SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
白花祭


遅くなりましたが前回の続きです。もう1週間以上前のことなので、草木の移ろいの速い春のこと、今ではすっかり様相が違っていると思いますが、それはどうかご勘弁を。例年なら今ぐらいの感じだと思うのですけどね(苦笑) さて、前回では尾根筋を歩いていましたが、目的地に向かう前に一度沢に降ります。


   

沢筋で目立っていたのがヒメウツギです。全般的には盛りを過ぎていましたが、日当たりの悪い場所のものなど、まだまだ楽しめました。三浦半島では、ヒメウツギ→マルバウツギ→ウツギの順で花が咲きます。今は、家の近所でマルバウツギが花盛りですよ。


   

沢筋の道端にはタニギキョウの花がたくさん。とても可愛らしい花なのですが、如何せん花が小さい。これが1〜2まわり大きかったら、もっと人気が出たでしょうね。でも、その慎ましやかな雰囲気が良いとも言えるのです。見かけたら、足を止めてじっくりと鑑賞してください。


   

同じような場所にニリンソウもちらほら咲いていました。以前は毎年のように撮影しに行っていたこの花も、ここ2年ほど、まともに撮影できてません。群生する様子も見事ですが、薄暗い沢筋でポツンと咲く姿もなかなか良い感じでした。




さて、目的の撮影のために、再び尾根筋までピストンです。情けないことに久しぶりにハードに歩いたので、足の筋肉がパンプアップ。しかし泣き言なんて言ってられません。そんな時に気持ちを癒してくれたのが、白花のホタルカズラ。なんとも清楚で素敵! 通常の青い花も見られましたが、その雰囲気の違いがおもしろいです。


   

この尾根筋にはツクバネウツギも多いのですが、今年は既に終わり気味。花が残っていても、どれも勢いがありません。そんな中、良い状態の花が見られたのがカマツカです。同じような環境に生えるガマズミより、少し花期が早いようです。


   


目的の撮影も終えて、帰路につきます。帰りの道すがら出会ったのは、満開のヤブデマリ。木が大きくて、見上げる形になってしまい、思うようには撮影できませんでしたが、十分に目を楽しませてくれました。この春は何かとバタバタしていてフィールドにもまともに出られていませんが、1度でこれだけ多くの花を楽しめるのは、やはり春ならではですね。GW連休中は、キンランやギンランの季節。皆さんもこの機会に野山の花を楽しんでくださいね!


| 野の花・植物 | 10:00 | comments(2) | - | - | - |
新緑が眩い
   

先週の土曜日は仕事の取材も兼ねて、約1か月ぶりに三浦半島の山奥へ。季節は進んで、あたりは眩いほどの新緑。今回は、前回とは少しコースを変えつつ、尾根から沢沿いへと下るルートを歩きました。


   

まず最初に目に付いたのはオオバウマノスズクサ。これまでの認識では、そんなやたらにあるものでもなく、花も少ない感じだったのですが、今回は数多く見かけた上に、どの株も花付きが良いものばかり。それにしても、いつ見てもへんてこりんな花ですよね。


   

三浦半島で一番普通のテンナンショウ類といえばウラシマソウですが、山に入ると違う種類が現れます。この仲間の識別は難しいですが、たぶんマムシグサでしょう。


   
   

林の中は、足元だけでなく頭上にも注意が必要です。可愛い釣り鐘形の花を咲かせていたのは、ハンショウヅルです。花色には少し個体差があって、もっと赤紫色が濃いものもあります。


   
   
   

思いがけない場所での出会い。例年ならGW連休頃に咲くエビネが満開でした。野生のエビネは盗掘されることが多く激減していますし、三浦半島はどちらかと言えばサイハイランの印象が強いのですが、こうして細々と種を繋いでいっている花があるのですね。そんな花に出会うと、本当に嬉しくなります。そういえば、サイハイランも花芽が伸びていて、こちらも例年より早く開花しそうですよ。


   

今年は早春に異様に気温が高くなったりしましたね。この日も夏日でしたが、風が吹いていたおかげで、歩くのには楽でした。ただ、植物を見ていると、どの種類も例年より開花が1週間から10日くらいは早いように感じました。写真のヤマツツジも遠目だから良いですが、近くで見たら花は盛りを過ぎてボロボロでした。今年も、頭の中の花暦を修正しないといけないようです。


| 野の花・植物 | 14:20 | comments(4) | - | - | - |
春を確かめに2


ちょうど一週間前のフィールドワーク報告です。花の状況は写真よりも進んでいると思いますので、そのおつもりで確認してくださいね。さて、沢沿いの道を歩いて山の中に入り、今度は急な道を登って尾根に取りつきます。尾根道の左右にはウグイスカグラがたくさん。先週はまだつぼみのものもあったので、今は盛りだと思います。花の色が濃いものから薄いものまで、いろいろあるのも楽しいです。





尾根道から斜面に入りこむと、あちこちにカンアオイが見つかります。早いものでは初冬に花を咲かせますが、見た印象では今が盛りのようでした。通常、カンアオイというと上の写真のようなイメージなのですが、三浦の山の中では、下のようなクリーム色っぽくて、紅を点すような色合いのものが多いです。


   
   

そして、春と言えばやっぱりこれ、シュンラン。こちらもあちこちに咲いています。この場所に、こんなにたくさんあったんだ点という感じ。ランの中では珍しいものではありませんが、この姿、佇まいはとても魅力的です。1株につく花の数も多く、下の写真はなんと12本も花がついていました(複数の株がかたまっているのかもしれませんけどね)。


   

花だけではなく、ところどころに昨秋の名残が。写真はカシワバハグマの果穂。総苞が鱗みたいでおもしろいですね。このほかにもイワギボウシの果穂の狩れ残りもおもしろい雰囲気でした。


   

日当たりの良い場所ではオニシバリも咲いていました。ジンチョウゲ科で、葉や花もちょっと独特の雰囲気があります。斜面のものはまだつぼみだったので、今週末あたりは良い感じに咲いていると思います。


   


ナツトウダイも咲き始めていました。トウダイグサ科で、独特な形の花(花序)をしています。見かけたら、ぜひアップで花の様子を見てみてください。春に咲くのに「夏燈台」という名前と生態の不一致もよく話題になります。「初燈台」の書き間違え説もあるようですが…。


   

最後は夕日に染まるキブシ。少し前から「あ〜もうキブシが咲き始めてる…」と思っていましたが、この花も春の訪れを感じさせてくれる花の1つですね。三浦半島の海岸沿いには、花序や葉が大きなハチジョウキブシも見られます。ただ、タイワンリスがこのキブシの花を食べていて(実際に目撃)、木の下には花序がたくさん落ちていました。全てをきっちり食べる訳ではなく、花を少し食べては花序を捨てている感じ。食べるならちゃんと食べろよ〜と思ってしまいました。さあ、次はいつフィールドに出られるかな〜?(苦笑)



| 野の花・植物 | 12:10 | comments(2) | - | - | - |
春を確かめに
   

先週の土曜日は、とある目的があって植物写真家の鈴木庸夫さんご夫妻と三浦半島の山の中へ。最近はずっと忙しく、自身かなり久しぶりの一日フィールド歩きなので、端から楽しむ気、満々(笑) 寒の戻りで少々肌寒い感じではありましたが、太陽を浴びていれば快適に過ごせました。最初は沢沿いの道をたどって、その沢の源流部へ向かいます。写真は岩壁にへばりつくように咲いていたヤマルリソウ。


   

道端にはコスミレ(写真)やタチツボスミレがちらほら咲いています。


   

周辺の木々も新葉を伸ばし始めています。そんな中、花を咲かせていたのはコクサギ。コクサギは雌雄異株。写真は雄花(雄花序)で、雌花はまだつぼみでした。




葉芽の両側に花芽がつく様子が特徴的なのは、アブラチャン。こちらも開花。名前が可愛いらしいですが、花も小さくて可愛らしいです。


   


この時期、沢沿いの湿った場所と言えば、ネコノメソウの仲間が花を咲かせています。まずはイワボタン。鋸歯の大きな、厚みのある葉が特徴的です。葉の色や大きさには個体差があって、たくさん咲いていても見飽きません。苞葉も黄色く染まるので、見栄えがしますね。


   


こちらはヤマネコノメソウ。ネコノメソウによく似ていますが、葉が互生するので見分けがつきます。花はとても小さくて、しっかり見るにはルーペがほしいところ。通常、この時期に咲く花ですが、日当たりの良い場所ではすでに種子がたくさんできていましたよ。


   


最後はムカゴネコノメ。コガネネコノメやハナネコノメに比べれば地味ですが、素朴な雰囲気で、よく見ればなかなか魅力的な花です。この沢沿いの道では、これら3種類のネコノメソウの仲間が、時にはすみ分け、時には混じり合いながら、あちこちで花を咲かせていました。時期的にもちょうど良かったようです。さて、この後は沢沿いの道を離れて尾根に登ります(つづく)。




| 野の花・植物 | 13:50 | comments(6) | - | - | - |
花を求めて丘から海へ
   

晩秋の彩りの続きです。あちこちで咲き始めたヤツデ。この花もおもしろいですね。前記事で紹介したキヅタと同じウコギ科なので、花序や個々の花の様子はよく似ています。でも、ヤツデははっきりと白く、また違った雰囲気に感じられますね。


   


今の時期、野山でも海岸でも花盛りのヤクシソウ。上は珍しい白花品種です。ヤクシソウと言えば道端などにわ〜っと咲くイメージですけど、下の写真のようにひっそりと咲く小さな株も、また魅力的です。なにか高山植物っぽく見えたりもします。


   
   

こちらは見事な株のリュウノウギク。北日本や西日本と違って関東南部エリアには大輪のノギクがほとんどなく、このリュウノウギクが唯一の存在です。ノコンギクやカントウヨメナなどももちろん好きですが、この見事さは魅力的です。最近は大きな株があまり見られなくなっていたので、嬉しい出会いでした。


   

海岸近くの里山から、海岸へと移動。こちらはオオバグミ(マルバグミ)です。秋に花が咲き、春に果実が熟します。この時期、海岸にはマルバアキグミの果実も見ることができますよ。


   

野山にも咲いていますが、海岸でもツワブキが見事な花を咲かせています。林縁など、やや薄暗い場所にも咲いていますが、そんな場所でもまるで太陽の光を小さく集めたかのようなパッと明るい印象を与えてくれる花です。都市部でも庭に植えられているのを見ることがありますが、やはり自然の中で咲くものには、どこか違う力強さを感じます。さて次はさらに海岸を歩きます。2週続けて襲来した台風の影響がどうだったのか、気になりますが…。


| 野の花・植物 | 09:30 | comments(3) | - | - | - |
晩秋の彩り
   

11月もあっという間に半ばに差し掛かろうとしています。今回は今月前半に見た花を紹介します。まずは立派な花付きのリンドウ。開発や自然遷移で丈の低い草地がなくなるとともに、姿を消している野草です。ここ毎年、海辺近くに咲く株の写真をアップしていますが、これは三浦半島内陸部のものですよ。


   

こちらは植えられたものですが、晩秋のこの季節に咲くフユザクラ(コバザクラ)です。花は、ソメイヨシノに比べると少し小振りな感じがします。晩秋のサクラもまた乙なものですね。


   

雑木林の林縁では、どこでもコウヤボウキが花盛り。くるっと先が巻いた舌状花がとても可愛らしく、ついつい撮影しちゃいます。


   

アキノキリンソウはほとんど終わり。ベストは先月末くらいだったでしょうか。それでも花が残っていてくれただけでも嬉しいものです。




こちらは今から咲き始めのキヅタ。花は少し変わった姿ですし、丸い花序の造形もおもしろいです。常緑性なのでフユヅタとも呼ばれます。


   

こちらは…よく見るクサフジ? いや葉の形が全然違います。これはナンテンハギですね。どちらも羽状複葉ですが、ナンテンハギは小葉が2〜3枚しかありません。


   

こちらは、まだ咲いていたヤマハッカ。9月末くらいから、どこかしらで咲いている気がします。花の形はキツネの顔みたい。


   


最後はノギク。道端や林縁に咲くノコンギクです。よく見ていくと花の色や舌状花の形にけっこう変異があります。ノギクの見分け方はちゃんと覚えておらず、いつも印象というか直感で判断しちゃってますが、同属のシロヨメナは花が少し小さく、林縁など少し薄暗いところに多いように思います。別属のカントウヨメナは少し湿った場所に咲きますね。道端にノギクがたくさん咲いているのどかな田園風景を歩くと、なんだか気持ちもほんわかしてきます。


| 野の花・植物 | 20:50 | comments(2) | - | - | - |
今年は低調?
   


9月の末から10月初めはヤツシロラン類の開花時期です。ただ、今期は少々出遅れた上に、例年に比べて発生状況がイマイチ良くない感じでした。クロヤツシロランは、いつも観察している場所ではほとんど見られず、写真はアキザキヤツシロランの観察場所で見つけた1株1輪。ちなみに、だいたいの傾向としてクロヤツシロランは杉林、アキザキヤツシロランは笹藪または竹林で発生することが多いようです。


   
   

アキザキヤツシロランも数株は出ていましたが、花の咲いているもので、ちょうど良さ気な株がなくイマイチな感じ。花の写真は先月末のものです。果実は別の場所で今回の連休に撮ったもの。色が黒っぽいですが、たぶんアキザキの方だと思います。この感じだと、やはり開花は10日くらい前なのかな。


   

9月末にはほとんどつぼみだったキチジョウソウも、今回の連休にはすっかり開花していました。花茎やつぼみが赤紫色で、花はやや紅が差した白色。その色の対比が美しいですね。




前回記事に続いてホトトギス。この前とは別の場所で、ここの株はきれいに花が並んで、葉も比較的きれいで絵になります。山側の花はカシワバハグマやキッコウハグマなど、まだ少し咲くものがありますが、そろそろ里から海岸側にシフトかな。見たいもの、撮りたいものが多いのですが、時間がなかなか足りません…。



| 野の花・植物 | 11:10 | comments(4) | - | - | - |
蜻蛉のような
   

この前の土曜日は、久しぶりにフィールドへ出かけました。時期的には“秋蘭”の季節。今年はずいぶんいろんな花を見逃しましたが、これだけは外せない! この日の狙いはカゲロウラン。漢字では蜻蛉(蜉蝣)蘭なので、この花の形が由来かな? 花はとても小さいのです。


   
   

自生地にはいくつかの株があるのですが、花が咲いていたのは半分くらいでした。それでも、花付きの良い、いい株があったので楽しめました。草丈はせいぜい10センチほど。全体の大きさも、花の大きさも、以前に載せたオオシマシュスランよりは大きいですが、ミヤマウズラよりは小さい感じですね(わかりにくい表現 笑)。


   

ここからはラン以外の花。なぜか山道の端にポツンと一輪だけ咲いていたツリガネニンジン…? 草丈も3〜4センチです。まるで海岸のハマシャジンのような感じでした。


   

イワギボウシはもう終わりのようでした。というか、この日歩いたルートでは昨年よりも花が少ない感じ? 花が見られたのは、山道から少し斜面を下ったところに咲いていた、この株だけでした。


   

イヌショウマの花が咲き出していました。繊細な印象の花が可愛らしいですし、薄暗い林の中でパッと明るい印象を与えてくれるので、けっこうお気に入りの花です。沢の流れを背景にパチリ。


   

ホトトギスの花も咲いています。ホント何度見ても、何度撮っても、おもしろい花ですね〜。ただ、ここの株は葉が虫食いなどで汚いのがちょっと残念(笑)


   

こちらはタニジャコウソウ。ちょっと盛りを過ぎて花が少なかったのと、この花は葉の下に隠れるように咲くので、撮るのがなかなか難しかったです。写真はローアングルから少し見上げるようにしてパチリ。




ツリフネソウは満開。何とも派手で、ホトトギスに負けないくらい個性的ですね。マルハナバチが何匹も飛び回って、一生懸命に花粉を集めていましたよ。この日はお目当ての花が1つ見られなかったり、その2日前の大雨の影響があったり(3カ所も小規模土砂崩れがありました)しましたが、それでもこれだけの花が見られれば、歩き回った甲斐があると言うものですね。



| 野の花・植物 | 20:40 | comments(4) | - | - | - |
繻子織りの蘭
   

先月末に、植物好き仲間のYACCHIさんに教えていただき、オオシマシュスランを見に行って来ました。このランは母種のハチジョウシュスランが、葉の中脈に白っぽい筋模様(斑紋)があるのに対し、その模様がないものとされています。もちろん初めて見る花。写真ではわかりませんが、草丈は10センチにも満たない、小さなランです。シュスランの名は、光沢のある葉を繻子織りに見立てたのでしょう。


   

花もとても小さいのですが、写真を拡大して見ると繊細な雰囲気があって、何とも可愛らしい感じです。しかし、これは自分では、とても見つけられそうもありません。ぜひ見てみたかった花の1つなので、YACCHIさんには本当に感謝です。さて、この日はもう1種類、別のランのところへも足を運びました。


   

そのランは、オオシマシュスランと同じシュスラン属のミヤマウズラです。このランもYACCHIさんに教えてもらった自生地があるのですが、それとは別に自力で見つけた場所です。現地に到着して確認すると、嬉しいことに1株だけ花茎が伸びて、つぼみをつけています。おそらく数日後には花が咲き始めるでしょう。この日は証拠写真を撮って、その場を後にしました。


   

用事があったり雨が降ったりして、ちょうど1週間後に再訪。ところが、あのミヤマウズラの花茎は折れていました。下側の花は咲いていましたが、折れた上の部分はおそらく枯れてしまうでしょう。この手の花ではよくあることで、つぼみがついても黒く萎んで枯れてしまうこともあります。自然のことなので仕方ないですね。花の写真が撮れたら満足して帰るつもりでしたが、とても中途半端なので、この日は歩いたことのないルートを歩いて帰ることにしました。そしたら…。


   
   

なんと、ちょうど花を咲かせたミヤマウズラを見つけてしまったのです! それも1株だけ。倒木の陰にあったので、一度は何かの実生かと思って通り過ぎました。でも、気になって引き返して確認したら、ミヤマウズラだったのです。しかし、よくもまあ倒木に潰されることなく、花を咲かせてくれましたね。林床に差し込む薄日に白い花が輝き、背景の日影から浮かび上がって、それはもう印象的でした。この花を見るのはひとつの目標だったので、とても嬉しかったです。しかしまあ、これらの花は自生地も限られ、もちろんまともなところを歩いても見つかりません。山から下りたときにはけっこう疲れていましたが、それもどこか心地よく感じたりもしました(笑)



| 野の花・植物 | 19:00 | comments(4) | - | - | - |
夏から秋
   

今年の夏は7月が後半が何かとバタバタしていて、8月になると天候不順。天気が良ければ暑いですしね…。そんな訳であまりフィールドには出られませんでした。クロムヨウランもすっかり見に行きそびれて、行けた時に見られたのはこれだけ。今年は株数も少なかったな〜。


   


その代わり、咲いたばかりの新鮮なキツネノカミソリに出会えましたよ。この時期にあまり出歩かないせいもあって、ちょっと久しぶり。やっぱり出かけて見るものですね。薄暗い林内で咲いているので、その橙色がとても印象的でした。


   

こちらは8月半ば過ぎ。先にお伝えしているクモ生虫草探索の時に見たタマアジサイです。タマアジサイは、他のアジサイ類と違って晩夏の頃が見頃です。苞に包まれたつぼみが丸いことから名前がありますが、咲いても苞片が花序にくっついていたりして、ちょっと残念な感じのところが微笑ましいです(笑)




盛夏から晩夏の頃には、林内はもうヤブランだらけになってきます。三浦半島の丘陵地では本当に多いですね。


   

林の中でひっそりと咲いていた白い花はノシラン。暖地の海岸近くの林に生える植物ですが、どうも公園とかの近くに多いので、植栽なのか自生なのか困ることが多いのですが、これは純粋な自生株でしょう。




季節は夏から秋へ。ハイキングコースの脇にサネカズラが垂れ下がっていました。秋の赤い果実がよく目立ちますが、実は花もとっても可愛らしいのです。薄黄色い花被片の縁は半透明で、蝋細工のような繊細さもあるんですよ。


   

今年はもう満開になっていたヤマホトトギス。昨年は今月半ばが満開で、いつもは10月頃まで咲いているので、こんなに早く満開になったのは、今年の涼しい夏の影響かも。さあ、これからは再び花の増える時期がやってきます。なるべくフィールドに足を運んで、できる限り多くの花を見届けたいですね。



| 野の花・植物 | 21:20 | comments(4) | - | - | - |