SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 我微笑みて蟹と戯る | main | 晩秋の彩り >>
秋の恒例行事
   


この間の連休は、ここ数年、秋の恒例行事となっている地下生菌探し。まずは昨年やっと見つけることができたショウロ。今年は10日くらい早く出かけたのだけど、少しだけ顔を出していてくれました。ショウロはベージュっぽい色をしていて、地面に顔を出して空気に触れると赤茶色に変色してきます。同行していた同じ神奈川出身の仕事仲間Yさんは、3年越しで地元ショウロに初対面。良かったです。





さて、場所を変えて今度は和製トリュフのイボセイヨウショウロ。こちらは時期的には少々遅いかも…という感じです。発生場所に着くと、なにやら荒らされた様子。一部では話題になっている和製トリュフですから、マナーの悪い人が荒らしたか…。でも、それにしては状況がやけに酷いのです。周辺には昨年にはそれほど目立たなかったイノシシの足跡や食事跡がたくさん。トリュフ探しはブタを使うし、もしかしたらイノシシが食べたのかも? それでも、虫食い跡のある大きなのが3個残っていて、今回はそのうち状態が良い1個だけを持ち帰りました。


   

周辺を散策するとセミノハリセンボンが…。この森ではほかにも2個体ほど見つけていて、発生率の高い森です。


   

こちらはノウタケ。あともう少しで胞子を出すため、グズグズに崩れ出すはずです。若くて固いうちは食べられるそうですよ。


   
   

11月は時期的にはキノコはシーズン最終盤と言う感じで、あまりキノコらしいキノコはありませんでしたが、最後に立派なのが出ていました。全体にやたらささくれが目立つこれは、スギタケです。おもに朽ち木などに生えますが、地面下に埋もれた木片などからも生えるそうです。傘が広がる前の幼菌は、なにか京大寄り添うようで可愛らしいですね。キノコ類はもう少しいろいろ覚えたいと思っていますが、なかなかそこまで頭も体もまわりません。なんかもう覚えは悪いし、覚えたことはどんどん忘れていくし、年はとりたくな〜い(笑)



| 菌類・変形菌 | 21:30 | comments(2) | - | - | - |
え〜、イノシシいるんですか?出くわさないといいですね。
先日行った新林公園では、雨の翌々日だったのでキノコがいっぱい顔を出しているかと思いきや、ほとんど見なかったのはもう終わりだったのですね。
| hiyoco | 2017/11/09 3:03 PM |

hiyocoさん。

キノコは、8〜10月がシーズンでしょうかね。まだボチボチ出るものもあるとは思いますが。
県内、イノシシはかなり増えてますね。平塚や大磯などはかなり市街地近くまで来てるそうです。
三浦半島も誰かが放したらしいイノブタ?が増えているみたいで、
森戸川源流域あたりで目撃されたり、アライグマ用のワナに掛かったりしていると聞きました。
| 尚 nao. | 2017/11/09 6:22 PM |