SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 季節ごちゃごちゃ | main | がんばれ花丸雪 >>
空振り
   

すっかりサボってましたが、久々更新。さて、昨年末の28日と、そしてお月様が一巡りした昨晩、新月の大潮に磯の夜観に行ってきた。狙いはもちろんダンゴウオなのだけど、ウミウシの写真から始まることで察せられる通り、本命は空振りだった。昨年に比べて海藻の生育は良いものの、ダンゴウオが隠れるようなワカメやオオバモク、ウミウチワなどがまだほとんどなく、潮間帯はちょっと厳しい感じ。写真は前回の夜観報告でも載せたコノハミドリガイ。


   



生きものはまあいるものの、別段珍しいものが出る訳でもなく…。いるものと言えば、どんどん数が増えてきたムカデミノウミウシに、今季はとても多いサキシマミノウミウシ。登場回数は多くないものの、まあ定番のダイダイウミウシ。


   



そして、サンシキウミウシ、ツヅレウミウシ、ネズミウミウシの、ジミー(地味)ブラザーズ。そのほか写真ミスったマダラウミウシに、完全スルーで写真もないホオズキフシエラガイとクモガタウミウシ。


   

数が増えてきたものと言えば、アメフラシ類。ノーマルアメフラシに、まだ小さいミドリアメフラシ、そしてクロヘリアメフラシもあちこちに。写真は交接中のクロヘリアメフラシをデバガメ(笑)


   


新顔は1種類。とは言っても毎冬登場するユビウミウシ。昨晩は大小、何個体か見つかった。今まであんまり良い写真が撮れてなかったので、なんかこればっかりシャッター押してた感じだった。冬場はウミウシ・シーズンと言えるのだけど、環境の厳しい潮間帯では、定番ばかりでなかなか新顔は出てきてくれないな〜。また次に期待しよう。


| 海の生きもの・貝ウミウシ | 19:10 | comments(2) | - | - | - |
お目当てのダンゴウオは見つからなかったんですね。でもウミウシ大量(笑)。ダイダイウミウシは白い網目模様が面白いですね。
クロヘリアメフラシ懐かしい!江の島ではノーマルアメフラシさえ見かけませんでした。
| hiyoco | 2017/01/29 11:00 PM |

hiyocoさん。

残念ながらダメでした。
それぞれ違う場所で観察している知り合いがいるのですが
やっぱり今回の大潮では皆、空振りだったようです。
ウミウシ類、海に潜ると今の時期はかなりいろいろいるようですが
潮間帯の磯ではこれくらいですかね。見つける目の問題かもしれませんが。
アメフラシ類も、まだ浅いところには少ないです。
いたところは潮間帯の一番低い方でしたね。
| 尚 nao. | 2017/01/30 11:56 PM |