CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
<< 春の花便り | main | 瑠璃立羽 >>
春の海便り・4月
   

またまた後追い記事ですが、海辺の方の話題もアップしときま〜す。今年の(自分的)初鰹は4月18日。3月から4月はアカクラゲやミズクラゲが目立つんだけど、今年は少ないな〜と思っていたらカツオノエボシが来てたよ。カツオノエボシが目立つのは5〜6月で、4月にまとまった数が見られるのは少し早い印象だな。




エボシもん…エボシガイ付きの漂流物もけっこう来ていたよ。エボシ付き中国浮き、特に青色紡錘タイプは目立ってた。


   


エボシもんがあれば、やっぱり気になるのはこいつ、オキナガレガニ。最初の写真のはお亡くなりになっていたもの。背後に見える竹が住み処だったかな? 生きているのもしっかりいたよ。浙江の青色紡錘浮きについたオキナガレガニ。なかなか絵になるシチュエーションでしょう?


   


そして1個だけ来ていたアサガオガイ。泡の筏もしっかりくっついた鮮度のよいもの。大きさは直径1センチ弱の小さなもの。青い貝は昨年、大量漂着で拾いまくったけど、シーズン初物はやっぱり嬉しいもの。


   

種子関係は、別の日にモモタマナを1個見つけたくらい。他にはソテツもあったけど、これは植栽、近距離のものである可能性もあるから微妙なところ。青い連中は今月、来月も来ることがあるけど、種子類はやっぱり秋かな〜。でも既に4月初めにモダマを拾った人もいるらしいから、風が吹いたら海に行かない訳にはいかないよね(笑)
| 海歩き | 20:10 | comments(10) | - | - | - | 昨年の記事
今年も青い毒餃子が漂着する季節になったんですね。

当県でもとある海岸(外洋に面している)に漂着する事があるそうなので、一度ビーチコーミングして探してみようかと思っています。勿論手では触れないようにして。

触手の部分、靴を履いた状態なら踏んでも大丈夫ですよね?
| &oh | 2016/05/14 9:00 PM |
あはは、確かに初鰹!ちょっと他の人のとは違うけど〜。アサガオガイの筏はプリプリ新鮮ですね。エボシガイ、こちらもそうでしたが大きいですね。それだけ長く漂流してるってことでしょうか。
| hiyoco | 2016/05/15 12:28 AM |
もう青モノが来ているんですね!
こっちにもぜひ来て頂きたいところです(笑)
オキナガレガニ、今年は注意して探したいと思います。
| arisuabu | 2016/05/15 9:19 AM |
そちらはそろそろシーズンインでしょうか!青い毒餃子とはぴったりですね(^-^)紫色の貝、ビーチコーミングをはじめてからまだ一度も拾った事がないです。今季はぜひお会いしたいものです。
| ろっかく | 2016/05/15 2:12 PM |
&ohさん。

レスが遅くなってスミマセン。
強い南風の吹いた時が吹いた時がチャンスです。
低気圧の通過の後などでもよいかもしれません。
カツオノエボシも、触手に素手で触らなければ問題ありませんよ。
だから餃子の部分は触っても大丈夫です。
ただし、触手がこびり付いてないか、よく確認してくださいね。
| 尚 nao. | 2016/05/17 12:24 AM |
hiyocoさん。

他の人とは違いますが、このクラゲ、初鰹が名前の由来ですからね。
こう呼んでもいいと思います(笑)
エボシガイ、大きいのが多かったですね。
それだけ成長しているということは、やはり漂流期間が長かったのだと思います。
春から初夏は、昨年のものが冬を越したのか、クラゲも大きい個体をよく見ます。
逆に秋は小さい個体が多いように思いますね。
| 尚 nao. | 2016/05/17 12:27 AM |
arisuabuさん。

オキナガレガニ、エボシもんが来たら要チェックです。
どんなものに付いているか傾向はよくわかりませんが
大きな籠、流木、浮き、靴など、いろんなもので見ていますよ。
漂着すると物から離れてしまうこともあるので、周辺も要チェックです。
| 尚 nao. | 2016/05/17 12:31 AM |
ろっかくさん。

4月、5月になると、南もの、沖ものはそろそろシーズンという感じですね。
青い貝は昨年、やっと地元で大量漂着に遭遇できました。
そちらとは時期はもちろん、気象状況なども違うと思いますが
やっぱり風が吹いたら海岸へ…というのが鉄則でしょうね。
| 尚 nao. | 2016/05/17 12:33 AM |
エボシガイ付の紡錘浮きに乗ってきたオキナガレガニ♪
イイ感じで漂着物が寄っていますね!
今年の春は例年よりも嵐が多く、強い南風も結構吹いているのですが、未だ地元では青い貝はもとより、青クラゲさえ見かけません・・・
こちらにアサガオガイが寄り始めるのは、来月頃になるでしょうか(^^;)
| 渚の探偵:助手 | 2016/05/20 8:47 PM |
渚の探偵:助手さん。

こちらのこの時期の漂着は、おそらく昨年からの冬越し漂流物だと思うのです。
すでに昨秋からこの冬に東の方に流れて来ていて、沖で滞留していたものだと。
南から来たにしてはエボシガイもカツオノエボシも、どれも成長状態がいいんですよね。
そう考えれば、同じ時期により南西の徳島で漂着がないのも説明つきます。
| 尚 nao. | 2016/05/22 12:21 AM |