CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 蛙ぴょこぴょこ巳にょろにょろ | main | こんなもん食べてました >>
最後までチョウ盛り上がり!


永らくおつき合いいただいた沖縄旅行報告も、ついに最終日。この日は午前中のビーチコーミングから始まり。4月には歩いていない、こんな海岸も歩きましたよ。拾ったものは、こちらで


   

歩いている足元からサーッと走り去るのはミナミスナガニ。白っぽい砂に白っぽい体で見事に姿を隠しています。これがゴーストクラブと呼ばれる由縁でもありますね。





次に立ち寄った海岸では拾うものは何もありませんでしたが、サンゴの欠片がたくさん散らばっていたり、波が砂に幾重もの線模様を残していたりと、目を楽しませてくれました。


   


さて、コンビニでお昼のおにぎりを買い込んで、午後からは本部半島の八重岳に向かいます。まずは桜の森公園。カンヒザクラが咲いていないと何もない感じの公園ですが、芝地にはアオタテハモドキがひらひら。う〜ん、美しいです! ぎりぎりまでにじり寄って、ズームを使わず広角側いっぱいで狙います。どこまで寄ったら飛ぶか、チョウとの駆け引きが重要です(笑)




白いナガサキアゲハがここにもいました。花に来た時が一番のチャンス。やっぱりシャッター押しちゃいますよね。





そして、そして、白いナガサキアゲハ以上に憧れの存在だったこのチョウを、ついに撮影する瞬間が訪れました。日本最大のシロチョウ、ツマベニチョウです。このチョウ、いっつも高い場所を飛び回っていて、花に立ち寄るのもほんの一瞬。あっと言う間に飛び去ってしまうのです。ところが、この公園には花がほとんどないせいか、オス1羽、メス2羽が入れ替わり立ち替わり、このハイビスカスを訪れていたのです。とは言え、動きが忙しないのは相変わらずで、散々粘って何とか撮影することができましたよ。


   


桜の森公園を後にして、八重岳の上まで上ります。駐車場近くの草地にいっぱい咲いていたのは、タイワンヒヨドリバナモドキでしょうか。


   

こちらはサキシマフヨウをアップで。先島(宮古列島と八重山列島を合わせた呼び名)の名前がありますが、沖縄本島でもあちこちに咲いています。南西諸島に分布する和製のハイビスカスと言えますが、台湾にも分布しているそうです。白っぽい花やピンクの花が見られますよ。


   


こちらはイシガケチョウ。これも好きなチョウの1つです。この個体は死んでいる訳ではありません。八重岳の山頂近くでは非常に強い風が吹いていたため、まともに飛ぶことができず、駐車場のアスファルトの上で立ち往生していたのです。轢かれると危ないので救助して(手乗りイシガケチョウ 笑)、近くの藪に移動させてあげました。


   
   

山頂からは林道を使って下ります。4月にも通って、コノハチョウを目撃した林道です。やんばるにもたくさんありましたが、天気が悪くて撮影しなかったヒカゲヘゴ。沖縄の森にはやっぱりこれがないと物足りませんね。林縁などに生えるので、林道沿いでも多く見かけることができます。葉痕がたくさんついている幹も、おもしろい!





林道を下っている途中でも何種類かのチョウに出会えました。とは言え、撮影できたのは見かける機会の多いシロオビアゲハくらいでしたけどね。ツマムラサキマダラとかもいましたけど近寄れませんでした。下は、惜しい〜アサギマダラ。けっこうピントも来ていましたが、なんとフレームアウト〜!




残念ながらコノハチョウは出ませんでしたので、八重岳のトイレの飾り絵で(笑) 林道を下りた後は、名護から高速でまっすぐ那覇へ。こうして、今回の沖縄旅行は全ての予定が終了しました。いかがでしたでしょうか。このブログを見ていただき、少しでも沖縄の自然や動植物に興味を持っていただければ嬉しいです。自分も沖縄の自然の魅力を改めて認識させられました。さてと、次はいったいいつ行けるかな〜?



| 旅行・沖縄 | 10:20 | comments(4) | - | - | - |
アオタテハモドキは図鑑のものよりずっと鮮やかできれいです。
ツマベニチョウの白い翅にオレンジ色は際立って見えますね。赤いハイビスカスとのコントラストがいい!
イシガケチョウは初めて知りましたが、翅の幅が狭くて面白い形ですね。翅の角度でそう見えるのかと思いました。
アサギマダラ、惜しいですね!カメラで追っかけているのがわかります(笑)。リュキュウアサギマダラだけじゃなくアサギマダラも青っぽいのですね。
ほんとにチョウがいっぱい!次に行った時見つけられるかな(そんな予定はありませんが)?まずはこちらで十分南国気分を味わえました〜。
| hiyoco | 2017/12/24 12:46 AM |
hiyocoさん。

チョウの色は鱗粉で表現されてますから、
図鑑に使った標本の状態にもよるのかもしれませんね。
単純に写真技術か印刷技術の問題かもしれませんが…。
今回は季節的な関係か、比較的開けた環境が多かった関係か
昆虫はとにかくチョウが目立ちました。
それなりに大きいし、飛んでいて目立つというのもありますけどね。
hiyocoさんも、またぜひ沖縄家族旅行を企画してください。
hiyocoさんの目線はなかなか鋭いので、どんなものを見つけるか興味があります(笑)
| 尚 nao. | 2017/12/25 11:19 AM |
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

数年前、ヒカゲヘゴの幹が、めったに行かない海岸に漂着しているのを、大蛇かなんかが死んでると勘違いして、ひっくり返りそうなくらい驚いたことがあります。幹がうねっていて、ぱっと見、木には見えませんでした。

2017年はイシガケチョウの蛹を探して回ったりしました。対馬でも繁殖しているはず?と思うんですが、食草の検討のつけ方を間違っているのかもしれません。
| ふじねこ | 2018/01/03 12:32 AM |
ふじねこさん。

レスが遅くなって失礼しました。
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。
イシガケチョウは九州などでも見られますよね〜。
食草はクワ科ですから、イヌビワやオオイタビあたりが探しやすいのでしょうか。
今年もいろいろ変わったものをご報告できればと思います。
| 尚 nao. | 2018/01/07 10:08 PM |