CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
波打ち際の熱き迸り


今週の水曜日、知り合いの写真家さんのお誘いに乗って、三浦半島の某所でクサフグの産卵を見てきました。場所は敢えて記載しませんが、昔から産卵場所としてよく知られた場所です。初夏から夏にかけては多くの海水魚にとって繁殖期であり、クサフグも満月や新月後の満潮前に、海岸の波打ち際で集団産卵をおこなうのです。




時間は午後4時を回ったくらい。現地に到着すると、波打ち際がゆらゆらとさざ波を立てています。波打ち際にクサフグのオスが集まってきているのです。オスの気分はもう十分に盛り上がっている様子(写真で波打ち際に見える細長いシルエットがオスです)。多数のオスは、波打ち際に集まって、卵を抱えたメスが来るのを待っているのです。





しばらく待っていると、いきなり産卵が始まりました。1匹または少数のメスが産卵(放卵)を始めると、そこに多数のオスが殺到して放精をおこなうのです。オスは自分の子孫を残そうと必死! 大きな波しぶきがあがり、写真をよく見ると海岸の砂利まで宙に舞っています。






。波打ち際は白く濁り、クサフグたちの中には勢い余って浜辺に乗り上げてしまうものが何匹もいました。1回の産卵行動はわずか1〜2分。こうした産卵行動が、2時間くらいの間に何度か繰り返されます。ちなみに、この時に受精した卵は波打ち際の湿った砂の中で発生が進み、1週間ほどで孵化しますよ。


   

この海岸は海水浴場としても知られていて、この日も平日ながら何人かのバーベキュー客や釣り人が来ていました。産卵するクサフグの数は昔に比べて減っているようですが、海水浴場の一角でこんな生きもののドラマが繰り広げられているなんて、ちょっと素敵だと思いませんか。波打ち際での熱き迸りを十分に堪能できたので、日没間近のオレンジ色の夕日を背に海岸を後にしました。


   


| 海の生きもの・魚 | 21:40 | comments(2) | - | - | - |
海のツバメ


ちょっと間が空いてしまいましたが前回の続きです。前回、載せるのをすっかり忘れてしまったこの子から始めましょう。当ブログ初登場のニシキツバメガイで、自分も三浦半島で見るのは初めてです。ポツポツと確認されているようですが、レアな方だと思いますよ。南方のだと、もっと体のオレンジ色や水色のラインが鮮やかだったりします。ウミウシって、ゆったりしていそうな姿ですが、けっこう動きます。特にこの子はかなり速く動き回ってましたね。





忘れ物を片付けた後は、お魚。こちらはイソコケギンポです。穴から顔を出して大き口を開ける動作を繰り返していました。最初はカメラに威嚇しているのかと思いましたが、どうやら水流に流されてくる浮遊物を食べようとしているようでした。





こちらはキヌバリ。冬の夜磯で見ていたのは小さくて半透明だったのに、だいぶ大きくなりました。それでも写真のは小さめの個体。もう十分におとなの個体もいましたよ。当てずっぽでシャッター押したら撮れました(笑)




最後は磯の定番でありながらブログに滅多に出てこないナベカ。けっこう警戒心が強くて、なかなかじっくり撮らせてくれないんですよね。今回はやった〜!と思ったら、なんとちょうど目のところに浮遊物が重なった…。この季節は婚姻色で黒くなったオスをよく見かけますよ。



| 海の生きもの・魚 | 19:50 | comments(2) | - | - | - |
ミズウオ登場
   

先週末の花散歩の続きをアップする予定でしたが、急遽変更アップ。昨日、鎌倉の由比ヶ浜・坂之下付近に、なんとミズウオが漂着していました。ミズウオは通常、水深200メートル前後に生息する、いわゆる深海魚の一種です。獲物を追って浅い水深に来ることもあるのか、深海魚の中では比較的、目撃されたり漂着する例が多い魚でもあります。今回のものは既に目がなくなっていることから、死んで漂流したものが打ち上がったのかもしれません。全長は目測で約80センチです。





ミズウオは、自分がまだちゃんとダイバーをしていた頃、初島のビーチポイントにエントリー直後、遭遇したことがあります。大きな背びれは普段は閉じているので、その姿を見た時、一瞬「相模湾にバラクーダ(オニカマス)!」と思いました。もちろんミズウオだとすぐに気がつきましたが、鋭い牙が並んだ大きな口はよく似ています。深海では生物密度があまり高くないので、捕らえた獲物を離さないよう、長く鋭い牙を持っているのでしょう。


   

以前に遭遇したミズウオは、ダイビングを終えて陸に戻ると、海岸に打ち上げられていました。今回の個体では失われていた目が、深いブルーでとても美しかったのを覚えています。今回の個体では、体に虹色の光沢が出ていて、それもなかなかきれいでしたよ。ちなみにミズウオは、煮ると溶けて水になってしまう…というのが名前の由来。正直、まずい魚のようです。しかし、それも深海の水圧に耐え、浮力を維持するための仕組みと考えられます。久しぶりに見たミズウオ、やはりとても興味深かったです。



| 海の生きもの・魚 | 21:40 | comments(2) | - | - | - |
目立ちたがりと欲張り


前回の夜磯報告、最終回です。残り物寄せ集め…と言ってはなんですが(笑) トップバッターは、ぐっすりお休み中のクサフグです。日中は、砂に半潜りで休んでいても、近づくと猛ダッシュで逃げて行きますが、さすがに夜では眠気の方が勝るようです。まあ魚にはまぶたがないので、寝ているようには見えませんけどね。




今季は、初冬になっても水温が高めだったせいか、すでに幼魚がけっこう見られます。秋遅めになっても繁殖行動をしていたのでしょう。種類がなんだかわからないものが多いですが、タイドプール常連のハゼ系とかカゴカキダイ?(コトヒキ? 小さくて判別できず)とか、見かけます。写真はキヌバリの幼魚。約1.5センチ。当てずっぽうでシャッター押したら偶然写りました。模様は成魚と同じになっていますが、体はまだ半透明です。




こちらも目立っていたタカノハダイの幼魚。こちらは少し大きめで約4センチ。下の個体を撮ろうとしていたら、視界左から泳いで来る別個体が(こちらの動きに驚いたのかもしれませんが…)。慌ててシャッターを切ったら見事にフレームイン。まるで、目立ちたがりがカメラの前に割り込んできたみたいになりました(笑)




さてお次は、魚とは全然違いますが、ヤドカリです。前に紹介したイシダタミヤドカリと同様、比較的大きな種類ですね。この仲間はイマイチよくわかりませんが、イボアシヤドカリかな?→ヤマトホンヤドカリとご指摘を受けました。確かにそうです。調べ方が甘かった(苦笑)




こちらは、とっても小さなソメンヤドカリです。成長すると甲長3センチを超えると思いますが、写真の個体は甲長1センチ程度しかありません。ところが、よく見ると貝殻にベニヒモイソギンチャクを複数くっつけています。帰ってから写真で確認してみたところ、なんと最低でも7個くっつけているではありませんか。ちびっこのくせに、なんという欲張り! しかし生存競争の厳しいタイドプール。それくらいじゃないと生き抜いていけないのかもしれませんね。さて、これで前回の大潮の夜磯観察2晩分の報告が終わりましたが、もう今週末には大潮がやってきます。もちろん出撃しますよ。とは言え、これまでとは違う、なにか目新しい生きものが出てくれるでしょうかね。


| 海の生きもの・魚 | 10:30 | comments(4) | - | - | - | 昨年の記事
黒・赤・緑・白


年が明けて、最初の大潮はサボリましたが、夜磯再開です。ちょうどこの週末が大潮でしたので、まず土曜日に出撃してきましたよ。まずはいつも通っている磯。なんか生きものがすっかり少なくなった感じです。その代わり、ハオコゼが目立つようになってきました。そして、冬の夜磯の一番の目的、ダンゴウオもついに登場! この1枚目はヤドカリの上に乗ってます。




とっても見やすい、小さなタイドプールにいました。ところが、すっごく小さい。しかも地味! オスと思われますが、虚弱児か!とツッコミを入れたくなるほどです。この大きさの上、明かりに敏感で動き回るので、全然ピントが合いません(泣) 現場では白っぽく見えていましたが、写真を見てみると地色は黒ですね。テレビで話題らしい芸人のクロちゃんとはえらい違いで、とても可愛らしいです。






さて、ダンゴウオはちゃんと撮れず、生きものも少なく、不完全燃焼だったので、月曜日は別の場所に出撃です。そしたら、歩き始めてすぐ、こんなところに?という浅いタイドプール…というより水たまりにいました。サイズは土曜に見たものより一回りは大きいです。とは言っても、色のついた体の部分で1.5センチくらい。土曜日は1センチくらいです。ただ、サイズに比例してボリューム感も増すので、全然違うのです。ああ、見やすい。この子は赤、ピンク系ですね。2枚目は、これもまたヤドカリの上に乗ってますよ。





さらに、別の小さなタイドプールに今度は緑色系の子がいました。大きさも前のと同じくらい。この子はけっこう石の下側に隠れてしまうので、なかなかうまく撮れませんでした。




もうダンゴウオはいいや…と、少し開けた場所に出て、別の生きものを探します。でも、こんなところでも出ちゃうんですね。この子は白っぽいです。ダンゴウオもけっこう環境によって色が変わるので、海藻が減っている今の三浦半島では、こういう地味な子が増えていくのかもしれません。一度見ると慣れるんですけど、一年ぶりの最初に見るのが地味な子だと、けっこう辛いです。今季はどうなるかと思いましたが、ダンゴウオ堪能です! しかし、海藻が減ってから、タイドプールではスナビクニンが見られなくなりました。あの子も可愛いんだけどな…。



| 海の生きもの・魚 | 21:30 | comments(6) | - | - | - |
やっと会えた


今年の年始めの大潮はサボったので、昨夜1か月ぶりに夜観してきました。一番潮が引くのは水曜日だったのですが、低気圧の通過で大荒れ。なので中一日空けての出撃です。大荒れの後、しかも寒波の後で、磯の中もどこか寂しげ。ただ、前回まったくなかったヒジキが、やっと少し生えてきました。またヒジキが遅れたせいか、ハバノリが幅を利かせていましたね。買うと高いのに…(笑) そして、やっと出会うことができましたよ、ダンゴウオに!




いつもいく磯では、実績(ダンゴウオがいたこと)のあるタイドプールがいくつかあるのですが、今回はそことは違う水路的な場所にいました。すごい保護色で、良く見つけたな自分…という感じ。実はとっても浅い場所だったので気がついたのですが、深い場所では見つけられなかったかも。お腹がけっこう膨れています。卵を持ったメスかな?




あまりの保護色で、他の魚も気がつかない!? 撮影していたら、アサヒアナハゼ?の幼魚がダンゴウオにぺったり。それでもまったく動じないダンゴウオ(笑)




実は同じ場所にもう1匹、色違いの個体がいました。上の写真の個体より少し小型の個体で、もしかしたらペアを組んでいるオス個体だったのかも。しかしこの個体、絶えず泳ぎ回っていて写真が撮れず…。色彩的にはこちらの方が見栄えしたんですけどね。今回は全般、どうも納得のいく写真が撮れなかったので、また行かなくちゃ。とは言え、次回もまたいてくれるかな、ダンゴウオ?





最初に書いた通り、磯は生きものの影が少ない感じ。ウミウシは、クモガタウミウシとネズミウミウシばかりたくさんいて、ホオズキフシエラガイも例年に比べると少ない感じですが、よく見かけました。写真はメリベウミウシとユビウミウシ。こちらも定番ですね。そろそろ新顔に登場してもらいたいところです。


| 海の生きもの・魚 | 11:50 | comments(4) | - | - | - |
ギョギョッ !?
   

この前の週末は、台風の影響でけっこう強い南風が吹いたのですが、ほぼ空振りでした。なので、今回も先週の火曜日に見たものです。海岸を歩いていて、ギョギョッとしたのがこれ。けっこうボリュームある大きさ。長さも60〜70センチはありました。最初マンボウかなと思ったのですが。どうやらマグロのようです。クロマグロかな。体が半分切り取られていて、よく見ればさらに半身のようなので、漁港から流れてきたものでしょうね。


   


さて、次にギョギョッとしたのがこれ。長径1メートルほどの漁業用のプラケースに魚が6尾。釣り人が捨てたのでしょうか? 魚の種類はイスズミとオヤビッチャです。これらの魚は漂流物につく性質があるので、おそらくは漂流していたプラケースについていて、荒波で一緒に打ち上げられてしまったのだと思います。漂流しているときは、ケースが伏せた状態だったのでしょうね。鎌倉はけっこう遠浅なので、閉じ込められたまま浅い場所に来て、逃れられなかったのでしょう。


   


最後は、前記事のアオミノウミウシを撮影中に、ふと横を見たら打ち上がっていたホタテウミヘビです。まだ小さい個体で、長さは40センチくらいだったでしょうか。よく釣り人に捨てられたであろう個体が漂着しますが、状況から見て荒天でお亡くなりになったものと思います。小さい個体なので、浅い場所にいて災難にあったのかもしれませんね。海が荒れた後は、打ち上げ魚類もなかなかおもしろいです。


| 海の生きもの・魚 | 23:00 | comments(4) | - | - | - | 昨年の記事
魚には瞼がない


昨年末、そして先月末の夜磯から、今回はお魚編。まず最初はタカノハダイの幼魚。この時期になると、ちらほら見かけます。寒い冬の磯でも、けっこう生まれたばかりの幼魚がいたりするのだ。海の場合、年間でもっとも水温が下がるのは大抵が2月。そう考えると今が真冬のように思えるけど、魚の世界では既に春が来ているのかも。





こちらはカエルウオ。目立つところにいるし、眼もパッチリで起きているよう見えるけど、ぐっすりお休み中。魚には瞼がないから(瞼の役割をする器官を持つものはいる)、見ているこっちも勘違いしそう。ちなみに、この縞模様は夜の姿。昼間は白っぽい部分も色が濃くなって、より保護色っぽくなるよ。




こちらも磯の定番、キヌバリ。昼間はベージュっぽい体色できれいだけど、夜はこの通り全体が茶色っぽい色になってしまう。魚の体色はけっこう変わるもので、成長段階、オスとメス、昼と夜、興奮状態(繁殖期など)などによって、違う色になるものが多いよ。




最後はメジナ。この斑模様も夜の体色。人の目で見ると、もっと青く輝いているように見えるから、暗い夜の磯ではちょっとビックリするよ。しかも、さらにビックリだったのは大きさ。なんとこの個体は全長30センチ近く、塩焼きどころか刺身がたっぷりとれるサイズ。普通、潮間帯にこのサイズは入らないので、ホント驚いたよ。さて、今週末は満月。またダンゴウオを求めて夜磯に出撃予定。どうなるかな〜?


| 海の生きもの・魚 | 20:20 | comments(8) | - | - | - |
寝姿拝見(笑)



夜の磯では、ほとんどの魚がタイドプールの底や岩の陰で眠っている。最初の写真はスズメダイの仲間で、オヤビッチャの幼魚。南方系で、伊豆半島の先などでは成魚サイズが見られるけれど、相模湾では繁殖していないんじゃないかな? このように、南方から幼魚などが流れて来て、越冬できずに死んでしまう魚を、死滅回遊魚というよ。





次は、タイドプールには不相応な、食べられるサイズのクジメ。タイドプールでは、それほど大きなサイズの魚を見ることはないので、たまにこういうのに出会えると嬉しくなる。その下は赤褐色が鮮やかなオビアナハゼ。普通に見かけるアナハゼは地味な色合いなので、この色彩はちょっと新鮮。





月頭の夜磯で目玉となった魚は、こちら。小さな写真だとよくわからないと思うけれど、ヨウジウオの一種だ。ヨウジウオというのは、タツノオトシゴの遠縁みたいな魚で、詳しい人に聞いたところ、おそらくボウヨウジという種類ではないかとのこと。他の地域のタイドプールでヨウジウオの仲間を見たことはあるけど、地元では初めてだったので感激だったよ。このほかにも常連のハオコゼ、アゴハゼやクモハゼなどのハゼ類、キヌバリ、ゴンズイ幼魚、ギンポの仲間などいろいろな魚が見られた。あとはダンゴウオが出るのを待つばかり(笑)


| 海の生きもの・魚 | 18:10 | comments(2) | - | - | - |
天狗登場!



今日あたりは本当なら9日の部分日食の紹介をしたかった。コンデジでも写真が撮れるように、減光の仕掛けを作って準備したのに…。去年、一昨年の月食も曇りで見られず、ここ数年、主要な天文現象はことごとく天気に嫌われてるんだけど、何なんだ!? さて気を取り直して今日のネタ。ネタは“新鮮”ではないけど、先月に葉山一色海岸で見かけた魚。ちょっとびっくり。なんとテングハギだ。名前の由来である額の角状突起もはっきりしているし、ほぼ成魚。テングハギは主にサンゴ礁域に生息する魚で、相模湾では幼魚は秋に死滅回遊魚として現れるが、成魚は南紀や伊豆諸島で見られるくらいじゃないだろうか。相模湾にこのサイズのテングハギが現れたのは、この冬前半の水温が例年に比べて2度も高い状態だったためだろう。でも、その後の寒波で水温も下がって死んでしまったのかも。もちろん漁網に掛かって捨てられた可能性もあるけどね。どちらにしても、けっこう珍しいんじゃないかな。




そして地元では久しぶりのネコタマ(ネコザメの卵殻)も見つけた。今頃打ち上がるのは、昨秋あたりに孵化したものかな? ネコザメの子供も刺し網などに掛かることが多いので、気をつけてほしいね。

| 海の生きもの・魚 | 20:50 | comments(10) | - | - | - |