CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 冬の夜磯でウミウシ | main | 2016年最後の天空写真館 >>
寝姿拝見(笑)



夜の磯では、ほとんどの魚がタイドプールの底や岩の陰で眠っている。最初の写真はスズメダイの仲間で、オヤビッチャの幼魚。南方系で、伊豆半島の先などでは成魚サイズが見られるけれど、相模湾では繁殖していないんじゃないかな? このように、南方から幼魚などが流れて来て、越冬できずに死んでしまう魚を、死滅回遊魚というよ。





次は、タイドプールには不相応な、食べられるサイズのクジメ。タイドプールでは、それほど大きなサイズの魚を見ることはないので、たまにこういうのに出会えると嬉しくなる。その下は赤褐色が鮮やかなオビアナハゼ。普通に見かけるアナハゼは地味な色合いなので、この色彩はちょっと新鮮。





月頭の夜磯で目玉となった魚は、こちら。小さな写真だとよくわからないと思うけれど、ヨウジウオの一種だ。ヨウジウオというのは、タツノオトシゴの遠縁みたいな魚で、詳しい人に聞いたところ、おそらくボウヨウジという種類ではないかとのこと。他の地域のタイドプールでヨウジウオの仲間を見たことはあるけど、地元では初めてだったので感激だったよ。このほかにも常連のハオコゼ、アゴハゼやクモハゼなどのハゼ類、キヌバリ、ゴンズイ幼魚、ギンポの仲間などいろいろな魚が見られた。あとはダンゴウオが出るのを待つばかり(笑)


| 海の生きもの・魚 | 18:10 | comments(2) | - | - | - |
私にもどれも保護色に見えますが、よく見つけられますね〜。みんな光を当てても逃げないのですか?
| hiyoco | 2016/12/26 11:07 PM |
hiyocoさん。

夜の魚は、昼間に比べて地味な色彩に変化しているものが多いです。
でも、タイドプールが浅いので、けっこう見つけられますよ。
また、ライトで照らすくらいでは、あまり逃げません。
ただフラッシュは強烈なのか、写真2枚くらい撮ると逃げちゃいます。
パッと逃げていなくなるものや、寝ぼけた感じでウロウロするものもいて
その様子を見ているのも、申し訳ないけどおもしろいです(笑)
| 尚 nao. | 2016/12/27 1:07 AM |