SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< ピンクとオレンジ | main | 弱天麻 nayotenma >>
青い柳に藤の花


昨年の梅雨は前半雨続きだったけれど、今年の梅雨は今のところやや晴れが多い感じ。今回の写真はみな梅雨入り前に撮ったもの。5月末のある日、この日はなぜかアサリが波打ち際に。でも弱ってる感じで砂吐きとかできなさそうなので、持ち帰らず(口の中で「ジャリッ」とするのが嫌なんだもん)。



   


潮の引いた海岸を歩いていると、妙な出っ張りを発見。何かいるぞ…。“その瞬間”は撮れなかったけど、水をぴゅ〜と吐き出したりする。正体バレバレだけど、砂から出てきたのはバカガイだ。このあたりにはけっこう多くて、打ち上がった貝殻がみんなバカガイだったりすることも。江戸前寿司の「アオヤギ(青柳)」はこのバカガイのこと。


   


そして潮が引いた時の水の流れ道に、大量のフジノハナガイが…。こういう光景はよくあるのだけど、ここまで数が多いのは初めて見たかも。ザックザックとすごい触り心地(笑) これらの貝はもちろんみな生きている。もっとも、このまま強い陽射しに晒され続けたら、何割かはお陀仏だとは思うけどね。





このフジノハナガイは、波が来る一瞬前に砂の中から“”ブワッと湧き上がるように姿を見せ、波に乗って移動するとその場所で砂に潜る…という「波乗り」行動を繰り返す。まるでお尻を振るように貝殻を揺らして砂に潜っていく様子が、なんとも可愛らしい。それに海に遊びに来た人たちが、波打ち際でこのフジノハナガイに驚いているのがなかなか微笑ましいのだ。




最後はおまけ。GW連休過ぎから梅雨入り前くらいは、ツメタガイの卵囊「砂茶碗」もたくさん打ち上がっていた。こちらではこの時期がピークだけど、夏の間いったん休んで秋にもう一度小さなピークがあるよ。

| 海の生きもの・貝ウミウシ | 20:10 | comments(10) | - | - | - |
バカガイ…、先月ある干潟で掘ってきました。砂だらけでしたが、なんとか食べました(^_^;)

関東の方では、『アオヤギ』と呼ぶ方が一般的ですか?
| &oh | 2016/06/15 9:26 PM |

フジノハナガイ、もの凄いですね!
鎌倉では結構コレを見るのが楽しみでした。
波が引くと「わー!きゃー!」とか言って大騒ぎして潜っている
みたいで、結構いつまでも見ていて気持ち悪くなってきたり(笑)
| よ〜かん | 2016/06/15 9:51 PM |

大量のフジノハナガイ!壮観ですね!!
「波乗り」見物も大好きですけど、
これだけいると砂に潜れないのも無理はないですね〜。

バカガイの様子も面白いですね^^
この殻の色以外にもバリエーションはありますか?
| sato | 2016/06/15 10:31 PM |

バカガイの貝殻は山ほど見ますが、中身入りは滅多に出会わないし、砂に埋もれている様子は一度も見たことありません。かなりはみ出して不器用そうですねぇ(笑)。
そちらでは砂茶碗たくさん打ち上がったんですね。鵠沼海岸ではまだほとんど見てません。去年は6月末に押し寄せたけど今年はどうでしょう?そもそもツメタガイの殻が最近少ないです。
| hiyoco | 2016/06/16 11:07 PM |

フジノハナガイがザクザク!
すごい光景ですね〜 こんなの初めて見ました。
徳島ではフジノハナガイが生息しているのは瀬戸内側で、太平洋側にはほとんどいません。
| 渚の探偵:助手 | 2016/06/16 11:40 PM |

&ohさん。

バカガイはバカガイですね。青柳はあくまで食材としての呼び名になります。
まあ、そのあたり混同している人は多いとは思いますが(笑)
貝は…やっぱり砂抜きしてあるのがいいです〜。
| 尚 nao. | 2016/06/17 9:37 PM |

よ〜かんさん。

フジノハナガイの波乗り、見ていてホント楽しいですよね。
今回の写真を撮った時も、一人で波打ち際をウロウロ。
実際に撮影する時はかなりのローアングルで、波が来れば慌てて逃げて…
端から見たらマジで変な人だったと思います(笑)
| 尚 nao. | 2016/06/17 9:40 PM |

satoさん。

大量のフジノハナガイ、こういう状態はかなり潮が引いた時ですし
砂も少し堅くしまってますし、潜ろうにも他の個体が邪魔でどうにもならない感じでしょう。
バカガイは、もう少し白っぽい感じや、肋が弱い感じのが多いです。
| 尚 nao. | 2016/06/17 9:43 PM |

hiyocoさん。

バカガイ、こういう状態で見るのはやっぱり珍しいです。
でもたまにありますね。ワスレガイとかも見たことありますよ。
海が荒れた後はサルボウも多いですが、こういう状態では見てませんね。
ツメタガイは姿はあまり見かけませんが、砂茶碗は多かったです。
以前、潮が引いた砂浜をシャベルで掘ったら、すぐにツメタガイが出てきました。
生きてるツメタガイは見ていておもしろいです。
| 尚 nao. | 2016/06/17 9:46 PM |

渚の探偵:助手さん。

すごいでしょう?(笑)
でも普段は溜まっていてもせいぜい、今回の何分の1かです。
これほど溜まっていたのは初めて見ました。
それにしても、そちらでは太平洋側にいないんですね?
波の強さとか、水温とかが関係あるのでしょうか。
でもそちらはナミノコガイがこちらよりたくさんいそうですね。
| 尚 nao. | 2016/06/17 9:48 PM |