SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
ARCHIVES

01
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

海山日和

神奈川南部から発信…野山や海辺を歩いて、見たもの感じたもの
やっと会えた


今年の年始めの大潮はサボったので、昨夜1か月ぶりに夜観してきました。一番潮が引くのは水曜日だったのですが、低気圧の通過で大荒れ。なので中一日空けての出撃です。大荒れの後、しかも寒波の後で、磯の中もどこか寂しげ。ただ、前回まったくなかったヒジキが、やっと少し生えてきました。またヒジキが遅れたせいか、ハバノリが幅を利かせていましたね。買うと高いのに…(笑) そして、やっと出会うことができましたよ、ダンゴウオに!




いつもいく磯では、実績(ダンゴウオがいたこと)のあるタイドプールがいくつかあるのですが、今回はそことは違う水路的な場所にいました。すごい保護色で、良く見つけたな自分…という感じ。実はとっても浅い場所だったので気がついたのですが、深い場所では見つけられなかったかも。お腹がけっこう膨れています。卵を持ったメスかな?




あまりの保護色で、他の魚も気がつかない!? 撮影していたら、アサヒアナハゼ?の幼魚がダンゴウオにぺったり。それでもまったく動じないダンゴウオ(笑)




実は同じ場所にもう1匹、色違いの個体がいました。上の写真の個体より少し小型の個体で、もしかしたらペアを組んでいるオス個体だったのかも。しかしこの個体、絶えず泳ぎ回っていて写真が撮れず…。色彩的にはこちらの方が見栄えしたんですけどね。今回は全般、どうも納得のいく写真が撮れなかったので、また行かなくちゃ。とは言え、次回もまたいてくれるかな、ダンゴウオ?





最初に書いた通り、磯は生きものの影が少ない感じ。ウミウシは、クモガタウミウシとネズミウミウシばかりたくさんいて、ホオズキフシエラガイも例年に比べると少ない感じですが、よく見かけました。写真はメリベウミウシとユビウミウシ。こちらも定番ですね。そろそろ新顔に登場してもらいたいところです。


| 海の生きもの・魚 | 11:50 | comments(2) | - | - | - |
宝はあっても団子はあらず


少し遅い報告になりますが、昨年12月の新月のころ、今期初のダンゴウオ探しに行って来ました。海岸について一番に気がついたのは、例年なら伸び始めているヒジキがまったく消えていること。昨季も少し勢いがないなと思いましたが、まさかここまで酷くなるとは…。その他の海藻もあまり育っている様子がなく、今後が心配になりました(他のエリアではヒジキが育っているところもあり、原因などはっきりしません)。海の中を見てみると、まず目についたのは小さいガンガゼ。珍しいというほどのものではないのですが、新月だったので目立つところに出てきていたのかも。




カニの中でもこの子、ケブカガニは何度見ても写真撮ってしまいます。


   

ウミウシもあまりパッとせず、目立ったのはこのサガミミノウミウシくらいでした。やけに青みの強い個体で、最初は「何者?」と思いましたが、見覚えのある姿なのですぐに正体判明。でも、とにかくきれいな個体でしたよ。






貝ではタカラガイがポツポツ登場。そこそこ良いサイズのホシキヌタは、昨季のと同じ場所にいました。もしかして同じ個体なの? そして貝殻だけはたくさん見つかるオミナエシダカラ。外套膜を被っていたら、これは見つけられませんね。3種類目は、貝殻に黒帯があります。これはハナマルユキの幼貝ですね。今回は全般、生きものが少なめに感じましたが、タカラガイがまだ活動しているところをみると、水温はまだ高めなのかもしれません。


   


生きものは少なめでしたが、相変わらずマダコは何匹もいました。日本全般では資源が減少しているマダコ。頑張って生き抜いて、どんどん子孫を増やしてもらいたいですね。まあ、また例によって追いかけ回しましたけど(笑)マダコが逃げていく先で、カニたちがパニックになって逃げ惑う様子もおもしろかったです。さて、今月は正月早々に満月で、この時はやる気が萎えて出撃しませんでした。週が明けると水曜日が新月。今回の大潮には夜観に出撃しますよ。写真がないのでお気づきかと思いますが、ダンゴウオには会えていませんので、次こそは…。



| 海の生きもの | 11:20 | comments(4) | - | - | - |
年の初めの天空写真館
   

年が明けて、もう10日。海山日和もやっと始動です。今年もよろしくお願いいたします。さて久しぶりの天空写真館。昨年の秋は天候不順の日が多かったり、あまりおもしろい気象や大気の現象が見られませんでした。なかなかタイミング良く外に出る機会もなく、夕焼けをゆっくり眺めたのも、年末に入ったこの時くらいでした(12/22)。


   
   

久しぶりの環天頂アーク…と思ったら、弧の向きが逆。これは上部ラテラルアークですね。一般に見られるハロ(内暈…写真では太陽に近いところにうっすら見えています)の外側に現れる外暈に接するように見えます。実際には外暈よりこのラテラルアークだけが見えていることが多いようです(12/26)。




こちらは同じ日に見られたハロ(内暈)と幻日です(12/26)。



   


この日はとてもきれいに彩雲が見えていました。これだけきれいに、しかも長い時間見えていたのは久しぶりだったかも(12/28)。


   
   

昨年の最後を飾ったのは月の暈。満月前の月を囲む大きな光の輪。上の写真の時にはまだ薄かったのが、時間が経つにつれてだんだんと濃くなり、ここ最近で見たものの中でも特に明るくはっきりわかるものになりました(12/30)。


| 空・雲・気象 | 11:00 | comments(4) | - | - | - |
こんなもん食べてました


沖縄旅行報告、これが本当の最後です。そして2017年最後の更新になります。内容は何てことはない、沖縄旅行で食べたものです。初日は那覇泊まりでホテルは国際通りに面していました。なので当然、街に繰り出します。先に市場通りなどをぶらついてから、お店を探します。そして国際通りから1本浦の通りで良さ気な店を発見。メニューを見ると北海道や日本海側の魚介、そして日本酒や焼酎もある、まさに地元民のためのお店のようです。もちろん、こちらは沖縄ならではの料理を頼みましたけどね(笑)


   




頼んだ料理の一部です。最初の一枚から、グルクン唐揚げ、島らっきょの天ぷら、島ダコの刺身、アグーブタのしゃぶしゃぶサラダ、そーみんちゃんぷるです。どれも美味しかったですよ。お店の名前は「大輝鮮魚店」。今度、那覇に行かれる方がいたら探してみてください。


   


2日目、お昼は4月に来た時も入ったお店です。そして頼んだメニューも同じ「沖縄そば定食」。普通の沖縄そばに、ご飯と天ぷら山盛りとデザートのゼリー付き。ボリューム満点で、とにかく満腹になります。写真は豪快にご飯をほおばるKさん(笑) そして、夜は宿の近くでスーパーを探して、そこで地物のお刺身とお総菜を買い込んで夕食にしました。お刺身は右が「ツンブリ(ツムブリ)」、左はうろ覚えだけど「クルキンマチ(ヒメダイ)」だったかな? ツムブリは沖縄のダイビングでも見る機会が多い魚ですが、さすがに食べるのは初めてでした。もちろん美味しいですよ。



   

3日目、お昼は大浦湾にある観光施設の食堂で、「野菜そば」。沖縄そばのお店に行くと、だいたいどこでもある定番メニューです。野菜不足の解消に頼んでみました。「大」にしたら食べても食べても減らなくて大変でした(笑) 夜はまたまた地元のスーパーで食材を買い込んで夕食です。今度のお刺身は、手前が「イラブチャー(ブダイの仲間)」、奥が「タマン(ハマフエフキ)」です。お昼の野菜そばが効いていてそんなにお腹は減ってませんでしたが、美味しくいただきました。




4日目、この日のお昼はコンビニのおにぎり。そして、夜は国頭村のとある食堂。旅行中、1回くらいはこういうものが食べたくなりますね…ということで「カツカレー」です。やんばるの夜観前にこれで気合いを入れました(笑) 4日目は写真がありませんが、お昼はコンビニのおにぎり。飛行機の時間の都合で少し早い夕食を那覇空港で。最後のメニューは本場?の「ゴーヤチャンプル」でしたとさ。と言うわけで、長々とおつき合いいただき、ありがとうございました。年明けからは地元ネタに戻ります。皆さま、よいお年をお迎えください。



| 旅行・沖縄 | 22:40 | comments(13) | - | - | - |
最後までチョウ盛り上がり!


永らくおつき合いいただいた沖縄旅行報告も、ついに最終日。この日は午前中のビーチコーミングから始まり。4月には歩いていない、こんな海岸も歩きましたよ。拾ったものは、こちらで


   

歩いている足元からサーッと走り去るのはミナミスナガニ。白っぽい砂に白っぽい体で見事に姿を隠しています。これがゴーストクラブと呼ばれる由縁でもありますね。





次に立ち寄った海岸では拾うものは何もありませんでしたが、サンゴの欠片がたくさん散らばっていたり、波が砂に幾重もの線模様を残していたりと、目を楽しませてくれました。


   


さて、コンビニでお昼のおにぎりを買い込んで、午後からは本部半島の八重岳に向かいます。まずは桜の森公園。カンヒザクラが咲いていないと何もない感じの公園ですが、芝地にはアオタテハモドキがひらひら。う〜ん、美しいです! ぎりぎりまでにじり寄って、ズームを使わず広角側いっぱいで狙います。どこまで寄ったら飛ぶか、チョウとの駆け引きが重要です(笑)




白いナガサキアゲハがここにもいました。花に来た時が一番のチャンス。やっぱりシャッター押しちゃいますよね。





そして、そして、白いナガサキアゲハ以上に憧れの存在だったこのチョウを、ついに撮影する瞬間が訪れました。日本最大のシロチョウ、ツマベニチョウです。このチョウ、いっつも高い場所を飛び回っていて、花に立ち寄るのもほんの一瞬。あっと言う間に飛び去ってしまうのです。ところが、この公園には花がほとんどないせいか、オス1羽、メス2羽が入れ替わり立ち替わり、このハイビスカスを訪れていたのです。とは言え、動きが忙しないのは相変わらずで、散々粘って何とか撮影することができましたよ。


   


桜の森公園を後にして、八重岳の上まで上ります。駐車場近くの草地にいっぱい咲いていたのは、タイワンヒヨドリバナモドキでしょうか。


   

こちらはサキシマフヨウをアップで。先島(宮古列島と八重山列島を合わせた呼び名)の名前がありますが、沖縄本島でもあちこちに咲いています。南西諸島に分布する和製のハイビスカスと言えますが、台湾にも分布しているそうです。白っぽい花やピンクの花が見られますよ。


   


こちらはイシガケチョウ。これも好きなチョウの1つです。この個体は死んでいる訳ではありません。八重岳の山頂近くでは非常に強い風が吹いていたため、まともに飛ぶことができず、駐車場のアスファルトの上で立ち往生していたのです。轢かれると危ないので救助して(手乗りイシガケチョウ 笑)、近くの藪に移動させてあげました。


   
   

山頂からは林道を使って下ります。4月にも通って、コノハチョウを目撃した林道です。やんばるにもたくさんありましたが、天気が悪くて撮影しなかったヒカゲヘゴ。沖縄の森にはやっぱりこれがないと物足りませんね。林縁などに生えるので、林道沿いでも多く見かけることができます。葉痕がたくさんついている幹も、おもしろい!





林道を下っている途中でも何種類かのチョウに出会えました。とは言え、撮影できたのは見かける機会の多いシロオビアゲハくらいでしたけどね。ツマムラサキマダラとかもいましたけど近寄れませんでした。下は、惜しい〜アサギマダラ。けっこうピントも来ていましたが、なんとフレームアウト〜!




残念ながらコノハチョウは出ませんでしたので、八重岳のトイレの飾り絵で(笑) 林道を下りた後は、名護から高速でまっすぐ那覇へ。こうして、今回の沖縄旅行は全ての予定が終了しました。いかがでしたでしょうか。このブログを見ていただき、少しでも沖縄の自然や動植物に興味を持っていただければ嬉しいです。自分も沖縄の自然の魅力を改めて認識させられました。さてと、次はいったいいつ行けるかな〜?



| 旅行・沖縄 | 10:20 | comments(4) | - | - | - |