CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
新顔ぞくぞく


今季から通っているポイント。潮間帯下部に移動して生きものを探します。昨年末はけっこう数を見たのに、今年に入ってからご無沙汰だったムカデミノウミウシ。年間通して昼間でもよく見られる普通種ですが、大きくて撮りやすいし、きれいで見栄えのするウミウシです。





この時期になると、アメフラシ、ミドリアメフラシ、アマクサアメフラシ、クロヘリアメフラシなど、アメフラシ類の数が増えてきます。しかし、この子はそのどれとも違いますね。フウセンウミウシです。その名の通りぷっくりした体つき。よく見ると小さな目が可愛らしい!





前回は見なかったのに、今回は何匹も登場したのがアカエラミノウミウシ。このブログでは久しぶりの登場です。きれいな姿ですし、サイズも2〜3センチあるので撮りやすくて好きです(笑)色味が濃いものと少し薄いものがいました。もっとも、一番多く登場したのはサキシマミノウミウシでしたけどね。こちらはそこら中にいました。すでに今季は紹介済みなので、今回は写真なしで。





そして初めて見るウミウシが出現。大きさは約5ミリ。勘弁してください…これだけ小さいと、何枚撮ってもなかなかピントが決まりません(泣)調べても名前がわからず、フェイスブックで詳しい方にお聞きしたところ、シロタエミノウミウシの仲間で、まだ和名のないものとか。





次もこの子も初見ですね。これは1センチ弱ですが、肉眼では単に白っぽく見え、岩の模様や付着物と紛らわしいです。よく見つけたな、自分! 色や模様などもよくわかりませんでしたが、写真に撮って拡大すると、実にきれいなウミウシだったので驚きました。名前はツツイシミノウミウシです。





そして、この子も。サイズはこれも5ミリ以下、4ミリ程度? なんかポリプっぽいものがついてる…としかわかりませんでしたが、一応何枚か写真を撮って、帰ってから調べてみたらイナバミノウミウシという種類でした。もう少しちゃんと撮っておけば良かった〜。何しろもうそろそろ帰ろうかな…という時間帯で、疲れていたのです。そんな時にこのサイズは辛い!





これも初登場。新顔ぞくぞくです。こちらはなんとか1センチ弱、8ミリくらいはありました。小さいので、とにかく枚数シャッター押して、どれかピントの合っているものを期待するだけです。最近の画像修正ソフトは優秀なので、ブログにアップする画像程度なら、十分に見られるようにしてくれるので(苦笑) で、この子の名前はトノイバラウミウシだそうです。この時期、ウミウシはダイビングポイントでは数多く出現しますが、水温変化が激しく厳しい環境の潮間帯では見られる種類も限られます。それが今回、こうしていろいろな種類が見られたのは、ちょうど季節の変わり目になったということかもしれませんね。さて2月の夜磯、実はもう1日出かけています。その結果は次回に。



| 海の生きもの・貝ウミウシ | 11:00 | comments(2) | - | - | - |
ヤドカリに化ける?



次回からの貝類繋がりで、今回は頭足類です。なぜか19日はいつも見かけるマダコが出ませんでしたが、21日はしっかり出てくれました。反応があからさまで、相手をするのがおもしろいですよ。向こうにとってはかなり迷惑でしょうけどね。





そして今季、目につくのがマメダコです。19日、21日のどちらの磯でも出ました。写真は19日のもの(21日は隠れられてうまく撮れませんでした)。この個体も蛍光の水色というか、蛍光ライトグリーンの斑紋が出ます。昨年12月に見たものと比べると体色がかなり濃いですが、これは色彩変化のうちで、おそらく同じ種類でしょう。現在、マメダコと呼ばれているタコには、複数の未記載種が含まれているそうです。分類も確定していないようですので、とりあえずはマメダコの1タイプということになるでしょう。




さて、21日にはさらにおもしろいものが出ました。それがこのタコ。外套長4〜5センチほどの小型のものです。全体に顆粒突起があり、一見するとスナダコに似ています。しかし、眉間の下部というか左右第一腕の付け根に1対の斑紋があります。タコ類に詳しい写真家さんにお聞きしたところ、マダコも実は分類が未確定な部分があり、今はとりあえずマダコ属の一種(マダコの1タイプ)という小型種になるそうです。





しかし、このタコ、それだけではなかったんです。こちらに見つかり、ライトで照らされても2〜3枚目のような姿勢のまま、ゆっくりと前向きに移動していきます。体色は頭部と胴体は白っぽく、腕だけが赤っぽい色。胴体の先はとがらせて、移動するときも腕をほとんど伸ばしません。カメラを近づけても、前出のマダコのように急いで移動したり泳いで逃げたりしないのです。そこでハッと思い当たりました。「これって、ヤドカリに擬態しているのかも!?」。
いろいろな生きものに擬態するタコには、ミミックオクトパスなどが知られていますし、少し前には「ヤドカリに擬態するイカ」というのが話題になりました。確かにこのあたりの磯には、ちょうど同じくらいの大きさのヤドカリが何種類か生息しています。しかし、「ヤドカリに擬態するタコ」というのは、今まで聞いたことがありません。動画を撮り損ねてしまったのが残念ですが、もしかしたらかなりおもしろく、貴重なものを目撃したのかもしれませんね。


| 海の生きもの・貝ウミウシ | 20:30 | comments(4) | - | - | - |
相変わらずの顔ぶれ


新年最初の夜磯観察に19日と21日に出かけてきました。先の記事でお伝えした通り、一番の目的ダンゴウオはまあまあの成果。とは言え、写真は二晩目も微妙にピンが甘かったですけどね(苦笑) 今回は主に貝類です。姉妹サイトのhiroimonoでお伝えしているように、昨年末に三浦半島で自身初めて確認したヒメホシダカラ(亜成貝)は、なんとお星様になっていました。ほかのタカラガイ、キイロダカラやハナビラダカラもFDの貝殻が目立つようになってきました。そんな中、ハナマルユキのこの子はまだ頑張っていましたよ。




こちらはヤドカリかな〜と思ったら本来の主さんが健在だったマガキガイ。南の方ではよく食用にされている貝ですね。沖縄で食べたことがあります。沖縄ではよく浜辺に貝殻が落ちてますが、大抵は身を抜いた後に捨てられたものなので、拾ってもちょっとガッカリしちゃうヤツです(笑)




ミスガイは相変わらず多いです。ただ昨年末と違うのは、大きい個体が減って小さい個体が増えたことでしょう。写真のトリオも殻長1.5センチくらい。意外と目立たないので、踏んでしまいそうで怖いです。





こちらもやたらと多かったサキシマミノウミウシ。潮間帯下部のあちこちにいました。好きなウミウシですが、ちょっと食傷気味。2枚目の極小個体はなかなか良かったですけどね。




こちらはマダラウミウシ。クロシタナシウミウシと同種説がありますが、この子は昼間は石の下などにいてほとんど出てきません。一方のクロシタナシウミウシは昼でも夜でもお構いなしで活動しています。別種説の方が納得いきますね。




最後はヒメメリベ。こちらも相変わらず多いです。小さめで色も動きも波に揺れる海藻っぽいので、実は気がついていないだけで、見た数以上にいるように感じました。体長は4センチくらいですが、貪欲に食事をしていましたよ。しかし、相変わらず…のものが多くて、なかなか新顔が出てくれません。まだまだ次の大潮も出撃予定ですが、何か出てくれるでしょうか。



| 海の生きもの・貝ウミウシ | 23:10 | comments(2) | - | - | - |
宮古の次は石垣


12月満月大潮の夜磯報告、2回目は殻のない連中です。トップバッターはアオウミウシ。磯の定番ウミウシですが、案外、冬の時期の磯では見かけることが少ないと思います。でも、この明るい色合いを見ると、寒さが緩むような気がして少しホッとします。




こちらも定番のムカデミノウミウシ。アオウミウシに比べると、こちらは寒い時期でもよく見かけます。色彩はこの青紫色が基本ですが変異も多く、今回は緑色っぽい色をした個体も見かけました。比較的、大きいので見つけやすいですし、華やかな雰囲気はあるのですが、個体数が多いので「あ〜また…」と思われてしまう残念な子です。




こちらは前回の新月大潮の夜磯でも出たカメノコフシエラガイのカラーバリエーションですね。色がオレンジ色っぽく、さらに黄色い斑点があります。このこもサイズは大きく、5〜6センチありました。




普段だとあまりシャッターを押さないネズミウミウシ。地味系定番種です。でも、今回は2匹くっついていたので撮ってあげました。




コノハミドリガイもぼちぼち見かける種類ですね。2センチほどです。この種類も多少カラーバリエーションがありますが、自分が見るのは写真のタイプばかり。でも、なかなか綺麗なウミウシです。




地味〜でモコモコしているのは、イシガキウミウシです。前回の大潮では、雰囲気が似ているミヤコウミウシが出ましたが、今度はイシガキでした。宮古が出て石垣が出て、次は西表?(イリオモテウミウシはいませんが、イリオモテミノウミウシはいるようです。思いっきり南方系なので可能性ゼロですけどね)




そして最後にご紹介するのは、実は今回の夜磯で最初に見つけたウミウシ、サガミミノウミウシです。まだ1センチくらいの小さい個体ですが、この時期に見るのは色が蛍光水色っぽい感じで、よく目立ちます。濃いピンク色の個体も素敵ですが、この色彩の個体も魅力的ですね。今回はこのほか、クモガタウミウシ大小多数、ツヅレウミウシ、ホオズキフシエラガイを見かけました。次の夜磯は新年ですが、また違う種類が出るよう期待したいです。
さて、ちょっと諸事情あって、年内に残りのもう1回をアップできるか微妙になってきましたが、頑張ります。



| 海の生きもの・貝ウミウシ | 23:31 | comments(2) | - | - | - |
姫の星


世間様はクリスマス連休。暖かい部屋やお店の中で家族や友達、恋人たちと楽しく過ごしていたことでしょう。そんな中でもこちらは23、24日と連チャンで夜磯です。仕方ないのです。大潮が連休と重なったのですから。24日の夜磯でもミスガイがイチャイチャ(笑) 前回の大潮より少なくなりましたが、まだまだ数が見られます。




23日は暖かい夜でしたが、24日は北風が強く、水温も低めに感じられました。そんな中でも、温帯レギュラーのメダカラガイは元気。外套膜をかぶっているとホント目立ちませんが、あちこちで見られました。




キイロダカラもまだまだ頑張っています。しかし、もともと南方系ですし、水温変化の激しい浅場にいる種類。予報では年末に寒波が来るとのことですが、耐えきれるでしょうか。1月、2月は磯でFDのキイロダカラが拾えるかもしれません。





今回の大潮,一番の当たりはこれ! 地元でずっと見たい…と言うか拾いたいと思っていたヒメホシダカラが出ました。南方系の種類で、三浦半島ではけっこうレアな種類です。岩場の凹みの天井にいて、引き潮に取り残されそうになっていましたが、水の中に戻すとそこそこ元気に動いていました。まだ幼貝の縞模様が残っていますが、亜生貝ですね。以前、葉山で拾われた人がいたのをネットで知り、憧れていたんですよ。沖縄でも出会っていないのに、地元で出会えるとは感激です。




最後は地味〜にアカニシ。干上がりそうな岩の上にいて、ヤドカリかと思ったら生貝でした。貝殻はよく見かけますが、ほぼ拾わない貝です。とは言え、生貝となると一応,写真に収めておきたくなります(笑) 今回の夜磯ネタ、あと2回分ありますので、なんとか年内にアップしようと思っています。




| 海の生きもの・貝ウミウシ | 12:10 | comments(2) | - | - | - |
アオミノウミウシも来た!


青い生きものたちが到来したら、やはり気になるのがこれ、アオミノウミウシ。今回はそこそこの数が来ていました。hiyocoさんが確認した片瀬海岸は良いサイズが多かったみたいですが、数ミリの材木座は小型個体が多くて、そこそこのサイズの個体を探すのに苦労しました。しかも強風、満ち潮で、なかなか撮影もままならず。ピン甘目です。





ギンカクラゲと大小個体、合わせて撮ってみましたが、雰囲気出ますね。よくよく見ると白っぽいものとか、個体差もあります。ただ、波に揉まれて体が傷ついたものも多いので、それはちょっと可哀想。というか、せっかく苦労して撮ったのに、拡大して見ると体に大きな傷があったり…。風まかせ海流まかせの生活も大変ですね。




この前の体調漂着にはまるで及びませんが、ウミアメンボも数個体、見かけました。この日はルリガイよりもレアものでした(笑)




青くないものではオキナガレガニ。3〜4個体くらい見かけたでしょうか。でも、こちらも甲幅が1センチもない小型個体ばかりでした。とにかく小さいものが目立った今回の漂着。今後はどうなるか、期待しちゃいますね!



| 海の生きもの・貝ウミウシ | 20:40 | comments(4) | - | - | - |
生存報告
   


すっかり更新をご無沙汰してしまっています。梅雨時でもあり、忙しいこともあって、フィールドにまったく出ることが叶いません。その分(?)仕事の打ち合わせで都内に出ることが増えていますが…、とにかく写真すらまともに撮っていないのでネタがありません。まだ当分この状態が続くと思いますが、それではさすがに自分の精神衛生上も良くないので、なんとか隙を見つけて外に出たいとは思っています。写真は先週、例によって夕方、日没前に少しだけ海岸に立ち寄った時のもの。なんか今年は特にフジノハナガイが多いような気がします。
| 海の生きもの・貝ウミウシ | 13:30 | comments(4) | - | - | - |
久しぶりの磯遊び


久しぶり…と言っても、更新自体が久しぶりですね。しかも、ネタは2週間も前、5月最後の日曜日のものです。場所はこんな磯。


   


コンデジで撮れるものと言えば、あまり動かないウミウシくらい。ということで定番のアオウミウシ。極々普通種ですが、やっぱり撮ってしまいますね。下の写真はラブラブ交接中でした。


   
   
   

定番と言えばこちらもお馴染みシロウミウシ。写真を撮るのに2匹を近づけたら、あらら…1匹がほかの1匹を追いかけて、追いついて、組んずほぐれつ!? でも結局は交接にまで至りませんでした。相性が良くなかったのかしら?(笑)


   

サラサウミウシもけっこうサイズの大きいのがいました。これも綺麗ですよね。こちらもコンデジ半水面写真で。いい感じでしょう?





がお〜っ!という感じのオトメウミウシ。けっこう数がいましたが、小さいので撮るのが大変。下はマダラウミウシ(クロシタナシウミウシvar)。今回は他にムカデミノウミウシ、ネズミウミウシ、ジボガウミウシ、クモガタウミウシなどもいました。





初物は、磯で見るのも初めてのシラユキウミウシ。半透明の白地に白い斑紋と黄色い縁取りがあって、すごく綺麗なウミウシです。でも小さくて撮るのに苦労しました。下はブログでは初登場かな? 石の下に隠れていたキヌハダモドキです。梅雨入りしましたが、この週末のように大潮で天気の良い日もあります。ぜひ磯遊びに出かけてみてくださいね。


| 海の生きもの・貝ウミウシ | 15:10 | comments(8) | - | - | - |
またもハズレ


今月は11日が満月で、10日から13日が大潮。金曜日は夕方から夜まで都内で打ち合わせ。しかも雪が降る冷え冷えの天気だったので、満月の土曜日に夜磯に出撃。しかし、海辺に近づくと強風で白波が立つような荒れ模様。うちって丘陵の陰にあるから風の様子がわからないんだよね。仕方がないのでその日はキャンセルして、日曜日に再出撃。今日は風が収まったな〜と思ったのだけど、海岸に着くと土曜日ほどではないものの、やっぱり強めの風が吹いている。諦めて磯に出るけど、タイドプールの水面は漣立ち、風向きの影響か潮位も波も高め。風波なら磯まで届かないのは把握して行動はしているものの、心も安まらず。そんな中、最初に出てくれたのがヒメマダラウミウシ。何気にこのブログ初登場だね。けっこう可愛らしい。


   


次に見つけたのがサガミミノウミウシ。今回の個体、今まで見た中で一番、背中の蓑(鰓突起)が少なく、太かった。なので、最初は何か別の種類かと思ったほど。離れた場所で見たもう1個体も同じような印象だったけど、時期的なものとかあるのだろうか。でもやっぱり、このウミウシは綺麗で好きだな。




こちらは極小のオトメウミウシ。大きさは5ミリちょいくらい?(もちろん写真はトリミングしてます)左角に写っているのはヤドカリの背負った貝の一部なんだけど、この後、この乙女を踏みつけていったため、触角が縮んじゃった〜。このほか、相変わらずのホオズキフシエラガイ、ムカデミノウミウシ、まだいるサキシマミノウミウシ、ダイダイウミウシ、サンシキウミウシにツヅレウミウシ(ジミーズ)、クモガタウミウシなどは写真も撮らず。




もう終わりか…と思った最後に見つけたのが、メリベウミウシ(たぶんヒメメリベ)。石の側面にへばり付いてたのを、平らなところへ移して撮影。こいつウミウシなのに、小さな甲殻類など他の生きものを補食するという“悪食”。またクネクネと体を捩って泳いだりもする、おもしろいヤツなのだ。珍しい種類でもないけれど、見たのは久しぶりなので嬉しかった。さて、次はまた月末。今季はダンゴウオがくっつきそうな海藻も育って来ているし、見ることができるかな?




あれ、更新してる!?(笑)
| 海の生きもの・貝ウミウシ | 20:20 | comments(2) | - | - | - |
空振り
   

すっかりサボってましたが、久々更新。さて、昨年末の28日と、そしてお月様が一巡りした昨晩、新月の大潮に磯の夜観に行ってきた。狙いはもちろんダンゴウオなのだけど、ウミウシの写真から始まることで察せられる通り、本命は空振りだった。昨年に比べて海藻の生育は良いものの、ダンゴウオが隠れるようなワカメやオオバモク、ウミウチワなどがまだほとんどなく、潮間帯はちょっと厳しい感じ。写真は前回の夜観報告でも載せたコノハミドリガイ。


   



生きものはまあいるものの、別段珍しいものが出る訳でもなく…。いるものと言えば、どんどん数が増えてきたムカデミノウミウシに、今季はとても多いサキシマミノウミウシ。登場回数は多くないものの、まあ定番のダイダイウミウシ。


   



そして、サンシキウミウシ、ツヅレウミウシ、ネズミウミウシの、ジミー(地味)ブラザーズ。そのほか写真ミスったマダラウミウシに、完全スルーで写真もないホオズキフシエラガイとクモガタウミウシ。


   

数が増えてきたものと言えば、アメフラシ類。ノーマルアメフラシに、まだ小さいミドリアメフラシ、そしてクロヘリアメフラシもあちこちに。写真は交接中のクロヘリアメフラシをデバガメ(笑)


   


新顔は1種類。とは言っても毎冬登場するユビウミウシ。昨晩は大小、何個体か見つかった。今まであんまり良い写真が撮れてなかったので、なんかこればっかりシャッター押してた感じだった。冬場はウミウシ・シーズンと言えるのだけど、環境の厳しい潮間帯では、定番ばかりでなかなか新顔は出てきてくれないな〜。また次に期待しよう。


| 海の生きもの・貝ウミウシ | 19:10 | comments(2) | - | - | - |