SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 大盤振る舞い | main | 猫の目 >>
ダンゴはいずこ?


う〜ん、どうしたことか。あの海藻の状況が酷かった昨季さえ、いることはいたのだ。それが今年はまったく見かけないダンゴウオ。同じ三浦半島の別の磯では見られているようだけど、どうも今季は芳しくない。しかも、今回は今までで一番、生きものが薄かった…。ウミウシもいるのはいつものジミーズ(写真はサンシキウミウシ)やホウズキフシエラガイ、ムカデミノウミウシばかり。相変わらず1匹だけ、サキシマミノウミウシがずっと同じ場所で頑張ってるけどね。





前回に引き続いて出たメリベウミウシ(たぶんヒメメリベ)。さいずは10センチはあるのだけど、見事な擬態。前回見ていたからか、体の形がパッと判別できたけど、普通はなかなか気がつかないな。2枚目は頭の部分を拡大してみたんだけど、それでもよくわからないね(笑)




ちょっと良かったなと思ったのは、これ。貝の仲間であることや、ウミウシでないことはすぐにわかった。でも思いつかない。調べてみたら、ベッコウタマガイだった。薄い貝殻を持つ巻き貝の一種だけど、貝殻は軟体部に埋もれて見えない。しかも、その軟体部には藻が生えたように見える部分があって、擬態効果も抜群。なかなかおもしろい生きものだ。この仲間の貝殻は、海岸に打ち上がる細かい海藻屑の中でまれに見つかるよ。さて、例年だと来月以降は夜の潮の引きが悪くなるので、今月で冬の夜観はお終い。でも、なんだか不完全燃焼気味。あと一回やってみるかな〜。


| 海の生きもの | 19:50 | comments(4) | - | - | - |
またダンゴちゃんに振られましたか(笑)。
メリベウミウシは何度見ても馴染めません。変すぎる!
オレンジが鮮やかですね、ベッコウタマガイ!初耳です。軟体部しか見えないんですね。殻は薄くてきれいですね〜。学研の図鑑にはベッコウタマガイ科はハナズトガイとキシュウベッコウタマガイの2種だけが載っていて、ベッコウタマガイが載っていませんでした。
| hiyoco | 2017/03/02 1:07 AM |

ダンゴウオ、残念でしたね。
メリベウミウシは拡大写真でもよくわかりませんけど、それなりに面白いです(笑)
磯観察は難しくても、打ち上げられた海藻の中を探してみるのは有りかもしれませんね♪
| sato | 2017/03/02 9:05 PM |

hiyocoさん。

ダメでしたね〜。場所を変えれば…というのもあるのですが
やはり慣れたところで継続的に見ていきたいので。残念でした。
ベッコウタマガイの仲間、資料が少ないですね。
やはり日本海産貝類を見るしかないでしょうか(持ってないけど)。
この仲間の貝殻も拾っているのですが、種類が同定できません。
キシュウベッコウタマガイは軟体部が綺麗な感じですね。
| 尚 nao. | 2017/03/02 10:23 PM |

satoさん。

ダンゴ、まったく発見できないのは何年ぶりでしょうか。
もう1回やるか、来期に期待するか…くやしいです。
メリベウミウシ、この広がった口をさらに大きく広げて
小さな甲殻類などを包み込むようにして捕食します。
ホント変なヤツです。
海藻の打ち上げ時は楽しめていますが、ダンゴと、
あと青磁の方はちょっとイマイチな感じです〜。
| 尚 nao. | 2017/03/02 10:49 PM |