SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 錦の片鱗 | main | ダンゴはいずこ? >>
大盤振る舞い


今週の月曜日は台風のような強風が吹き荒れた。翌、火曜日の夕方、潮が引くのに合わせて鎌倉の材木座海岸へ。すると案の定、一部に大量の打ち上げ物が。今季は昨季に比べると海藻の生育も回復してきていて、アカモクなどの切れ端がたくさん打ち上がっている。もちろん、不運な海の生きものたちも大漁…。





貝類はとにかく二枚貝類がいろいろ。目立ったのは色が鮮やかなトリガイやアリソガイの幼貝。ワスレガイやチョウセンハマグリなんかもちらほら。でも意外とバカガイは少なかったような。写真上は巨大なアリソガイ成貝で、生きているのが何個か。下はこちらも生きていたサルボウ。小さなものでは、チヨノハナガイやサクラガイの生きたのも見かけた。二枚貝にもう少し詳しいと、もっと楽しめたかな。


   


ヒトデも大漁。種類も豊富で、モミジガイ、ヒラモミジガイ、トゲモミジガイ、スナヒトデ、アカヒトデがごしゃごしゃ。そして海藻にまみれて、エイリアンのフェイスハガーみたいな巨大なヤツデスナヒトデも。これ、腕をちゃんと伸ばしたら50センチちかくあったよ…。





柔らかいもので目立ったのはマナマコ。大きなサイズがゴロゴロ打ち上がって、アメフラシとナマコとでごっちゃごちゃ。海藻が打ち上がるとワカメ拾いの人がたくさん集まるけど、誰一人ナマコを持ち帰る人はいないんだよね(まあ自分もだけど)。これ、お酒飲む人にはいい肴になりそうだけどね。マジ売れるサイズなんだけど…。そして、やはり海が荒れた時の定番、ウミサボテンも発見。


   


ちっと変わったところでは(というか赤いものは?)…上の写真は正体不明のにニョロ。長さ10センチくらい。脚とかないのでゴカイ類ではないし、ユムシ類ともちょっと違う。もしかしたら、これもナマコの一種かな? 夕陽を浴びてはいるけど、赤くて綺麗だった。そして下の写真は赤いエボシガイ。体も柔らかいのだ。調べてみるとウミエラに寄生するオオウスエボシガイだね。これは初めて見たよ。





そして堅いもの。生きものとは言っても残骸。上は昔に海岸に埋められたであろう馬の脚の骨だね。江戸時代か、もっと遡るのか…。以前は、馬の歯と一緒によく打ち上がったけど、最近は少ないな。下はウミガメの甲羅の一部だね。他にも少し骨があったけど、もしかしたら過去に打ち上がって、海岸に埋められていたものが流出したのかも。骨ではほかに定番の海鳥の骨、頭骨もあったし、骨格という意味ではウニの殻も(中身入りも)たくさんあった。そちらは「hiroimono」で紹介するかも。もうとにかく、時間が経つのを忘れるくらい、夢中になって漁っちゃったよ。打ち上げ物は普通の人から見たらただのゴミなんだろうけれど、ビーチコーマーや生きもの好きにとっては正に宝の山だね!


| 海の生きもの | 18:50 | comments(8) | - | - | - |
すごいです!海の荒れが凄かったのですか?どの写真も見ごたえあります!
| ろっかく | 2017/02/24 8:41 PM |

はぁ、ため息が出るほど羨ましい〜。大興奮ですね!ヒトデで直径50cmって巨大ですねー。ウミエラに付くエボシガイがあるんだ。今度ウミエラ見た時に注意して見てみます。
材木座は種類が豊富で楽しいですね!今度風が吹いたら行ってみようかな。でももうさすがに嵐はこないか?
| hiyoco | 2017/02/24 9:50 PM |

お〜 スゴイ!
これはワクワクする光景ですね〜!
浜辺に見える人達は、海藻拾いの方たちでしょうか?
でもこんなに立派な二枚貝が打ち上げられているのなら、貝狙いの人もたくさんいるのでしょうね。(^^)
| 渚の探偵:助手 | 2017/02/24 10:01 PM |

ろっかくさん。

当日の海の状況は見ていませんが、ホント台風並に風が吹いたので、すごかったと思います。
海藻が打ち上がっていたのは、海岸の一部だけですが
それでも十分すぎるほどでした。
| 尚 nao. | 2017/02/25 1:40 PM |

hiyocoさん。

ヒトデは多かったですよ。目立つのは青灰色のモミジガイや赤いアカヒトデですが
海藻に埋もれてスナヒトデの千切れた残骸がたくさん…。
ヤツデスナヒトデは以前にも見てますが、これはデカかったです。
エボシガイは、けっこう宿主を限定する種類がいるんですよね。
オオウスエボシガイは写真では見ていましたが、初だったので嬉しかったです。

鎌倉の場合、風向きによって材木座と由比ヶ浜で打ち上げ状態が変わりますね。
そう単純ではないでしょうけれど、
方角的にはより西風なら材木座、より南風なら由比ヶ浜なのかな?
| 尚 nao. | 2017/02/25 1:45 PM |

渚の探偵:助手さん。

今年は海藻の生育もまあまあなので、打ち上げ物も多い感じでした。
集まってきている人は、多くはワカメ拾いの人ですね。
その中に混じって、数人、貝殻を拾う人がいる…という感じです。
ただ貝殻自体は、荒れた数日後に細かいものが寄る時の方が
面白いものが見つかりそうな感じはします。
| 尚 nao. | 2017/02/25 1:49 PM |

打ち上げられた生き物たちは気の毒ですけど、
ほんとにワクワクする光景ですね!
生きたアリソガイの成貝は迫力ありそう♪
サクラガイやウミサボテンも見てみたいです。
珍しいエボシガイもいるのですね〜。
これからの時季、たまにこちらでも似た光景が見られるので期待してしまいます^^
| sato | 2017/03/02 8:48 PM |

satoさん。

打ち上げられると、ほとんどの生きものは助かりませんからね。
でも、普段なかなか見かけない生きものが見られるのは楽しいです。
アリソガイはホント立派でした。こんなのがいるのだと。
紫色の幼貝の貝殻もたくさん打ち上がっていましたね。
これから、春に向けて強い南風が吹くことがあるので、
そういうときは何とか海へ足を運ぼうと思います。
| 尚 nao. | 2017/03/02 10:19 PM |