SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 知らない道へ2 | main | プチ遠征報告…種子果実編 >>
プチ遠征報告…生きもの編
   

姉妹ブログ「hiroimono」で既に公開しているように、先週に千葉の銚子市および茨城の神栖市方面にプチ遠征してきた。こちらでは拾っていないものを紹介しよう。今回は生きもの編。最初の写真はガンギエイ(カスベ)類の卵囊。これは地元でもけっこう出るので拾わなかったけど、1個だけトラザメの卵囊があったので拾ってきた。





こちらは海酸漿(巻き貝の卵囊)。ちょっと細身だけどテングニシのグンバイホオズキが一番近いかな。中で孵化した幼体が抜け出た穴が空いていた。ちょっと悩んだけど持ち帰らず。まあ地元でも出会うしね。


   


沖ものも登場。いつぞや紹介したイボショウジンガニと同じように、まるで砂浜に打ち上げられたそのままのような姿で干涸らびていたオキナガレガニ。干涸らびてると、歩脚の縁にある毛がよくわかるね。遊泳脚を持たないオキナガレガニは、平たい歩脚とこの毛が泳ぐために重要な役割を果たしているんだ。


   


次は大物。やはり千葉に来ると出会う確率が上がる漂着ウミガメ。上がアカウミガメで、下がアオウミガメだ。どちらもサイズ的に若い個体だろう。カメフジツボは付いてなかった。漂着ウミガメはこのほかにもう1体あったけれど、ほぼ同じような状態だったので写真は撮らず。





そして海鳥。コアホウドリなどの大物はおらず、見かけたのはオオミズナギドリと思われるものばかり。場所が場所だけに変なミズナギドリがあってもおかしくはないけれど、ただでさえ識別は難しいのに砂に埋もれた死体ではどうにもならず。死体ばかり続いたので、最後は生きてるのを(笑) カモメ類、ミユビシギもいた中で、こちらはハマシギ冬羽かな。波打ち際ではなく、水路からの水が溜まったところにいたよ。


| 海の生きもの | 09:00 | comments(10) | - | - | - |
外洋モノ、フルセット・・・って感じで出ていますね。
| Shige | 2016/10/29 11:44 PM |

テングニシの卵のうにしてはほっそりですが、質感としてはそのものですね。
パッと見でヒライソガニ?と思っても、脚の平たい感じと毛でオキナガレガニだとわかりますね〜。
| hiyoco | 2016/10/29 11:55 PM |

Shigeさん。

拾うものが少なくても、こういうのがあれば、けっこう楽しめますよね。
もう少し意外なものが出てほしかったですけど、それは贅沢か…(笑)
| 尚 nao. | 2016/10/30 4:57 PM |

hiyocoさん。

貝の卵&#22218;、そうなんですよね。ぴったりとくるものが見つからなくて…。
まあ、あの連中の近縁種なんでしょうけれど。
オキナガレガニは、のっぺりとした甲羅とその前縁(目と目の間)
そして歩脚と毛で見分けがつきますね〜。
| 尚 nao. | 2016/10/30 4:59 PM |

生きものもいろいろなのが来ているのですね。これからはこっちにシフトのはずですが今年は遅いです・・・・
| kin | 2016/10/30 7:18 PM |

kinさん。

この場所は思いっ切り外洋に面していますし、
発電風車も立ち並ぶ海風の強いところです。
なのでけっこういろいろなものが打ち上がりますね。
利根川もすぐそばなので、川や山由来のものも多いですが。
そちらは遅れている感じですか?
でも、これから本格的になるでしょうから、きっといいもの来ますよ!
| 尚 nao. | 2016/10/30 8:43 PM |

オキナガレガ二の特徴と、アカウミガメとアオウミガメの違いが、これでよく判りました^^
| sato | 2016/10/30 9:28 PM |

satoさん。

アカウミガメ、上めから撮った写真があったのですが、
そっちの方がもっとわかりやすかったかも。
基本的には甲羅の肋甲板の数(アカ5枚、アオ4枚)と
アカウミガメの方が頭が大きいことで見分けられます。

オキナガレガニは、基本的には漂着物に付いています。
特にエボシガイの付いた人工物にいることが多いですよ。
| 尚 nao. | 2016/10/30 11:38 PM |

お世話になります。
海岸の拾い物楽しそうですね♪
いろいろ拾って調べて自分のものにしていくのでしょう!!
いろいろ勉強させてもらっております。

| YACCHI | 2016/11/01 11:06 AM |

YACCHIさん。

おもしろいですよ〜!
海の生きもの…しかも変わり者が対象だったりしますし
漂着種子は植物好きにとっても興味深いものです。
こんなことしていて、花探しの方はしっかりと行けてません。
先日お会いした時のように、1つだけ確認〜とかそんな感じです。
そろそろじっくりゆっくり花を見に行きたいと思ってます(笑)
| 尚 nao. | 2016/11/01 8:48 PM |