CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
貴婦人
     
 

千葉に行くときには、僕は東京湾フェリーを使っている。先日の千葉行きの際、まだ薄暗い久里浜港に到着すると、フェリーの向こうに見慣れない船がある。しかも帆船。なんと偶然にも日本丸鵺世が寄港していたのだ。この船は 1984年に初代日本丸を引き継いだ航海練習船で、全長110.9メートル、メインマスト高 43.5メートル、総トン数 2750トンという大型帆船。帆船をこんな間近で見たのは初めてだったので、ちょっと嬉しかった。早朝だし帆は張っていなかったけど、やっぱり美しいね。海の貴婦人などと呼ばれるのも納得だった。
| 番外編 | 13:30 | comments(2) | - | - | - |
kioku
     

少し前、昔撮った古い画像をチェックしていたら、2005年12月に知人と訪れた銚子港で撮った中に、3年前の震災被災地所属の漁船の画像が出てきた。ここに写っている船や乗組員さんたちは無事だったのだろうか。もちろん撮影してから6年も経っているので、震災そのものに遭っていない可能性もあるけれど、ちょっと気になってしまった。訪れる人もわずかのブログだけれど、ネットに上げておけば、誰かの、何かの役に立つかもしれないので、上げておこうと思う。それが、たとえどんな小さな記憶でも、きっと大切に思う誰かがいるはずだから。


 
     

1枚目と2枚目手前の船は、福島県いわき市の第三十五共徳丸。震災の津波で気仙沼市の内陸まで打ち上げられた第十八共徳丸とは、所属地域と名前が同じことから、おそらく同じ会社の所有と思われる。2枚目の奥と3枚目の船は、茨城県北茨城市の第三十五海栄丸。


 

4枚目は宮城県気仙沼市の第二十八壽丸。


 

5枚目(右)は青森県八戸市の第八十三惣寶丸。どれも撮影日は2005年12月13日の早朝だ。
| 番外編 | 01:00 | comments(6) | - | - | - |
G.W
 

先週のお出かけの際、東京湾の上ですれ違った。遠くから変なシルエットの船が来るな〜。DDH(ヘリ搭載護衛艦)の「ひゅうが」かな?と思っていたのだけど、なんとアメリカ海軍の原子力空母ジョージワシントンだった。訓練などから母港の横須賀に帰投する途中だったのだろう。戦争の道具と言ってしまったらそれまでだけど、男子たるものメカとか乗り物とかにはちょっと心が動くよね(笑)それに海軍士官だった祖父の影響もあって、小学生の頃はプラモといえばウォーターラインシリーズだったからね〜。そんな訳で写真撮っちゃいました。ちなみに東京湾では前述の「ひゅうが」のほか護衛艦や潜水艦を見かけることもあるけれど、見ていて一番迫力があるのは大型コンテナ船なんだよね!


 
| 番外編 | 22:10 | comments(4) | - | - | - |