SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 城 GUSUKU | main | いつもと違う貝拾い >>
那覇街漫ろ歩き


4月の沖縄旅行、初日は4時頃にホテルにチェックインして、その後、那覇の街中を散歩してみました。国際通りに出て市場本通りへ。公設市場を覗いて、アーケード街の奥の奥まで。しかし、なんたる変わりよう。沖縄っぽさが消えて俗っぽさが増した感じなのです。先日、ネットニュースで那覇の地元民の8割が国際通りで買い物をしない…というのが出ていましたが、まさにその通り。8割は中国人(たぶん台湾人、韓国人も含む)、2割弱がたまたま通り過ぎる日本人、残りが欧米人という感じ。写真は公設市場内の陳列。沖縄ではドン●ホーテよりも前から圧迫陳列なのですよ(笑)


   

   

壺屋への入り口周辺は昔の面影がなく、大通りにも新しいお店もずいぶん増えていました。まあ壺屋の良さは路地の奥にあるのですけどね。でも、ビンジュルグワー(壺屋の神様を祀る拝所)も趣が変わってしまった感じ。若い頃、ここに立ち寄って、ひとしきり物思いぬ耽ったこともあったんですけどね。今はそんな雰囲気じゃなかったです。それと周辺には可愛いネコがいっぱいいたのに、写真を撮らなかったのは失敗だったかも(黒猫ちゃんだけ撮ろうとして逃げられました)。


   

   

沖縄県の有形文化財である荒焼登り窯「南窯」。ここは一応、文化財だけにそれほど変わっていないようでしたが、隣の敷地が駐車場になっていて、やや興醒め(苦笑)でも、ちょうど沈み行く太陽の朱い光が差し込んで、良い雰囲気をつくり出してくれたのは嬉しかったな。放置されている甕が斜光線に染まって、その写真ばかり何枚も撮ってしまいました。那覇は大都市だけに、その姿がどんどん変わってしまうのは避けられないことなんでしょう。でも、次に行くときには、もっとディープな、古き良き那覇を探してみたいと思います。


| 旅行・沖縄 | 19:30 | comments(4) | - | - | - |
3月の旅行の際に、結局国際通りには行かなかったけど、それは正解だったのかな?でも市場は一度は行ってみたい気もします。
ところで壺屋とは?窯元ですか?何軒かあるのかな?焼き物をさえも飲み込むガジュマルの根がいいですね!見上げた角度がさらに迫力倍増です。
| hiyoco | 2017/05/25 12:48 PM |

hiyocoさん。

う〜ん、観光用の通りとしては間違っていない部分もあるんですが
昔の少し野暮ったい感じというか、沖縄っぽさが薄れてしまったのが残念です。
昔からのお店で残っているところもあるし、お土産買うだけなら問題ないかも。
特に、4月は日本の観光シーズンではないので、海外からの人が特に目立ったせいもあると思います。

壺屋は、琉球王朝時代に御用窯などが集められた街です。
現在では窯元は少ししか残っていないですが、
大通り(といっても大きくない)には、やちむん(焼き物)を売るお店が並んでいます。
南釜はその一角にありますよ。
| 尚 nao. | 2017/05/26 12:18 AM |

埋め込まれた陶片、どれもよいですね^^
壺屋も行ってみたい♪
沖縄程ではないにしても、観光地はどこも似たような状況ですね。
もう慣れましたけど、家の近所でさえ様々な言語が飛び交っています。
| sato | 2017/05/26 8:04 PM |

satoさん。

壺屋、路地を当て所なく歩くのがいいですよ。
陶片が埋め込まれているのも、路地に入ったところです。
外国に人に日本を楽しんでもらうのは良いのですけど
人ばかり多くなると、それはそれでちょっと…と思いますね。
前に秋の京都に行った時もすごかったです。

| 尚 nao. | 2017/05/27 2:03 AM |