドプールでタコノマクラはけっこう珍しいです。
一般的に棘の短いウニは、何かくっつけている場合が多いですね。
バフンウニもそうですし、ここに載せたシラヒゲウニ、あとラッパウニとかも。
カシパン類は砂に潜ってしまうので、何もくっつけません。
オレンジ個体、イトマキヒトデの個体数が多いところでは
それほど多くはないですけど、一定数は見られるという感じですね。
中間的な、色の混じった感じのも見られますよ。
| 尚 nao. | 2019/01/31 10:08 PM |