CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< ちびっこクラゲ大集合 | main |
アオミノウミウシも来た!


青い生きものたちが到来したら、やはり気になるのがこれ、アオミノウミウシ。今回はそこそこの数が来ていました。hiyocoさんが確認した片瀬海岸は良いサイズが多かったみたいですが、数ミリの材木座は小型個体が多くて、そこそこのサイズの個体を探すのに苦労しました。しかも強風、満ち潮で、なかなか撮影もままならず。ピン甘目です。





ギンカクラゲと大小個体、合わせて撮ってみましたが、雰囲気出ますね。よくよく見ると白っぽいものとか、個体差もあります。ただ、波に揉まれて体が傷ついたものも多いので、それはちょっと可哀想。というか、せっかく苦労して撮ったのに、拡大して見ると体に大きな傷があったり…。風まかせ海流まかせの生活も大変ですね。




この前の体調漂着にはまるで及びませんが、ウミアメンボも数個体、見かけました。この日はルリガイよりもレアものでした(笑)




青くないものではオキナガレガニ。3〜4個体くらい見かけたでしょうか。でも、こちらも甲幅が1センチもない小型個体ばかりでした。とにかく小さいものが目立った今回の漂着。今後はどうなるか、期待しちゃいますね!



| 海の生きもの・貝ウミウシ | 20:40 | comments(4) | - | - | - |
2枚目の写真、シルエットまできれいに映ってますね♪
小さくても、これだけ種類も数も多いと今後も十分期待できそうですね〜^^
| sato | 2018/09/10 12:55 AM |
写真で見る分にはプカプカ浮いて優雅にみえますね。ギンカクラゲの触手の広がりが美しい!
アオミノウミウシの極小モノが砂浜でクチュっとなってしまっていても、あの銀白色の色で「あ、これアオミノウミウシ」ってわかりますよね。
何匹か持ち帰ったものの、移動させているうちに体色が取れて体の中の気泡が見える状態でも、みんなしぶとく生きているので、逆に捨てるに捨てられず困りました。
| hiyoco | 2018/09/10 11:38 PM |
satoさん。

撮影は苦労しました。
1、3枚目は砂浜を掘ってプールを作り、そこに入れて撮影。
2枚目は漂着した平たい桶(梅干し用っぽい)に入れて撮影しました。
でも風が強くてウミウシも動いてしまうし大変でした。
リベンジしたいし、今後も期待したいですね。
| 尚 nao. | 2018/09/11 12:45 AM |
hiyocoさん。

打ち上がったやつ、背中側の白い部分が見えているとわかりやすいです。
海が荒れすぎると、打ち上がったものもボロボロですよね。
体に丸く穴が空いたような傷を持つものが多くて、見ていて可哀想です。
持ち帰って観察するのはいいですけど、確かに最後まで面倒見るのとか大変。
やっぱりなかなか手が出せません。
| 尚 nao. | 2018/09/11 12:48 AM |