CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
悪臭のする鴎?


仕事で千葉(外房方面)に行ったついでの、神栖市波崎海岸。拾いもの以外のご報告です。この海岸はウミガメやクジラ類の打ち上げもあるので、そう言ったものを期待しながら歩いていると、汀線の少し上に小さい黒い影が。海鳥の落鳥ですね。ウミネコくらいの大きさで、ややずんぐりした感じです。顔を見てみましょう。


   
   

体型と、全体に灰色っぽい羽毛、太くてやや短い嘴。管状の鼻孔…この特徴に合うのはフルマカモメ暗色型ですね。冬鳥として北日本の海沿いに現れる鳥です。渡ってきた直後で、疲労や空腹から落鳥したのでしょうか。変わった名前をしていますが、和名は英明や学名の属名由来です。語源はノルウェー語の「悪臭のするカモメ」で、天敵に対して吐き戻した液体をかける行動に由来するそうですよ。




他の場所でももう1羽。こちらは首から胸にかけてカラスに食べられていました。複数の打ち上げがあることから、この近海には飛来数が多いのでしょうね。




大物はありませんが、落鳥はポツポツ。こちらはカラスが食事中のところをちょっとお邪魔してパチリ。カモ類ですね。茶褐色の頭部で、顔に少し淡色部があるようです。嘴は鉛色。ここまでの状態になっていると判別が難しいですが、ヒドリガモのメスとか、どうでしょう?




こちらは、もうほとんど骨状態。頭部もありません。さらに判別が困難ですが、脚に水かきがないようなので、サギ類でしょうか。




落鳥以外では魚が少々。これはけっこうデカくて全長50センチくらいあります。紅色の縦線が1本ある独特の色彩からマルタウグイですね。マルタウグイは降海性で遡河回遊魚です。利根川由来の魚でしょう。




こちらは15センチほどのフグ。こちらも独特の斑紋ですね。似た種類がいますが、これはショウサイフグでしょう。もちろん毒魚ですが、食用にされる種類のフグでもあります。/span>



そして、この時期の日本海側ではお馴染みですが、太平洋側でも打ち上がってました。アミモンガラです。モンガラカワハギ科ではもっとも北まで分布しますが、本州中部以北でみられるのは、はほぼ死滅回遊的な幼魚〜若魚です。食べたことはないけど、美味しいらしいですね。これは打ち上がって日が経ち、半干物状態でしたが…。少し前に落鳥の記事をアップしたばかりですが、打ち上げ生物はいろいろな海の情報を持っています。必ずチェックしましょうね!


| 野鳥 | 16:20 | comments(4) | - | - | - |
海辺の落鳥

海岸を歩いていると海鳥などの落鳥に出会うことが多々あります。そういう場合、記録のためになるべく撮影することにしています。今回は、個別記事で紹介した以外の、今年の落鳥をまとめてアップします。




最初は6月に撮影したハシボソミズナギドリです。毎年恒例ですが、今年の漂着は少なかったです。丸々太って見えますが、ほとんどの場合、餌がほとんど取れず栄養失調になって、天候不順を乗り越えられず落鳥した個体です。




こちらは8月に撮影したウミネコ。カモメ類の多くは本州中部沿岸では冬鳥なので、夏季に見られるのは必然的に日本沿岸で繁殖するウミネコです。尾羽に黒帯があることでも他種と見分けられます。




こちらは10月に神栖(波崎)に行った時に撮影したもの。オオミズナギドリですね。コアホウドリを期待しましたが、出会えませんでした。




こちらも神栖(波崎)。小鳥ですね。ちょっと悩みましたが、あまり太くない嘴、腹部の黄色い羽毛などから、アオジのオスではないかと思います。時期的に渡りの途中で力尽きた個体でしょう。




こちらも神栖(波崎)。片方の翼だけです。それほど大きくなく15センチくらいです。風切羽根がけっこう長いので、種類までは特定できませんが、シギの一種ではないかと思います。


   

同じ10月ですが、こちらは鎌倉。カラスです。一般的に海岸にはハシボソガラスが多いのですが、ハシブトガラスでした。見分け方は、嘴の太さとおでこの出っ張り具合ですぐにわかります。




最後は今月。かなりボロボロの状態でしたが、羽毛の感じからオオミズナギドリと思います。オオミズナギドリは日本近海の島などで繁殖し、冬になると多くは南方に渡ります。この死骸は、その状態から長く漂流していたか、少し前に漂着したものが再流出したもかもしれません。海岸で落鳥に出会うと、気持ち悪いと思う人もいると思います。でも、ビーチコーマーたるもの、落鳥からでも何かを感じ、何かを掴み取ってほしいと思う私は変でしょうか?(笑)



| 野鳥 | 22:30 | comments(6) | - | - | - |
振られちゃった?
   

ここ数年、晩秋の頃になると、鎌倉の海岸にスズガモがやってきて、小さな群れが越冬しています。ただ、今年は渡来が遅れているのか、海岸で見かけたのは1ペアだけ。1枚目の写真の日は海が荒れていて、波打ち際に避難しているようでした。でもまあ、鎌倉の海岸ですから人通りも多く、どこか落ち着かない様子。まあ、自分のように写真を撮ろうとする人が何人もいますのでね(苦笑)





何日か後に海岸に行ったところ、浜辺にいたのはオスの1羽だけ。あれ、彼女に振られちゃったの? そう思うと、夕日に照らされている彼の顔も、どこか哀愁が漂った感じに見えてきます。メスの方は、近隣にいる群れにでも合流してしまったんでしょうかね。そして、先月末の金曜日にでかけたら、オスの姿も見えませんでした。海上にいたのかもしれませんし、由比ヶ浜方面にいたのかもしれませんけど、毎年のように見られていたスズガモたちがいないと、ちょっと寂しいですね。



| 野鳥 | 11:00 | comments(2) | - | - | - |
悲しき鴎


秋になってユリカモメやオオセグロカモメがやってきて、海岸が賑やかになってきました。そんな中、浜辺に佇む1羽のオオセグロカモメを発見。近くに魚の死骸があるので、それを気にしているようです。コンデジのシャッターを高速連写モードにして、飛び立つ瞬間を押さえようとジリジリと近づきます。あれ、なんか変です。いつもなら、これくらい近づけば飛んで逃げるか、歩いて遠ざかるという距離になっても動きません。かと言って、獲物に執着している風にも見えないのです。




改めてよく見てみると、なんとオオセグロカモメの左脚にルアーとテグスのようなものが絡まっています。察するに、魚を食べたいのはもちろんですが、あまり動きたくなかったのかも。どうしよう…と思っても、何もできません。そうこうしているうちに、件のオオセグロカモメは飛び去っていきました。現状は、不便ではあるものの、なんとか生活できているようです。でも、テグスがきつく締まって脚が壊死するようなことになれば、生命に関わるでしょう。人のおこないは、自然界の生きものたちに常に大きな影響を与えています。自分自身の、そして他の人のおこないを、もう一度、見つめ直す必要があるかもしれませんね。



| 野鳥 | 10:00 | comments(2) | - | - | - |
悲しき水凪鳥
   
   

今年も太平洋側の各地でハシボソミズナギドリの漂着が始まっています。既に先月半ばから確認していますが、今週は強めの南風が吹いていて、水曜日に鎌倉の海岸を歩いたときには、約30羽の漂着を確認しています。一部はそれ以前に漂着したものか、その再漂着と思われますが、そこそこ数が増えてきた印象です。上の写真の個体は、見つけた段階ではかすかに首を動かしていて虫の息といった状態で、浜を往復して戻って来たときには既に事切れていました。




珍しいところでは、1羽だけウミスズメの漂着も確認しています。このあたりでは基本的には冬鳥だと思うので、北に帰る途中で命を落としたのでしょう。状態は良かったので、漂着したのは火曜日夜から水曜日の朝にかけてと思われます。小さな体で、命をかけて長距離の渡りをおこなう渡り鳥たち。こうして命を落としてしまうものもいますが、人間よりもよっぽどタフネスな連中ですよね。


| 野鳥 | 10:00 | comments(6) | - | - | - |
波間の京女



先日訪れた磯で、キョウジョシギの群れを見つけた。その日は海が荒れていて、低い岩場は波を被ってしまうような状況だった。しかし、キョウジョシギたちは、右往左往しながらもそこから離れようとしない。この時期、磯に生えているヒジキなどの海藻の上には小さな羽虫などがいるので、それを食べているようだ。これから北へ渡っていくために、十分な栄養を摂る必要があるからね。多少の波など気にしていられないのだろう。干潟と違い、磯ではあまり渡り鳥の類を見ることは少ないのだけど、このキョウジョシギとチュウシャクシギはかなり磯を利用することが多く、磯の生きものや海藻観察の時に目を楽しませてくれる。Have a nice trip! またこの磯に寄り道してね。


   


| 野鳥 | 10:50 | comments(2) | - | - | - |
翡翠と不審者


地元での春探し。花はいろいろ咲き始めていたけど、まだまだ昆虫は少ない。目に付いたのはモンキチョウくらい。幼虫越冬なので、2月中に羽化したのだろう。飛んでいる時に妙に白さが目立った写真の個体と、黄色みの強い個体がいた。白いのがメス、黄色いのがオスらしい。(正確には、メスには黄色いタイプと白いタイプがいる)




今回は珍しく野鳥なんかも撮ってみたり。まずはジョウビタキのオス。暖かくなってきたし、北へ帰る前にたっぷり腹ごしらえしないとね。





そして実家の近所の川に昔から居着いているカワセミ。今まで、さすがにコンデジで写真を撮ろうとしたことはなかったけど、今回かなり近い距離(約10メートル)にいて、あまり遠くに逃げようとしなかったので、チャレンジしてみた。まあこれ以上は拡大できないレベルだけど、証拠写真には十分だよね。ついでに見事な狩りも見られたよ。それにしても、カワセミに見つからないように姿勢を低くして、草木の陰に隠れるようににじり寄って距離を詰めていたら、歩いていたおばさん2人に不審な目で見られてしまった。通報されなくてよかった!(笑)


| 野鳥 | 20:30 | comments(6) | - | - | - |
避難中?


週末は各地で春一番が吹き荒れたようだ。ようだ…なんて書き方をするのは、僕の部屋がある建物は立地的に南風が当たらないので、イマイチ印象が薄いから。とは言え、南風が吹いたら海に行くでしょ。この時期の大風、大荒れの直後って実はそれほど期待できないのだけど、予想外のものが出る可能性は捨てきれないからね。まあ結論から言えば、何もなかったけども(笑) そんな鎌倉の海岸で出会ったのはカモ3羽。磯ではカルガモやマガモを見かけることはあるけれど、浜辺の波打ち際でカモを見るのは珍しい。しかもわずか10メートルほどという近さ。





コンデジでは鳥は厳しいとは言え、これは押さえなければ。と言うことでなんとか撮って拡大トリミングしたのが下の2枚(1枚目はノートリミング)。写真としてはどうにもならないものの、種類判別には十分。これはスズガモだね。上がオスで下がメス。1枚目の写真では左がオスで右がメスだ。スズガモは普通は大きな群れで内湾や大きな河口などにいるカモで、こんな岸近くで見ることは少ないと思う。春一番のせいで群れとはぐれ、海岸近くまで飛ばされたか、避難してきたのだろうか。お腹が空いているのか、一心不乱にエサを食べている様子だったよ。

| 野鳥 | 20:40 | comments(8) | - | - | - |
冠鳰と川鵜


12月に入って、1週、2週と週末頃になると強い南寄りの風が吹いている。荒れた最中にちょろっと海岸を歩いては見たのだけど、さすがにこの時期、さしてめぼしいものには出会えていない。陸上のフィールドも歩いていないので、ちょっとネタ不足気味(苦笑) 写真は先週の大荒れの金曜日に見た、雄大且つ美しい色彩の夕雲。





第1週の荒れた金曜日、鎌倉の材木座海岸で出会ったのはカンムリカイツブリ。冬場、港近くなど穏やかな海域で時々見かけるけれど、漂着したのを見たのは初めてかも。




カイツブリの仲間で特徴的なのが、水かきのついた脚、いわゆる弁足。カモやハクチョウ、カモメなどは、指の間を繋ぐような膜状の水かきがあるが、カイツブリは指の左右に少し硬い水かき(弁)がつくのだ。




そして定番のカワウ。個体数がかなりいるだけに漂着死体を見ることが多く、海岸で鳥の骨があった場合もその大多数がカワウのものと思われる。この個体も、上のカンムリカイツブリも比較的新鮮だったので、その時の大荒れの天気で受難したのだろう。


| 野鳥 | 20:50 | comments(4) | - | - | - |
お邪魔しました



皆さんよくアップされているミユビシギに波崎でも出会った。うちのコンデジの望遠機能では小さい鳥は無理。普段なら狙わないのだけど、あまりに拾うものがなくてついちょっかいを出してしまった(笑)でも、たくさんの貝殻の破片で、鳥の姿が埋もれてしまった〜。しばらくすると採餌を止めて、浜辺の奥の方へ移動して休憩。そこにジリジリとにじり寄って撮ったのが下の写真。それでも光学望遠ギリギリで撮影してトリミング、この使用サイズだからどうにか見られる証拠写真程度。なんかこんなんでプレッシャー与えてしまって、申し訳なかったかも…。
| 野鳥 | 09:30 | comments(4) | - | - | - |