CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< プチ遠征報告…生きもの編 | main | 秋の天空写真館1 >>
プチ遠征報告…種子果実編
   

神栖市波崎海岸へのプチ遠征、拾わなかったものの種子果実編。今回はもうとにかく海岸線がオニグルミだらけ。おそらく利根川から流れてきたものだろうけど、どんだけ〜? というくらい大量だった。マジ売るほどあった。最初は変わった形のを拾っていたのだけど、途中から収拾つかなくなりそうだったので拾うの諦めた。山からのものは他に少しだけトチの実とブナの殻斗も混じっていたよ。


   


定番中の定番、ココヤシとゴバンノアシはそこそこの数が漂着していた。ココヤシはご覧のような表皮付き状態のものから、ボロボロになったものまでさまざま。ゴバンノアシの方も大小織り交ぜて、中には五角形のものも混じっていたよ。




その他の種子果実は、ミフクラギは写真のこれ1個。ほかに定番のモモタマナはボロボロのが2個くらいあっただけ。ククイノキも2個(うち1個は割れ)で写真も撮らず。テリハボク、サキシマスオウノキ、サガリバナは見かけず、Shigeさんが「今年は多いよ〜」と言っていたニッパヤシもなかった。全般、南方ものはとても少ない印象だったな。





そんな中、お久しぶりのこれ。ホウガンヒルギが1個だけ見つかった。ひっくり返すと、中身はボロウチワフナクイムシに乗っ取られていた。棲管がもっと残っていれば持ち帰ったけど、その棲管も抜け落ちてスカスカ。これじゃあ写真だけだね〜。残念!




最後は不明の果実。長径が10センチ弱くらいの楕円形だ。内果が、繊維質の内果皮?に覆われているので、雰囲気はヤシ科の果実っぽいのだけど…。やっぱ持ち帰れば良かったかな。前にもこんなようなの見かけたことがある気がするけど、沖縄とかでは見たことないし、海流散布型の植物ではないんだと思う。さて、日和でのプチ遠征報告はこれでおしまいだよ。あとはhiroimonoをお楽しみに。


| 海歩き | 20:30 | comments(12) | - | - | - |
クルミ多過ぎですね!テレビで「うちの子は、クルミは海に生るんだと思っていました」と新潟の海辺のお母さんが話していましたが、そう思っちゃうかも!
ホウガンヒルギって特徴なくて見逃がしそうに見えますが、そんなことはないのですか?
| hiyoco | 2016/11/04 11:27 PM |
hiyocoさん。

ホントすごかったです、クルミ。この写真だけじゃ、あの凄さは伝わらないな〜。
写真に撮ると、どうしてもまばらに見えてしまうんですよね。
でも、目に写る光景はもうクルミクルミクルミ…でした(笑)

ホウガンヒルギ、知らない人には何だかわからないでしょうね。
でも一度実物を見れば、けっこう独特の質感なので
次からはけっこうわかるんじゃないかと思います。
| 尚 nao. | 2016/11/05 12:32 AM |
海豆も含めて色々な種子が漂着していたのですね!
こちらではココヤシはぽつぽつ見るようになりましたが、それ以外はやはりさっぱり・・・。
先日、北海道博物館の漂着物展でミフクラギの実物を初めて見ましたが、結構大きかったのでこれは見逃さないかな〜と思いました。
ククイノキはクルミに似ていると聞きますが、結構違う物でしょうか??
| arisuabu | 2016/11/05 10:17 AM |
いろいろありますね〜^^ こちらもクルミが多くなってきました。落ちているのは当たり前と思っていたのですが知り合いもクルミが浜に落ちていることを知らない人のほうが多いです。他のモノはまだ来てません・・・・
| kin | 2016/11/05 8:23 PM |
arisuabuさん。

写真で並べるとあれですが、実際はココヤシとゴバンノアシ以外は1個あるか…
というレベルだったので、気持ち的には何もなかった感じです(笑)
ミフクラギはこちらでもそれほど多くないです。
繊維質が発達して漂流能力は高そうなんですけどね。
ククイノキは、沖縄で初めて見た時は「なんでクルミが?」と思いました。
大きさと、全体のシルエット、凸凹具合が似ているんです。
でもクルミのような接合部がないこと、色が黒いことで見分けられますよ。
| 尚 nao. | 2016/11/05 10:38 PM |
kinさん。

多くの人は知りませんが、クルミは立派な水流散布植物ですからね!
流れ流れて海に来るのが当たり前なんですけどね〜。
まあおそらく、川岸に生えていてもわからないのでしょうし
単純にクルミ=山と思い込んでいるだけなんでしょう。
11月になりましたが、そちらはまだまだですか?
あとでドーンと来るのではないでしょうか(笑)
| 尚 nao. | 2016/11/05 10:41 PM |
いや〜自分には・・難しい名前ばかりです。
植物達の種まきの知恵なんですね。
| YACCHI | 2016/11/06 4:14 PM |
YACCHIさん。

これらの植物は日本でも沖縄などにしか分布していない南方系植物です。
海岸近くに生育し、種子散布に水流や海流を利用するものが多いんです。
植物好きなら、こちらの世界にもきっと興味が出てくると思いますよ(笑)
| 尚 nao. | 2016/11/06 8:05 PM |
尚さん、こんばんは
最後の不明の果実は、たぶんゴバンノアシの種子ですよ。
こちらは、ゴバンノアシだけは多かったですが、他の漂着種子・果実はそんなに多くはなかったです。
| 渚の探偵:助手 | 2016/11/08 8:36 PM |
渚の探偵:助手さん。

おお、もしかして剥けすぎたゴバンノアシですか?
確かにヤシ類にしては、内部が脆そうな感じだったんですよね。
ゴバンノアシも含め、いろいろ剥いてみないといけませんね〜。
もし今度沖縄に行く機会があれば、剥き剥きする用の種子果実を確保してこなきゃ(笑)
| 尚 nao. | 2016/11/08 11:15 PM |
大きさが10センチ弱ということなので、少し大きいような気もしますが、かなりエージングの進んだ、ゴバンノアシの果実の中身(種子)によく似ています。
ゴバンノアシの種子、フレッシュなものですが、私のブログにありますので、ちょっとのぞいてみてください。
http://welcame.exblog.jp/13724432/
| 渚の探偵:助手 | 2016/11/08 11:45 PM |
渚の探偵:助手さん。

早速、拝見してきました。
いやぁ、さすがですね!この探求心にはいつも恐れ入ります。
ゴバンノアシの種子に間違いないですね!
ありがとうございます。
自分はいつも中途半端なところで、あと一歩の突っ込みが足りないので
これからもいろいろ教えてください(←自分でやる気はないのか? 笑)
| 尚 nao. | 2016/11/09 12:39 AM |