SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
4月の天空写真館
   

先月の空と雲の写真です。今も大概忙しいですが、この頃は夕方前に買い出しに出て、そのついでに少しだけ海岸に寄るのが精一杯でした。それでも素敵な空を見ることができましたよ。




   

4月7日(TOPの写真も)。まだ富士山のすぐ横に太陽が沈んでいました。高く薄い雲に、低く厚めの雲が重なりあう様子や、薄赤く染まった波状の雲が素敵でした。





4月9日。窓からふと外を見たら、幻日。しかも、太陽とその幻日を繋ぐ幻日環がはっきり見えていました。まあ「環」と言っても、見えていたのはこの部分だけでしたけどね。でも、これだけはっきりしたのを見たのは初めてでした。




4月12日。あまり良い夕焼けにはなりませんでしたが、外国人のカップルがちょうど良く画面に入ってくれました。


   
   

4月15日。青空に筋雲のような鱗雲のような、複雑でおもしろい雲。




   

4月24日。今にも雨が降り出しそうな曇天。ただ、風があって雲の表情はおもしろくなってくれました。こんな日は外に出ることが少ないですが、なかなかに捨てがたいです。ちなみに、この日は青磁片がたくさん拾えましたよ(笑)




| 空・雲・気象 | 21:10 | comments(2) | - | - | - |
早春の天空写真館


     2/20、夕焼け。そろそろ春霞が始まるころ。




2/26、天空…というよりは干潟の写真ですが(笑) 夕方の斜光線に照らされた砂紋が、とってもきれいでした。


   

3/2、花粉光環。この春はけっこう花粉が飛ぶ日もあったようですが、写真を撮っている暇がありませんでした。右下に小さく飛行機が写っているのがポイント(笑)




3/13、江ノ島の夜景の上に輝く、金星(下)と水星(上)。春霞のせいで、肉眼では水星は見えるか見えないか…程度でした。16日が水星の東方最大離角でしたが、その日は悪天候で見られず。





3/14、水星狙いで翌夕方も出かけてみましたが、春霞はさらに濃く…。夕陽はきれいでしたけどね。


   


3/28、この春は、忙しい合間を縫って買い出しにでかけ、ついでに少しだけ海岸に寄って夕陽を眺める…くらいのことしかできてません。この日はとにかく春霞や花粉などによる光環が見事で、太陽の周りにはっきり輪っかが見えていました。濡れた砂浜にも光環が映ってる! 水星の時には苦労させられましたが、春霞もなかなか捨てたものではなさそうです。

| 空・雲・気象 | 21:10 | comments(4) | - | - | - |
2月10日の天空写真館
   

この前の土曜日10日は、朝7時半から地元(実家のある方)の友達から電話で「環天頂アークが出ている」と報告があった。ええ、もちろん布団の中でしたよ(笑) しかし、こちらの上空は雲が厚めでそんな様子はありませんでした。しかし次第に雲が薄れていく様子ではあったので、度々外をチェックしながら9時前ぐらいに外に出ると、出てます。久しぶりの環天頂アーク! 8時50分過ぎから9時頃まで、かなり濃いものが見られました。




今回はしかも上部ラテラルアーク、つまり環天頂アークに接する反対向きのアーク(虹色の弧)も一部見えていました。写真で環天頂アークの左側(東側)に見えているのがそれです。まだカメラを十分に使いこなせておらず、見た感じを中実に写真で再現できていないのが残念ですが、なかなか良いものが見られました。




その他には、ハロ(内暈)の一部も見えていて、上部にはタンジェントアークが出かかっていましたが、これ以上にははっきりと出ることはありませんでした。このくらいの太陽高度の時、上部タンジェントアークはハロの上端からV字のような感じで現れ、太陽高度が高い時にはハロの上端に被さるような形に変わります。




結局、環天頂アークが見られたのは30分くらいの間だったでしょうか。日中は彩雲が少しだけ見られましたけど、期待した午後から夕方は何も起きませんでした。



| 空・雲・気象 | 21:20 | comments(2) | - | - | - |
皆既月食!
   

昨夜は実に約3年ぶりとなる皆既月食でした。当初の天気予報では夕方から曇りで、ほぼ絶望的な感じでしたが、なんと奇跡的に皆既食になるまで晴天が保ってくれたので、見ることができました。前回の2015年も、その前も、月食は“常に”と言えるほど天気には恵まれず、ちゃんと見られたのは何年ぶりか忘れるほどでしたから、嬉しかったです。




とりあえず撮影にも挑戦してみましたが、うちのカメラは所詮コンデジ。特に望遠系は弱い機種です。また最近は何かと忙しく、何かしらの小細工を用意する暇もなかったので、証拠写真だけ。ブログでちょっと載せる程度の小さい画像なら誤魔化しも効くでしょう(笑) 今年は7月にも皆既月食があります(皆既食のまま月が沈む月没帯食です)。それを逃すと、次は4年以上日本では月食が見られません。今回見逃した方は、7月28日の明け方にぜひ月を眺めてみてくださいね。


| 空・雲・気象 | 21:00 | comments(2) | - | - | - |
年の初めの天空写真館
   

年が明けて、もう10日。海山日和もやっと始動です。今年もよろしくお願いいたします。さて久しぶりの天空写真館。昨年の秋は天候不順の日が多かったり、あまりおもしろい気象や大気の現象が見られませんでした。なかなかタイミング良く外に出る機会もなく、夕焼けをゆっくり眺めたのも、年末に入ったこの時くらいでした(12/22)。


   
   

久しぶりの環天頂アーク…と思ったら、弧の向きが逆。これは上部ラテラルアークですね。一般に見られるハロ(内暈…写真では太陽に近いところにうっすら見えています)の外側に現れる外暈に接するように見えます。実際には外暈よりこのラテラルアークだけが見えていることが多いようです(12/26)。




こちらは同じ日に見られたハロ(内暈)と幻日です(12/26)。



   


この日はとてもきれいに彩雲が見えていました。これだけきれいに、しかも長い時間見えていたのは久しぶりだったかも(12/28)。


   
   

昨年の最後を飾ったのは月の暈。満月前の月を囲む大きな光の輪。上の写真の時にはまだ薄かったのが、時間が経つにつれてだんだんと濃くなり、ここ最近で見たものの中でも特に明るくはっきりわかるものになりました(12/30)。


| 空・雲・気象 | 11:00 | comments(4) | - | - | - |
ふたご座流星群、見てきました
   
   
   
   

沖縄旅行報告の途中ですが、タイムリーな話題なので。昨夜はふたご座流星群の極大日でした。ニュースなどでも紹介されているのでご存知だった方も多いと思います。有名な8月のペルセウス座流星群は2年続けて天気が悪く、まともに観察もできなかったので、寒波が来ていましたが頑張って出かけてきました。これでも一応、子供の頃は天文少年でしたからね。昨夜の三浦半島は雲が出たり消えたりの天気でしたが、幸い0時前後は晴れ間が広がり観察することができました。とは言え、寒波襲来の上に昨夜は風も強く、防寒していても外に立っていたらすぐに凍えるほど。なのでカメラのシャッターだけ押して、ほとんど車の中で過ごしてました(笑)それでも、そこそこの数の流星を見ることができましたよ。幸い、ほんの少しですが写真にも写ってくれました☆



| 空・雲・気象 | 19:10 | comments(6) | - | - | - |
夏から秋の天空写真館


6月19日。環水平アークです。今年は何度か見ましたが、なかなかくっきり鮮やかなものには出会えません。今期ベストかな?


   


6月22日。鎌倉・材木座海岸で見たハロです。上は、和賀江島の碑と一緒に。下は、通常のハロ(内暈、22度ハロ)の内側に、薄く9度ハロが見えています。ハロは、ふつう上空に浮かんでいる六角柱形の氷晶に光が屈折させられてできますが、氷晶の形が二十面体のピラミッド形の時に、いろいろな角度にハロが出るそうです。


   


7月13日の夕暮れ。鎌倉の材木座海岸です。上空に低い雲があっても、太陽が沈む西の空が晴れていると、こういう夕焼けが見られます。天気の変わり目…という感じでしょうか。


   

7月19日。街灯があったりで、あまり良く撮れてませんが、御前崎海岸からの天の川です。下の強い光は、沖合を進む船の灯です。


   

7月26日。木曽駒ヶ岳のテントサイトから見た日の出。高い雲の上から出たので、日の出と呼ぶには少し遅いのですが、手前を漂うガスが不思議な雰囲気を作ってくれました。


   


9月12日。なんか、すごく久しぶりに、はっきり明るい虹を見た気がします。普段は仕事で部屋に引き籠もっていますし、雨っぽい時は外出しにくいですし、当たり前ですがチャンスが少ないんですよね。嬉しかったです。


   


同じ9月12日の夕暮れです。西を見ると見事な夕焼け、振り返って東を見ると明るい虹…。この日の夕暮れは本当に素晴らしい気象ショーが見られました。下の写真は、たまたま海岸にいた2人組みの女性を画面に入れてみました。コマーシャルフォトっぽいでしょう?(笑)



| 空・雲・気象 | 11:40 | comments(6) | - | - | - |
春から初夏の天空写真館
   


春はあまり空の写真が撮れませんでした。少ない写真を今回は時系列で。まず最初は沖縄旅行から。慶良間諸島の上に輝く幻日です。




        こちらは地元。5月27日の幻日。


   


6月6日。この日は空を見上げると一際輝くハロ(内暈)が。輪が全部繋がったら、普通になっちゃいましたけどね。


   


でも、その日はこれで終わりませんでした。これだけハロが輝けば…と予想して見晴らしのよい場所に移動したら、見事に環水平アークが。ちょっと薄かったですけど、東西に長いアークでした。


   


そして、ついこの前の週末6月10日。この日は千葉の端っこの方に遠征。とある場所の日の出。そして昼過ぎ、帰り際のハロ。





この日はすごい風で、運転していても疲れるほど。鴨川から保田へ抜ける途中、前方の空にレンズ雲のような雲が。あ、縁が彩雲になってる…と思って、道端に車を止めてパチリ。




  その雲がだんだん形が崩れて、こうなって…。彩雲も鮮やかに。


   

  そして、そして、太陽が雲に隠れたら、大きな雲全体が彩雲に!


   


こんなにすごいのは久しぶり…というか、こんな感じのは初めて? 時間も、最初の写真を撮り始めてから最後の1枚を撮り終えるまで約30分。この彩雲は、けっこう多くの人が目にしたと思います。



| 空・雲・気象 | 09:30 | comments(4) | - | - | - |
今年最初の天空写真館


           立石海岸の夕暮れ






              花粉光環
  大気中を浮遊する花粉で、太陽光が散乱させられて見える現象。





   花粉光環とハロ(内暈…一般に日の暈と呼ばれているもの)
       上の写真では、外接ハロも見えている。




           ハロ(内暈)と外接ハロ


   

       ニコライ堂とハロ(内暈)…お茶の水にて


| 空・雲・気象 | 15:00 | comments(4) | - | - | - |
今年最初の天空写真館


           地上を見下ろす天の目







               彩雲


   



            環天頂アークと幻日




               茜雲

| 空・雲・気象 | 23:40 | comments(12) | - | - | - |