CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< クリスマスっぽいものは… | main | 冬花火 >>
ご無沙汰の天空写真館


今年は何かとバタバタしていて、ゆっくり空を眺める余裕もありませんでした。それに、例年に比べて秋も雨が多くて、いわゆる「大気光象」と呼ばれる現象が現れることが少なかったように思います。そんな中、秋から年末まで見られたものをいくつか紹介していきます。まずは6月19日の環天頂アーク。




同じ日の夕刻。秋でもないのにうろこ雲。




そして、これは夏の夜の夢…月の光環です。特に珍しいものではなく、見るだけならよく見られます。これが写真に撮るとなるとなかなかに難しいのです。太陽と同じように月本体を建物などで隠してしまえば良いのでしょうけれど、それでは味気ないですし。これはやっと形になった1枚です。8月は1度、環天頂アークが見られましたが、大したことがないので割愛。


   


一気に飛んで10月11日の幻日。一時的に、左(東)側の幻日の外側に幻日環の一部がうっすらと見えました。




11月21日。この日は久しぶりに千葉、南房遠征の日。夕方の海岸で見た両側幻日です。雲が多くてちょっと不明瞭ですけど、独特の雰囲気でした。


   
   

11月26日の環天頂アーク。幻日と一緒に出てくれました。上部タンジェントアークが出そうで出ないんですよね。それがもっとはっきり出ると、かなりカッコいい絵面になるんですが…。


   


そして12月に入って20日の環天頂アーク。こちらは午前中です。見られる時間は、冬場の今頃ですと朝の8時から9時くらいです。一瞬というくらいの時間ですが、かなり濃くなってくれました。しかも綺麗に弧を描いて美しいアークです。


   


最後は12月25日クリスマスの環天頂アーク。今度は午後です。見られる時間は、今頃ですと午後2時前後です。もちろん場所(緯度)などによって違ってきますし、同じ県内でも見られる場所と見られない場所がありますので、その点はご注意ください。でも、ここ最近は連日のように環天頂アークが見られています。年末年始、何かとお忙しいとは思いますが、ちょっと空を見上げてみると良いかもしれませんよ!



本日は特別に二本立て。これで2018年の最後の更新になります。今年は更新が著しく滞って申し訳ありませんでした。尚、年末年始はネット断ちしていますのでレスが遅くなります。みなさま、良いお年をお迎えください。


| 空・雲・気象 | 17:20 | comments(2) | - | - | - | 昨年の記事
環天頂アーク、そこそこの頻度で現れているのですね。タイミングですよね〜。あそこに薄い雲が通ってくれれば!って思うこともありました。
今年もお世話になりました。また来年もいろいろ教えてくださいね。よいお年を!
| hiyoco | 2018/12/29 12:59 AM |
hiyocoさん。

環天頂アーク、この時は連日出てましたね。
年末は31日にも出てましたが、濃い瞬間は見逃しました&#12316;。
記事に出そうな時間帯を書きましたが、
その頃に薄い雲、巻雲から巻層雲になる間くらいの雲があるとチャンスです。
| 尚 nao. | 2019/01/04 9:19 PM |