SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 空振り | main | 魚には瞼がない >>
がんばれ花丸雪


昨年末と先月、ともに28日の夜磯から、ウミウシ以外の生きものたち。けっこう目立っていたのが、小さなウミシダの子供たち。写真では見づらいけど、左の赤いのと、右に黒いのがいる。ほかにも白いのも見かけたし、特に先月は多かった。どちらも前日や前々日に海が荒れたので、波に流されてきたのかも?


   


そして、年末にはまだ見かけたホシキヌタ。でも先月には見かけなかった。温帯域の種類だし、深場に移動したのだろう。その代わりに見つけたのがハナマルユキ。しかし南方系の種類だけに、とりあえず岩に貼り付いてはいたものの、外套膜を広げる元気は既に失われている感じ。大抵、2月頃の磯にはフレッシュデッドなハナマルユキやキイロダカラ、ハナビラダカラの貝殻を見かける。この子も時間の問題かもしれないけど、今年はまだ水温が高めのはずだから頑張れ! ちなみにメダカラガイの皆さんは、あちこちで元気いっぱいな感じだったよ(笑)





昨年末は何匹も登場してくれたマダコ。季節を問わずレギュラーだけど、動きがあるし表情もあるし、ついつい撮ってしまう。今回もなかなかのポーズを決めてくれた。くるくる巻いた腕がおもしろいね。



| 海の生きもの | 18:30 | comments(6) | - | - | - |
海中のこうした生き物を見る機会は滅多に無いので、どの写真も興味深いです♪
打ち上げられるタカラガイの仲間は、こうやって弱っていくのですね〜。
タコは頭も良さそうなので、カメラを意識してくれたのかも知れませんね(笑)
| sato | 2017/02/02 8:45 PM |

ハナマルユキは三浦半島でたくさん拾ったことがあるけどホシキヌタはまともなものは拾ったことがないので、てっきりハナマルユキは温帯系、ホシキヌタは南方系だと思ってましたが逆なのですねー。久々にタカラガイの図鑑を引っ張り出し分布図を確認しちゃいましたよ。
ウミシダいろんな色があるんですね。
| hiyoco | 2017/02/03 12:00 AM |

satoさん。

タカラガイ、毎冬こうして生死のドラマが繰り広げられます。
でも今季はちょっと数が少ない感じがしますね〜。
タコは実際、かなり頭がいいようです。記憶力も強いみたいですし。
目も良いので、こちらもかなり観察されているはずです。
| 尚 nao. | 2017/02/03 9:43 AM |

hiyocoさん。

ホシキヌタとハナマルユキ、確かにハナマルユキの方が拾いやすいですね。
ホシキヌタは潮間帯にはあまりいないせいもあるとおもいます。
ハナマルユキとキイロダカラは、年によって大量に拾えることがありますね。
ただ、その後は数が減ってしまうので、寂しかったりします。
何年か前にどちらもかなり拾えたのですが、ここ数年少なめで推移している感じかも。
| 尚 nao. | 2017/02/03 9:46 AM |

こちらではまず見られない光景ですね。干満もないし今はなにより波もあって寒いのでタコもきっとどこかの穴ぐらで寝ているのかな・・・^^
| kin | 2017/02/05 9:08 PM |

kinさん。

日本海はまったく違いますからね。
それでも太平洋側ではまず見られないアオイガイなど
おもしろい生きものがいっぱいいます。
そんな生きものたちを楽しんで、またブログで見せてくださいね〜。
| 尚 nao. | 2017/02/06 10:51 PM |